行け、私!ニュージーランドで見逃せないスポットベストセレクション10

サザンアルプスの山々と南島の初夏にだけみられるルピナス

どこまでも青い空、白くたなびく長い雲。鮮やかな緑に覆われた山や草原。きらきら光る碧のグラデーションの湖や大海原。漆黒の夜空に広がる満天の星。色とりどりの美しい花々。世界のどこにでもある光景ではありますが、ニュージーランドのそれらは他のどれよりも脳裏に焼き付き、心のすみずみに沁みわたる不思議な力を持っています。抑圧された心を解き放ち、錆びついた体に力を与えてくれるニュージーランドの大自然の中に飛び込んでみませんか。

夜空に広がる満天の星と不思議な色をしたテカポ湖

夜空に広がる満天の星と善き羊飼いの教会

テカポ湖を初めて見る人々が必ず口にすること。それは、「どうしてこんなに白くて青いのですか?」 その理由は、サザンアルプスの氷河から溶け出した水に白い岩石の粒子が混じりこむことによって作り出されたと言われています。そして、ニュージーランド特有の空の青色が反射して青みがかった色合いを加えていることにより青い乳白色になっているのです。つまり、天候によっても色合いを変えることになり、訪れるたびに違った色を見せる湖として人気の観光スポットとなっています。

テカポ湖をバックにルピナスの花に囲まれて

ダイナミックなサザンアルプスの山並みを眺めながら湖畔を散歩したり、天気がよければニュージーランドで最も綺麗に見えると言われる夜空の星を堪能しましょう。その星空を世界遺産にしようといった運動が話題になっています。

見た者すべての心を鷲掴みするミルフォード・サウンド

ミルフォードサウンドのスターリン・フォールに最接近

ニュージーランドの大自然を語るには、フィヨルド地形の美しい景観が欠くべからざるものになります。特に、南島北端のマルボロ・サウンドと同じく南島南端のミルフォード・サウンドが有名で、最も訪れる観光客が多いフィヨルド地形になります。フィヨルドとは入り江のことを意味します。

ミルフォードサウンドクルーズでニュージーランド国旗と一緒に記念撮影

マウントクック同様、このミルフォード・サウンドも1年の約3分2にあたる日に雨が降り、特に雨の多い冬の時期には迫力ある滝の景観が加わり、絵にも描けない美しさとなります。観光は大型ボートに乗り約90分ほどで入り江を往復し、運がよければ入り江にひょっこり姿を現すイルカの群れに遭遇することもあります。

人々の心を癒すマウントクックの雄姿

プカキ湖からマウントクックを眺望

ニュージーランド最高峰のマウントクックは、先住民族マオリの言葉で“雲を突き抜ける山”という意味の“アオラキ”という名称も持っています。日本の最高峰・富士山より少し低い標高3754mのマウントクックを中心に3000m級の18のピーク、その谷間を埋める数多くの氷河によって形成される息を呑むような美しい景観を目にするために、毎日多くの観光客が訪れています。

ハーミテージホテルのカフェからマウントクックがよく見える

年平均降水量4000mm、降水日数150日という不安定な気候の為、マウントクックの全容を見るにはちょっとした幸運が必要です。しかし、たとえ天気に恵まれなかったとしても低く垂れ込めた雲と山々とのコントラストも荘厳な雰囲気に満ち溢れ、見た者を満足させてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました