南太平洋の楽園!タヒチで楽しみたいことベスト7

イルカ・エクスカーションの体験をしよう

タヒチ島 イルカウォッチングツアー

タヒチではドルフィン・エクスカーションのアクティビティも体験できます。ボートに乗りイルカが泳いでいるポイントを探すいわゆるイルカウォッチングや、タヒチで唯一イルカと触れ合うことができる場所がモーレア島にあります。

イルカとの触れ合いエクスカーション

モーレア・ドルフィン・センターはインターコンチネンタル・モーレアリゾート&スパ内にあり、海洋哺乳類の研究および教育センターとして運営されている施設です。現在は3頭のバンドウイルカがトレーニングを受けています。イルカと人のふれあいができるプログラムがあり、特に人気のプログラムは「ミティ・プログラム」。イルカの生態に関する講習を受け、インストラクターと一緒にイルカと触れ合うことができる、まさに貴重な体験です。

タヒチアングルメを堪能しよう

タヒチの海の幸は絶品!

前述の通り、実はタヒチはフランス領!公用語もフランス語とタヒチ語が話されていて、フランス料理店も多くあります。レベルの高いフランス料理に、南国ならではのフルーツや海の幸を使ったタヒチ流のアレンジを加えた料理を味わえるのも魅力です。

南国フルーツは毎日でも食べたい

タヒチのレストランではマヒマヒという魚をよく見かけることでしょう。いかにも南国テイストで愉快なネーミングのマヒマヒですが、その正体は、日本ではシイラと呼ばれる白身魚。クセが少ないので、各レストランのアレンジによっていろいろな味を楽しむことができます。また、伝統料理といえばマグロの切り身をつかったお刺身サラダ「ポワソン・クリュ」や、熱した石の上に魚やタロイモなどを置き、それをバナナの葉などで覆い、砂をかぶせて蒸す「マア・タヒチ」、また「クイーン・タヒチ」というパイナップルや加熱用バナナ「フェイ」など試したい料理や食材がたくさんあります。

首都パペーテの街歩きをしよう

パペーテのマルシェ(市場)

首都パペーテがあるのはタヒチの空の玄関口、タヒチ島です。首都といっても大都会というよりは、海沿いにたたずむのんびりとした雰囲気が魅力です。それでも、他島と比べるととっても人が多く感じます。旅の終わりに、またタヒチ島滞在の間に、ショッピングがてら街歩きをしてみましょう。

タヒチの地ビール「ヒナノビール」

パペーテのランドマークといえば赤い屋根と黄色の壁のカテドラル。その近くにはココナッツ石鹸やモノイオイル、雑貨など様々なおみやげが揃うバイマ・ショッピングセンターとマルシェ(市場)があります。タヒチを代表するビール「ヒナノビール」のオリジナルグッズのお店もあります。また、夜はルロット(移動式屋台)でクレープやタヒチ風中華料理などの夕食を召し上がれ!

ハート形の島、ツパイ島に行こう

これがハートの島、ツパイ島!

どこかでこのような写真を見たことがあるかもしれません。世界にはハートの形をした島がいくつかあると言われていますが、タヒチにもハート形の島があります、それが、このツパイ島です。このハート形をオフィシャルで見るにはヘリコプターツアーに参加する必要があります。タヒチの島と海の絶景を空から堪能できます。カメラの準備を忘れずに!ツアーには島に上陸するツアー、またはしないツアーがあり、また最少催行人数も決まっていることが多いので入念にチェックしましょう。

また、運が良ければ、ヘリコプターツアーに参加せずとも、行きや帰りの飛行機の窓からツパイ島が見えることがあります。飛行ルートや座席などによっても見られる可能性は異なりますので、あしからず。確実に見ることのできるヘリコプターツアーはもちろん魅力的ですが、飛行機の窓からハートの島が偶然チラリ、というのもロマンチックで素敵ですね。

 

ペンギン案内人17号/若狭 由希

タイトルとURLをコピーしました