南太平洋の楽園!タヒチで楽しみたいことベスト7

ランギロア島の海は息をのむほどの美しさ

映画「モアナと伝説の海」を観たことはあるでしょうか?この映画に出てくる島はタヒチのようなポリネシアにある島(ハワイ、ニュージーランド、イースター島を結んでできる三角形の中にある島の総称)が舞台になっていると言われています。まるでグラデーションのような空や海の青、そこに映えるヤシの木や山々の美しい自然、時がゆっくりと流れる島。きっと足を踏み入れたらわかります、タヒチが「南太平洋の楽園」と言われる理由が。

個性豊かで魅力あふれる島々を巡ろう

ボラボラ島のラグーン

タヒチといえばボラボラ島は聞き覚えがある人が多いと思いますが、他にも大小合わせて118もの島々で構成されているフランスの海外領土です。その1つ1つの島は個性豊かで魅力がいっぱいです。

国内線から見えるモトゥ(小島)

日本から行く際、フライトの都合で必ず立ち寄るのがタヒチ島。首都パペーテがあり、タヒチ旅行の玄関口ともいえる島です。またタヒチ島から船で約30分程の場所にあるモーレア島、そして前述もしていますがビーチへのハネムーンを考えたことがあるならきっと候補にあがるであろうボラボラ島、ダイバー憧れのランギロア島、静かでのんびりした空気が漂う隠れ家的なタハア島、フアヒネ島、ティケハウ島…。せっかく行くなら2島、3島と複数の島を巡るような計画を立ててみるのはいかがでしょう?

オンリーワンの旅行を満喫するリゾートを決めよう

ボラボラ島 インターコンチネンタル・モアナ・リゾート 水上コテージ

自分ならではのビーチリゾートステイを満喫するための大切な要素のひとつが、ホテルの客室タイプ。他の客室と比べて比較的リーズナブルなガーデンビュールームタイプや静かに過ごしたい人におすすめのプライベートプール付きの客室タイプ。また、実は欧米からの宿泊客が多いビーチバンガロータイプの客室などがあります。

モーレア島 マナバ・ビーチ・リゾート&スパ

そして、なんといっても一度は憧れる水上バンガロー!周りを美しい海が囲みプライベート感も満載。部屋に差し込む光で目を覚まし、カーテンを開けると、そこには透き通った青い海が広がります。カヌーブレックファストを楽しんだり、お部屋から直接シュノーケリングをしたり、時間を忘れて思い思いの時を過ごせる、まさに非日常の空間です。

モトゥ・ピクニックに参加しよう

ランギロア島 水色のラグーンが広がるモトゥ(小島)

タヒチではシュノーケリングやダイビング以外にもいろいろなアクティビティが体験ができます。その中でも人気のマリンアクティビティが「モトゥ・ピクニック」です。モトゥとは小島を意味します。

ボラボラ島 エイが集まるポイントにて

1日コースの場合の基本パターンは、サメやエイの餌付けをしたり、シュノーケリングポイントでトロピカルフィッシュの群れと泳いだり、モトゥでバーベキューランチと散策を楽しみ、夕方前頃にホテルに戻ります。ランチが付かない半日コースもあります。エイに触ったり、サメの近くを泳いだりという経験は一生の思い出になるはずです。具体的な内容はそれぞれの島や各ツアーによって異なりますので申し込みの際には要チェックです。

タイトルとURLをコピーしました