【こんな国あります!!世界の秘境】原始的な伝統生活が今も息づくパプアニューギニア

マッドマン・ダンス
ハウスタンバラン(精霊の家)があることで知られるカンガナム村

ハウスタンバラン(精霊の家)があることで知られるカンガナム村

「世界最後の秘境」と呼ばれる場所は数あれど、この言葉にふさわしい国はパプアニューギニア以外そうないでしょう。
パプアニューギニアという国が現在のようにその存在を多くの人に知られることとなったのは1950年代後半。オーストラリア統治時代に行われたゴロカショー(部族が各伝統のシンシンを踊り続け競い合う祭り)がきっかけでした。それでも発見されたのはごく一部の部族たちだけで、内陸部の地域では険しい山々やジャングル、マラリアが行く手を阻み、60年代まで欧米諸国に「発見」されることのなかった部族もいるそうです。
つい半世紀前まで、石器時代のような暮らしをしていた人々がいたなんて驚きですよね。こちらの記事では知られざる魅力溢れるパプアニューギニアをご紹介していきます!

パプアニューギニアってどんな国?

ケマセ洞窟 精霊に扮した子供たちが守るのは先祖の骨

ケマセ洞窟 精霊に扮した子供たちが守るのは先祖の骨

パプアニューギニアは地理的には日本の約5000キロ南、オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家です。
ちなみにニューギニア島は赤道直下に東西に広がる、世界で2番目に大きい島で(1番目はグリーンランド)、西半分はインドネシア領となっており、いまだ領土問題は未解決のままです。

チャンブリー村のハウスタンバラン(精霊の家)

チャンブリー村のハウスタンバラン(精霊の家)

続いて気候に関してご紹介します。
赤道直下のパプアニューギニアは熱帯モンスーン気候に属しており、年間を通じて高温が続きます。しかし地形に富んだパプアニューギニアでは地域によってその気候は大きく異なります。年間の平均気温は沿岸部では日中34℃で朝晩は24℃、高地では日中28℃で朝晩は14℃となります。季節は11月から4月の雨季と5月から10月の乾季に分かれています。雨季でも雨が一晩中振り続けるわけではないのですが、乾季の時期のほうが観光には向いていると言えるでしょう。

パプアニューギニアへの行き方

ニューギニア航空機内

ニューギニア航空機内

日本からパプアニューギニアの行き方で最もメジャーなのがニューギニア航空の直行便です。ただし2020年5月にコロナウイルスの影響によりニューギニア航空は日本からの直通便の撤退を発表しました。コロナ明けにパプアニューギニアの旅行を考えていた方には非常に残念なニュースですよね。。。

ラバウルのビーチにて出会った家族

ラバウルのビーチにて出会った家族

直行便以外のパプアニューギニアへの行き方はオーストラリアやフィリピン、シンガポール乗継ぎなどです。近い将来、日本から行く方が増えて、直行便がいち早く復活するといいですね。
ちなみに標高の低いエリアに関してはマラリアの危険性もありますので、必要に応じてマラリア予防薬も事前に日本で購入の上、お持ちください。

パプアニューギニアへのツアー

ラバウルのマーケットにて 陽気な村人は写真もウェルカム

ラバウルのマーケットにて 陽気な村人は写真もウェルカム

パプアニューギニアへの団体旅行は種類が少なく、方面も限られますので、できれば日本でご自身の希望に合うプログラムを組んでもらって旅行するほうがいいでしょう。
特にパプアニューギニアの国内線のフライトはスケジュールの変更が比較的多いので、直前のトラブルに対応できるようにプロにプランニングしてもらうのが得策です。

パプアニューギニアはコーヒーの名産地でもある

パプアニューギニアはコーヒーの名産地でもある

目的別に大別すると、少数民族に会いに行くなら「ゴロカ」、ダイビングに行くなら「マダン」「ケビエン」、戦跡を見に行くなら「ラバウル」、より深いカルチャーを体感するなら「セピック川流域」に足を運ぶことをお勧めします。
こちらの記事では続けて訪れるべきいくつかのエリアにスポットを当ててご紹介いたします。

タイトルとURLをコピーしました