【おすすめ】オーストラリアの動物と触れ合えるエリア5選!

カンガルーに餌やり体験!

カンガルーに餌やり体験!

動物がすき!ふれあいたい!!でもサファリに行くにはハードルが高い・・・という人にはオーストラリアがおすすめです。ケアンズやシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストなどであれば直行便も出ているし、英語圏で観光もしやすいのも嬉しいですね。街もきれいでおしゃれカフェから、おいしいパン屋さん、オージービーフのステーキ屋さんまでなんでもあります!食に困ることはありません!海外旅初心者にはもってこいの旅先かもしれません。動物目当てで行く方は、オーストラリアの中でも州によって動物に触れられない場合もあるのでよく調べてから行ってみましょう。

ギネスに載っている施設でコアラを抱っこ!(ブリスベン)

エントランスには大きなコアラのオブジェが!

エントランスには大きなコアラのオブジェが!

オーストラリアと聞いて一番に思い浮かぶ動物といえばコアラではないでしょうか!オーストラリアの中にはコアラを見ることができる動物園がたくさんあります。ただし、州によってコアラを触ることができないところもあるので行く前に調べておきましょう。
今回紹介するのはクイーンズランド州のローンパイン・コアラサンクチュアリです。ここのすごいところは、なんとコアラの飼育数が世界ナンバーワン!130頭以上のコアラが飼育されており、ギネスブックにも載っている動物園なんです!ブリスベンの中心街からはバスやタクシーでアクセスすることができます。チケットは予めインターネットで購入しておくか、当日購入も可能です。

親子のコアラも見られるかも♡

親子のコアラも見られるかも♡

エントランスには大きなコアラのオブジェがお出迎え!メインのコアラはというと、園内の至るところにいます!こっちのエリアでたくさんコアラいたー!と思って違うルートへ行くと、あれ!?こっちにもコアラいっぱいいるーー!!という感じです。笑 そしてそれぞれのコアラがのんびり眠っていたり、もぐもぐごはんを食べたり、ゆっくりと移動していたり・・・全てが愛くるしい!!コアラが特別好きというわけじゃなくてもきっと好きになってしまいますね。コアラを抱っこしたり、コアラと記念撮影をすることもできるので、その時間を狙っていけばふわふわモフモフのコアラちゃんを触ることができます!ぜひとも体験してください!

ローンパイン・コアラサンクチュアリはコアラだけじゃない!(ブリスベン)

コアラの親戚、ウォンバット!昼間は寝ているかもしれません。。

コアラの親戚、ウォンバット!昼間は寝ているかもしれません。。

コアラ園としてギネスに載っているこの動物園ですが、コアラ以外にもたくさんの動物がいます。オーストラリアならではの、カンガルーやワラビー、ディンゴ、タスマニアンデビル、ウォンバットなど、80種を超える動物が飼育されています!鳥類、爬虫類、哺乳類が合体した生き物である「カモノハシ」の飼育ハウスもあり、飼育員さんの解説付きで間近に観察をすることができます。

広い敷地にカンガルーがたくさん!

広い敷地にカンガルーがたくさん!

園内の奥の方にはカンガルーたちが広大な敷地に放し飼いされているエリアもあります!カンガルー、ワラビー、エミューなどがのびのびと生息しており、人間にも慣れているため近づいても自然体のままです。もちろんカンガルーも触ることができます!ふわふわ毛並みが心地が良すぎてたまらない!ムキムキマッチョのカンガルーは少し怖かったですが、日陰でのんびりくつろぐ姿は見てて癒やされます。 

野生動物に会いに行こう!(ゴールドコーストの国立公園)

オーストラリア東部で見かけるカワセミ

オーストラリア東部で見かけるカワセミ

ここまでは園内に飼育されている動物を紹介しましたが、せっかくオーストラリアなので野生の動物も見てみたいですよね。オーストラリアは郊外のエリアであれば多数の野生動物に遭遇する可能性があります。ここでは、ゴールドコーストから行ける国立公園にスポットを当てて紹介します。

①ナチュラルブリッジ国立公園
野生のコアラやカンガルーに出会える可能性高め!満天の星空や土ボタル観察などもできるので思い出に残る体験ができそうです♡
②クンババレイクランド自然公園
トレッキングをしながらバードウォッチングなどを楽しめるのが魅力!ここでもカンガルーや木の上で休むコアラが見れるかもしれません。

虹色の鳥、レインボーロリキートも野生で見られるかも!

虹色の鳥、レインボーロリキートも野生で見られるかも!

③バーレイヘッズ国立公園
溶岩が作った断崖、熱帯雨林、美しい海、そして緑も豊かな国立公園。クルーズツアーではクジラやイルカ、ジュゴンにも遭遇できるかもしれません!
④スプリングブルック国立公園
世界自然遺産にも登録されている国立公園で数億年前の植物が生息しているというので驚き!展望スポットからの眺めはゴールドコーストの建物や海までも見渡せる絶景です。ハイキングしながらレインボーカラーの野鳥も探してみましょう!
⑤ラミントン国立公園
こちらも世界自然遺産に登録されています。広大なエリアに見どころが点在しているのでツアーで行くのがおすすめ。鳥のさえずりの中での、吊り橋の空中散歩はスリル満点!

人懐っこい!野生のイルカにエサをあげよう!(モートン島)

ドルフィンツアーがもうすぐ始まる!日暮れのモートン島

ドルフィンツアーがもうすぐ始まる!日暮れのモートン島

オーストラリアといえば美しい海も魅力のひとつですね!ブリスベンの港からクルーズで1時間ほどの距離の砂の島、モートン島では野生のイルカを見ることができます。個人での手配は難しいので、ツアーに参加するのがおすすめです。
砂の島というだけあってサラサラの砂が浜辺に広がり、透き通った海岸で時を忘れて過ごす・・・考えただけで幸せな気分になれます。昼間はアクティビティも多数あって、グラスボートで魚の観察をしたり、スノーケリングをするもよし、スキューバでカラフルな魚たちを見に行くのも面白いです。

決まった時間にいつもやってくるイルカたち!

決まった時間にいつもやってくるイルカたち!

イルカたちは夜にやってきます。決まった時間に餌をあげるようになったことから、野生のイルカが時間になると浅瀬に集まってくるようになったそうです。なので、毎日何頭のイルカがやってくるかはわかりません。でもイルカが来ない日はないようなので、何頭浅瀬に来ているかはその日のお楽しみです。
日が落ちて星が綺麗に見える頃、ぞくぞくとイルカたちがやってくるので観光客はみんな大興奮です!ここでは餌付け体験ができるので、最初にスタッフから説明を聞き、順番に手を消毒してからイルカに餌を与えます。魚を持っていよいよ海に入ると「早くごはんちょうだい!」と言わんばかりにイルカが足をつついてきます。それだけでもうかわいい!!スタッフの合図で魚をイルカの口へと運ぶと、私の手を甘噛みしつつ魚を食べていきました。もう、かわいいとしか言えません!笑 素敵な体験ができるので大満足間違いなしです!

美しい海で魚たちとともに優雅に泳ぐ(グレートバリアリーフ)

グレートバリアリーフの美しすぎる海!

グレートバリアリーフの美しすぎる海!

オーストラリアの定番の絶景のひとつ、世界自然遺産のグレートバリアリーフ。オーストラリアの東岸に2000kmも続く世界最大のサンゴ礁です。一口にサンゴ礁と言っても、350以上もの種類からリーフが出来上がっているそうです!そして、1500種類もの魚や、ヒトデやナマコといった棘皮動物も4000種ほど生息しているというので驚きです。そんな自然が生み出す美しい世界に潜ってみたいと思いますよね?ケアンズからツアーに参加するのが最も行きやすい方法ですので、ぜひトライすることをおすすめします!

たくさんの魚が集まってくる!

たくさんの魚が集まってくる!

ツアーによって内容は様々ですが、クルーズで陸から離れたポンツーン(人工浮き島)などへ行き、そこを拠点にスキューバダイビングやシュノーケリングをするのがベストかと思います。透き通った青い海の中はまさに大自然の水族館!ニモで有名なカクレクマノミのような小さな魚から、ナポレオンフィッシュのような大きな魚まで、本当にたくさんの魚を見ることができます!あまり深くない海底付近には、様々な種類の美しいサンゴも見ることができます。運が良ければウミガメが泳いでいることもあるとか!オーストラリアに行く際は、グレートバリアリーフで大自然を思いっきり満喫することもお忘れなく!

 

ペンギン案内人3号/柳 舞美

タイトルとURLをコピーしました