100カ国以上旅したトラベルプランナーが選ぶニューヨークで体験したい10のこと

摩天楼の大都会、ニューヨークの街並み

映画やCMで誰しもが一度は目にしたことある街・ニューヨーク。音楽・ファッション・アート・グルメなど世界をリードするカルチャーが、わずか山手線内側のほどのエリア(約60k㎡、マンハッタンの陸地面積と同等)にギュギュっと凝縮されています。100人いれば100通りの楽しみができるニューヨーク。街歩きだけでも楽しめるのですが、見どころが多いからこそ事前のプランニングが肝心。定番から話題のスポットまで、世界100カ国以上旅したトラベルプランナーが厳選してお届けします。

まずはここ!NYCの中心・タイムズスクエア

昼でもネオンが眩しいタイムズスクエア

ニューヨークといえば真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?ニューヨークに来たことを最も実感できる場所といっても過言ではないでしょう。夜遅くまでネオンが輝き、深夜まで賑わいます。大晦日のカウントダウンも有名ですね。1904年にタイムズ紙本社ビルがこの地に移転したことがその名前の由来です。1910年代には劇場・音楽ホールが建ち並び一層活気を増しました。

ブロードウェイ作品の広告

現在のように観光客に人気のエリアに変貌したのは1990年代半ば。世界で最も高額な広告スポットでもあるにも関わらず、煌びやかなネオンや趣向を凝らしたギミックの数は観光客とともに増加を辿り、その「世界の交差点」の地位を確固たるものにしています。

ブロードウェイでミュージカル鑑賞体験!

オフブロードウェイ 「ストンプ」

ミュージカルの本場、ブロードウェイ。ブロードウェイでは毎晩50近くもの劇が上演されています。「オペラ座の怪人」「ライオンキング」などの人気の作品は当日券を買おうとしてもチケット売り場で「sold out」といわれてしまうことも。目当ての作品があれば旅行前に公式サイトでオンライン予約をおすすめします。

チケット販売所 tkts

「ミュージカルに興味はあるけど、どれを観ればいいかわからない」、そんな方はまずはtktsに足を運んでみては?tktsとは当日や翌日の公演のチケットを2割~5割引きで購入できるチケットブースです。運が良ければ人気の作品が格安価格で鑑賞できるかも。またブロードウェイと比べて規模は小さいですがオフブロードウェイもお勧めです。日本でも話題になった「ブルーマンショー」もオフブロードウェイの作品です。

ニューヨークを代表する夜景はどっち?

歴史的名建築 NYCのアイコン的存在のエンパイアステートビル

摩天楼の大都会、ニューヨークを代表するランドマークが2つあります。エンパイアステートビル(全長約433m)とロックフェラーセンター(全長約259m)です。どちらも夜景スポットとして非常に人気が高く、入場料はほぼ同額(38ドル程度)です。どちらか一方しか行けない方のために、それぞれの特徴をまとめました。

ロックフェラーセンター トップオブザロックから見るマンハッタンの夜景

エンパイアステートビルの展望台の高さは86階で約320m。追加料金が必要な102階で約381m。ロックフェラーセンターのトップオブロック展望台(70階、約260m)を凌駕する高さです。対してロックフェラーセンターの展望台は360度全面ガラス張りで、エンパイアステートビルの全景とセントラルパークを見渡すことができます。高さを楽しむか、開放感を優先するかによって評価は分かれるところです。

タイトルとURLをコピーしました