カナダ入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

イエローナイフにてオーロラ撮影成功!

イエローナイフにてオーロラ撮影成功!

カナダにおいては、2020年3月より外国人が入国禁止となり、毎月末に入国規制が延長されております。カナダ全土にて、新たな感染者数は減少傾向となっておりましたが、ここ最近は増加傾向にあり、いわゆる「第三波」が来ています。
一体いつになったら旅行に行けるようになるの?そんな気持ちでいる方はいっぱいいるはず。この記事ではカナダの入国情報、行動制限などについてお知らせします。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_222.html#ad-image-0

カナダ:いつから海外旅行に行ける?(7/21現在)

カナディアンロッキーの色鮮やかな湖(モレーンレイク)

カナディアンロッキーの色鮮やかな湖(モレーンレイク)

現在、米国を除く各国からの外国人の入国を原則禁止しています。またアメリカとの間でも、不要不急の移動が禁止されています。例外的に入国が認められる場合も、出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査の陰性証明の提示が必要となります。

氷河の上を走る雪上車(コロンビア大氷原)

氷河の上を走る雪上車(コロンビア大氷原)

空路による入国者は、入国時の空港で検査を受け、政府指定のホテルで3日間待機が必要です。費用は自費負担であり、渡航前に予約する必要があります。利用可能なホテルは下記ウェブページから確認可能です。
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice/mandatory-hotel-stay-air-travellers/list-government-authorized-hotels-booking.html#a1
●検査結果が陰性であれば、最終目的地まで渡航し、引き続き14日間の自主隔離を行います。
なおカナダでは、州の定めたガイドラインにも注意が必要です。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

コロナ禍の成田空港 高級ブランド店は無期限休業

コロナ禍の成田空港 高級ブランド店は無期限休業

カナダが日本人の受け入れを開始したとしても、他の国や都市との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要になります。カナダ全土も州ごとで、14日間の自己隔離が義務付けられていたりします。違反者には罰金又は禁固などが科される可能性があります。

コロナ禍の成田空港 コンビニは営業中

コロナ禍の成田空港 コンビニは営業中

例えば隣国アメリカ内の乗継ぎだけだとしても、出発までに日本や現地のコロナウイルス感染状況などで入国規制が変わる可能性もあります。リスクのある行為のため、止めておくのが無難しょう。なお、カナダから日本に入国する際には、14日間の自宅等での待機など水際措置が維持されていますので、引き続き注意が必要です。

日本帰国後の規制について

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

カナダからの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「カナダ旅行楽しかった~!」では終わりません。なぜなら現在、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が新たに義務となりました。さらにカナダの一部の州からの帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で待機し、入国後3日目に改めて検査が必要となります。その上で、陰性と判定された方については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の残りの期間を、自宅等で待機となります。

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

日本でもワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

2021年、カナダ旅行を予約するなら今!

ナイアガラ滝に圧倒されるナイアガラクルーズ

ナイアガラ滝に圧倒されるナイアガラクルーズ

日本帰国後の規制が解禁される前に、「格安のうちに旅行を予約したい!」「旅行の相談をしておきたい!」という方も多いはず。
でもキャンセルチャージがすぐかかるかどうかが不安だったり、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」ということや「親身になって相談してくれなかった」ことはありませんか?
その点、海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」であれば安心です。企画旅行契約のツアーであれば出発日の30日前以降からしかキャンセルチャージの対象となりません(ピーク期は40日前)。

ナイアガラの滝のライトアップ

ナイアガラの滝のライトアップ

さらにファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています♪
コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみては?

カナダの行き方

期間限定のアイスキャッスル(エドモントン)

期間限定のアイスキャッスル(エドモントン)

カナダへのアクセスはエアカナダが、バンクーバー、トロント、カルガリー、モントリオールの各都市へ直行便を就航(季節限定含む)しています。その他にも日本航空と全日空がバンクーバーに就航しています。カナダ大陸は広く、観光地も点在しているため、国内線を利用することが多くなります。カナダ国内の都市を周遊する場合は、エアカナダの利用が特にお勧めです。

冬のカナディアンロッキーの新名所「アイスバブル」

冬のカナディアンロッキーの新名所「アイスバブル」

他にも、エアカナダを利用したキューバとの2か国周遊や、アメリカ系の航空会社を利用したアメリカとの周遊にアレンジをしてみるのも良いでしょう。一度の旅で2つ以上の国に行くのも楽しみ方の一つです。

カナダの気候

オーロラビレッジにてオーロラ鑑賞(イエローナイフ)

オーロラビレッジにてオーロラ鑑賞(イエローナイフ)

カナダは非常に大きい国なので、地域や季節によって気候は異なります。しかし全土に共通するのは夏でも早朝や夜は冷え込むという点。旅行をするときは暖かい服装の準備が必要になります。またカナディアンロッキーなど山岳地域やそれに近いところでは夏でも雪が降ることがあり、注意が必要です。

イエローナイフで犬ぞりツアーに参加してみる。

イエローナイフで犬ぞりツアーに参加してみる。

冬のオーロラ鑑賞では、マイナス30℃になることもありますので、専用の防寒着が必須となります。カナダツアーの予約時に防寒具のレンタルも可能ですので、併せて問い合わせすると良いでしょう。またエリアごとに時差があり、西海岸から東海岸まで最大4.5時間あります。周遊旅行の際は、気候だけでなく時差の注意も必要になります。

カナダの見どころ

ロイヤルティレル博物館 ティラノサウルスがお出迎え<ドラムヘラー>

ロイヤルティレル博物館 ティラノサウルスがお出迎え<ドラムヘラー>

日本の約27倍の総面積を持つ広大なカナダ。メインの旅行シーズンは、夏と思われがちですが、冬はウィンタースポーツを楽しんだり、オーロラを鑑賞することができます。夏シーズンのおススメは、カナディアンロッキーで美しい湖をハイキングするプランや、世界三大瀑布のナイアガラへクルーズで近づくプラン。秋はメープル街道の紅葉、冬はなんといっても極北の地でのオーロラ鑑賞がおススメです。

ハロウィンの飾りつけがされたナイアガラオンザレイクの街

ハロウィンの飾りつけがされたナイアガラオンザレイクの街

自然や動物との出会い、人々との触れ合い、そして感動的な風景の数々。カナダ旅行はまさに“地球の魅力”に触れる忘れられない旅となるでしょう。

ペンギン案内人26号/大道 隆宏

タイトルとURLをコピーしました