アメリカ入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

タイムズスクエア<ニューヨーク>

タイムズスクエア<ニューヨーク>

大統領選やコロナ関連に限らず、多くの情報を目にするアメリカ。その中でハワイ州が2020年11月6日より観光客の受け入れを表明し、海外旅行が解禁されます。アメリカ本土ではありませんが、海外旅行を待ち侘びている方には久々の明るいニュースです!
コロナウイルスの感染者数が多いアメリカに、一体いつになったら旅行に行けるようになるの?そんな気持ちでいる方はいっぱいいるはず。この記事ではアメリカの入国情報、行動制限などについてお知らせします。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_221.html#ad-image-0

アメリカ:いつから海外旅行に行ける?(7/13現在)

ウエストサム ブラックプール<イエローストーン>

ウエストサム ブラックプール<イエローストーン>

アメリカは、条件付きで入国は可能です。一部例外を除いて自主隔離は必要。
また米国疾病予防管理センター(CDC)は、旅行による感染拡大を抑制するための対策として、他者との距離確保、頻繁な手洗い、マスク着用、自己観察といった日常的な対策に加え、以下などを義務・推奨しています。
●旅行前
・2021年1月26日より旅行者は、米国行きフライトの出発3日以内にウイルス検査(Viral Test)を受け、検査結果を書面又は電子情報(Electronic Copy)で航空会社に提示を義務付ける。
●旅行後
・旅行の3~5日後に検査を受ける。
・検査結果が陰性であっても旅行後7日間は自宅待機する。
・旅行後に検査を受けない場合は、10日間は自宅待機する。

ゲイザーヒルループ モーニンググローリー<イエローストーン>

ゲイザーヒルループ モーニンググローリー<イエローストーン>

上記の他に、州・地方政府(郡、市など)レベルで感染拡大を抑制するための各種行動制限措置がとられている場合があるので、渡航先の州・地方政府の措置に注意が必要です

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

コロナ禍の成田空港 高級ブランド店は無期限休業

コロナ禍の成田空港 高級ブランド店は無期限休業

アメリカが行動制限なしで日本人の受け入れを開始したとしても、他の国や都市との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要になります。アメリカも州ごとで14日間の自己隔離が義務付けられていたりします。違反者には罰金又は禁固などが科される可能性があります。

コロナ禍の成田空港 コンビニは営業中

コロナ禍の成田空港 コンビニは営業中

例えばアメリカ内の乗継ぎだけだとしても、出発までに日本や現地のコロナウイルス感染状況などで州政府の規制が変わる可能性もあります。リスクのある行為のため、止めておくのが無難しょう。なお、アメリカから日本に帰国する際には、14日間の自宅等での待機など水際措置が維持されていますので、引き続き注意が必要です。

日本帰国後の規制について

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

アメリカからの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「アメリカ旅行楽しかった~!」では終わりません。なぜなら現在、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が新たに義務となりました。さらにアメリカの一部の州からの帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で待機し、入国後3日目に改めて検査が必要となります。その上で、陰性と判定された方については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の残りの期間を、自宅等で待機となります。

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

日本でもワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

2021年、アメリカ旅行を予約するなら今!

センチネルブリッジ<ヨセミテ国立公園>

センチネルブリッジ<ヨセミテ国立公園>

日本帰国後の規制が解禁される前に、「格安のうちに旅行を予約したい!」「旅行の相談をしておきたい!」という方も多いはず。
でもキャンセルチャージがすぐかかるかどうかが不安だったり、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」ということや「親身になって相談してくれなかった」ことはありませんか?
その点、海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」であれば安心です。企画旅行契約のツアーであれば出発日の30日前以降からしかキャンセルチャージの対象となりません(ピーク期は40日前)。

ゴールデンゲートブリッジからの景色<サンフランシスコ>

ゴールデンゲートブリッジからの景色<サンフランシスコ>

さらにファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています♪
コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみては?

アメリカの行き方

ヤバパイポイントからのグランドキャニオン

ヤバパイポイントからのグランドキャニオン

アメリカ本土へのアクセスは、米系(アメリカン航空・デルタ航空・ユナイテッド航空)や日系(日本航空・全日空)が多くの都市へ直行便を就航しています。その他にもシンガポール航空が成田からロサンゼルスまで直行便を運航しています。航空会社の選択肢が多いので、目的都市への利便性や値段、時期などは、旅行会社に相談するのがお勧めです。

自由の女神<ニューヨーク>

自由の女神<ニューヨーク>

アメリカを旅行の際は、一度の旅で2つ以上の都市に行くのも楽しみ方の一つです。西海岸のグランドキャニオンと東海岸のニューヨークなどアメリカ系の航空会社を利用し、自身でアレンジもしてみるのも良いでしょう。

アメリカの気候

ユニバーサルスタジオハリウッド<ロサンゼルス>

ユニバーサルスタジオハリウッド<ロサンゼルス>

アメリカは日本の国土の約25倍の広大な国土を持つため、北部と南部、あるいはほぼ同じ緯度であっても、東海岸、西海岸、あるいは中部、山岳部などで、気候・天候は大きく異なります。

サルベーションマウンテン<ロサンゼルス郊外>

サルベーションマウンテン<ロサンゼルス郊外>

西海岸にあるロサンゼルスは、一年中温暖で見所も多いので、どの時期でも楽しめます。ラスベガスは砂漠地帯で、夏場は気温が高いので、3月~5月と10、11月がベストシーズン。ニューヨークは、冬の寒さが非常に厳しく、日中でも氷点下となります。また夏の暑さも厳しいので、4月~6月や9月~11月のベストシーズンがお勧めです。マイアミのあるフロリダ州は、夏から秋にかけてハリケーンの影響を受ける可能性もあるので、注意が必要です。

アメリカの見どころ

ネオン輝くストリップ通り<ラスベガス>

ネオン輝くストリップ通り<ラスベガス>

広大なアメリカには、紹介しきれないほど多くの観光都市や観光スポットが点在しています。誰もが憧れる街「ニューヨーク」。特にマンハッタンは、有名な5番街やタイムズスクエアをはじめとする、世界有数の繁華街がある街として一度は訪れてみたい人気観光都市です。そして誰もがカジノをイメージする街「ラスベガス」。人気のショーをはじめ、グルメ、個性あるホテルなど遊び満載の街です。

赤く染まるモニュメントバレー<グランドサークル>

赤く染まるモニュメントバレー<グランドサークル>

アメリカの大都市旅行もお勧めですが、他にも広大なスケールの大自然を満喫するツアーが人気です。レイクパウエルを中心にして、半径約230kmの円に含まれる地域には太古の記憶を秘めたダイナミックな景観、カラフルで神秘的な奇岩、ミステリアスな古代先住民族など、見どころ満載のグランドサークルが特にオススメです。

ペンギン案内人26号/大道 隆宏

タイトルとURLをコピーしました