ハワイ入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

カイルアコナの夕日(ハワイ島)

カイルアコナの夕日(ハワイ島)

コロナウィルスにより海外旅行のハードルが高くなった世界で、2020年11月6日よりハワイが一早く観光客の受け入れを表明し、日本人にも海外旅行が解禁されています。出発する72時間以内に指定機関で検査を受け、陰性証明書を提示すれば、自己隔離が免除されます。
日本帰国後の規制が撤廃されれば、アフターコロナの世界における海外旅行先のファーストステップとしてハワイが再び注目を集めるでしょう。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_226.html#ad-image-0

ハワイ:いつから海外旅行に行ける?(7/16更新)

ホノルルの街並みと海岸線を一望できるタンタラスの丘<オアフ島>

ホノルルの街並みと海岸線を一望できるタンタラスの丘<オアフ島>

ハワイ州は、2020年11月6日より日本向けの事前検査プログラムが適応されることを発表しました。これにより、日本を出発する72時間以内に契約を締結した日本国内の84ヶ所の指定医療機関で新型コロナウイルス感染症の検査を受け、入国時にハワイ州指定の陰性証明書を提示すれば、ハワイ到着後の10日間自己隔離が免除されています。注:ハワイ時間2020年12月2日(午前零時)以降、カウアイ島のみ一時適用外となります。

コロナ以前のワイキキビーチ

コロナ以前のワイキキビーチ

ハワイでは、空港、宿泊施設、レストラン、アクティビティなど業界毎に責任をもち、ハワイ州の定めたガイドラインに沿って安全・衛生対策に取り組んでいます。しかしながら島国であるハワイの医療体制は、決して盤石ではありません。ウィズコロナの生活様式をハワイでも心掛けることで、安心して過ごせることでしょう。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

カアナパリ鉄道<オアフ島>

カアナパリ鉄道<オアフ島>

ハワイが日本人の受け入れを開始したとしても、他の国や都市との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要になります。例えばアメリカの他の州の多くは10日間の自己隔離が義務付けられていたりします。違反者には罰金又は禁固などが科される可能性があります。

H.グランド・ワイレア・リゾート<オアフ島>

H.グランド・ワイレア・リゾート<オアフ島>

例えアメリカ本土内の乗継ぎだけだとしても、出発までに日本や現地のコロナウイルス感染状況などで入国規制が変わる可能性もあります。リスクのある行為のため、止めておくのが無難しょう。なお、ハワイから日本に入国する際には、14日間の自宅等での待機など水際措置が維持されていますので、引き続き注意が必要です。

ハワイから日本帰国後の規制について

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

ハワイからの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「ハワイ旅行楽しかった~!」では終わりません。なぜなら現在、日本帰国後は新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても入国の次の日から起算して14日間、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されているからです。陰性であっても空港から自宅へは公共交通機関をつかってはなりません。自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

ところで2021年1月13日より全ての日本人帰国者に対して、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が新たに義務となりました。
世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

2021年、ハワイ旅行を予約するなら今!

アウラニ ディズニー リゾート<オアフ島>

アウラニ ディズニー リゾート<オアフ島>

日本帰国後の規制が解禁される前に、「格安のうちに旅行を予約したい!」「旅行の相談をしておきたい!」という方も多いはず。
でもキャンセルチャージがすぐかかるかどうかが不安だったり、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」ということや「親身になって相談してくれなかった」ことはありませんか?
その点、海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」であれば安心です。企画旅行契約のツアーであれば出発日の30日前以降からしかキャンセルチャージの対象となりません(ピーク期は40日前)。

H.シェラトンワイキキ<オアフ島>

H.シェラトンワイキキ<オアフ島>

さらにファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています♪
コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみては?

ハワイの行き方

ハワイ火山国立公園(ハワイ島)

ハワイ火山国立公園(ハワイ島)

日本からの年間渡航者数が約150万人と人気の観光地であるハワイヘは、日本各地から毎日約20便以上の直行便が就航しています。またアメリカ系の航空会社で乗り継いで行くことも出来ますが、コロナの感染症が収まるまでは、直行便利用がお勧めです。

コナコーヒー農園(ハワイ島)

コナコーヒー農園(ハワイ島)

2020年の10月現在のハワイへのアクセスは、ハワイアン航空、日本航空、全日空が、曜日限定で成田又は羽田からホノルルまで直行便を運航しています。今後は日本各地の札幌、名古屋、大阪、福岡などからのフライトの再開やデルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空などの直行便も以前の様に就航する事が期待されます。

ハワイの気候

モアナ サーフライダー<オアフ島>

モアナ サーフライダー<オアフ島>

常夏の島といわれているハワイですが、日本の夏よりも湿度が少なく、一年を通じて過ごしやすい気候です。一年の間には雨季と乾季があり、乾季である夏場は、5月から10月までで、雨季である冬場は、11月から4月までとなります。雨季でも雨は日本に比べれば少なく、気温も24~30℃と安定しており、1年中がベストシーズンといえます。ハワイは、常に東から西へ貿易風(偏東風)が吹いているため、気温も上がりすぎず年間を通して快適に過ごせます。

ハワイの海水温度も、年間を通して変化が少なく、ワイキキやアラモアナのビーチは、一年中海で遊泳可能です。冬は、日差しがない曇った天気や、風のあるときに寒く感じることもあるので、注意が必要です。

ハワイの見どころ

ハナウマ湾<オアフ島>

ハナウマ湾<オアフ島>

日本人の海外旅行先として安定した人気を誇るハワイ。その中でもリピーターの割合は高く、70%近くにもなります。一度のみならず何度でも行きたくなるようなハワイの魅力。それは、さわやかな気候、包み込むような大自然、色鮮やかな動植物、フレンドリーなロコ(=ハワイ生まれ・ハワイ育ち)の人々があげられます。

カカアコのウォールアート<オアフ島>

カカアコのウォールアート<オアフ島>

しかしハワイに訪れる日本人のほとんどはオアフ島、しかもホノルルに集中しています。ホノルルにも負けない素晴らしいエリアも実は多いハワイ諸島。
アフターコロナの時代には、まだ見ぬハワイ旅行からスタートしてみませんか?

ペンギン案内人26号/大道 隆宏

タイトルとURLをコピーしました