イエローナイフ?ホワイトホース?自分にぴったりのオーロラ鑑賞スタイルをみつけよう

思い立ったが吉日!オーロラ、見にいきましょう!

私が初めてオーロラを見たのは飛行機の中からでした。初めは暗くてよくわかりませんでしたが、目をこらしてよく見ると緑色の光がゆらゆらと見えてきました。その光はまるで生き物のようにみるみる形を変え、そしてうっすらと消えていきました。それは偶然で、今思えば一瞬の出来事のように思います。そして、本当にオーロラを見たんだとしばらく心がドキドキしたことを思い出します。一生に一度は見たい、と言われるオーロラ。だからこそ、あなたはどこで、どのような体験をしたいのか、じっくりみつけていきましょう。

カナダ(極北)の基本情報

オーロラの聖地といえば、カナダです。

極北と呼ばれる地方には今回紹介するイエローナイフがあるノースウエスト準州、ホワイトホースのあるユーコン準州、そしてヌナブト準州があります。面積の半分以上が北極圏に位置しており、秋冬は本格的なオーロラ鑑賞シーズンです。

カメラの準備もお忘れなく!

イエローナイフは平均して年間約200日オーロラが出現すると言われる、まさにオーロラの都。緑やピンク色の光がゆらめく感動のひとときを過ごすことができるでしょう。ホワイトホースでは大自然とオーロラの共鳴を堪能できます。もしかしたら飛行機や宿泊ホテルからオーロラが見られた…!なんて体験もできちゃうかもしれません。

カナダ(極北)への行き方

犬ぞりで行けたらいいのに…!

カナダのフラッグキャリア「エアカナダ」の利用が便利です。到着時刻によってはその日の夜からオーロラ鑑賞が可能です。日本からイエローナイフへ、バンクーバーやカルガリーなどから1回または2回乗継ぎます。空港から街までは約6㎞、タクシーやツアー会社の送迎を利用するのが一般的です。タクシーを利用する場合はおよそ$20です。日本からホワイトホースはバンクーバーから国内線を利用しましょう。街へは約5㎞、タクシーで約10分程の距離で、約$20です。市バスの公共交通機関もありますが、1時間に1本程度と本数は少ないです。

初めてのオーロラ鑑賞でも安心「イエローナイフ」

オーロラビレッジで見たオーロラ!

イエローナイフといえば、オーロラ!と断言できるほど世界中に知られているオーロラ鑑賞の聖地です。ダウンタウンから車で約30分程に位置する鑑賞施設「オーロラビレッジ」は、ティーピーと呼ばれる原住民が使用していた簡易テントと、スープなどの暖かい食事が振舞われるレストラン、ギフトショップが備えられた小さな村のような施設です。テントの中は暖炉で暖かく保たれており、ホットドリンクもあります。また、日本人スタッフも駐在しているので英語が話せなくても安心です。

オーロラビレッジの犬ぞりツアー

夜はオーロラ鑑賞を満喫するにしても、昼間はどうすればいいの?と感じている方。イエローナイフには市内観光をはじめ、ボートクルーズや犬ぞり体験など、四季折々の日中のアクティビティもたくさんあるので興味があれば申込みされることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました