アメリカ×大自然!是非とも行きたい感動スポット8選

マザーポイントからの絶景!

曲線美がなんとも美しいアンテロープキャニオン

天然のカリスマ左官師?!幻想的なアンテロープキャニオン

天然のカリスマ左官師?!幻想的なアンテロープキャニオン

アリゾナ州にあるアンテロープキャニオンは、砂漠に降るスコールの鉄砲水と風によって、赤い砂岩が長い年月をかけて浸食されてつくられました。岩肌がまるで波を打つ砂浜のような美しい曲線の空間を歩いて観光することができます。「ザ・ビーム」と呼ばれる太陽光線が差し込むと、光と影が織りなす幻想的なキラキラとした風景が見られます。あまりの美しさに、「神様が降りてくるかもしれない」と思わずにはいられません。

アンテロープキャニオンにてこれは是非年賀状にしたくなる写真をパチリ

アンテロープキャニオンにてこれは是非年賀状にしたくなる写真をパチリ

アンテロープキャニオンには2つのキャニオン(=谷)があります。1つは先住民族ナバホ族のガイドさんと一緒に観光するアッパー・アンテロープキャニオン。そして、もう1つは、より狭くて深く長い距離のあるロウア―・アンテロープキャニオンです。ちなみに年齢を問わず楽しめるのは足場の良いアッパー・アンテロープキャニオンです。
一人旅や友達同士、カップル、新婚旅行、家族旅行と旅のスタイルを問わず誰もが楽しめるのがまた魅力の1つです。

赤いカッパドキア ブライスキャニオン

夜明けのブライスキャニオン

夜明けのブライスキャニオン

ユタ州にあるブライスキャニオンは何千年もの間、雨や川の浸食によって石灰石が削り取られて出来上がった奇岩が並ぶ尖塔群です。その眺めはまるでトルコの奇岩群カッパドキアに似ています。朝日や夕日の時間帯には太陽の光で一面がより一層赤くなり、まるでSFの世界に迷い込んだようです。日中は地層の色がよりわかりやすくなるので、独特の縞模様の眺めも圧巻です。この景色がつくられるまでの長い年月を考えると、時間を忘れてしまうほど見入ってしまいます。

雪帽子をかぶった圧巻の尖塔群

雪帽子をかぶった圧巻の尖塔群

ブライスキャニオンはグランドサークルの中でも標高が高く、冬には積雪が多い為、雪帽子をかぶった尖塔群をみるチャンスがあります。赤い岩と雪の白さのコントラストが美しいHoodoo(フードゥー)も期間限定の魅力です。

パワーがみなぎるスピリチュアルタウン セドナ

セドナ/ホーリークロス教会からカセドラルロックを眺める

セドナ/ホーリークロス教会からカセドラルロックを眺める

「聖地」・「パワースポット」と聞いて一番に思い浮かぶ場所セドナは、全米一美しい町とも言われています。セドナのすごいところは、町の中や、その近郊に4大ボルテックスと言われる場所があり、町全体を覆うように地球のパワーが渦巻いているという事です。実際セドナの街を訪れると、とにかく岩山の近さに驚かされます。古くから先住民族もヒーリングスポットとして大切にしてきた土地。ここには世界中から癒しを求めた人々が集まってくるのです。

エアポアートメサからの眺め

エアポアートメサからの眺め

「ボルテックス」とはラテン語で渦巻という意味があります。その中でも女性エネルギーは磁力のエネルギーが強く癒しの効果が、男性エネルギーは電気エネルギーが強く活力を上げる効果があるといわれています。アダムとイブのパワーを全身に駆け巡らせて「生命」を感じてみてはいかがでしょうか。

聖なる山・神々が宿る渓谷 ザイオン国立公園

ザイオン国立公園のトレイルはその岩の大きさに圧倒されます

ザイオン国立公園のトレイルはその岩の大きさに圧倒されます

ユタ州にあるザイオン国立公園は、アメリカ国内では大人気の国立公園です。何と言ってもその力強くそびえたつ岩の迫力が圧巻です。大自然のど真ん中にいると実感できます。トレイルの数も多く、深さ800メートルの渓谷の底にあるリバー・サイドウォーク等は初心者にも歩きやすくラスベガスから日帰りのバスツアーでも行くことができます。歩くのに不安がある人でも園内のシャトルバスを利用すればウォッチマン、ウエストテンプル等、これぞザイオンという眺めを楽しめます。

垂直の一枚岩 グレート・ホワイトスローン

垂直の一枚岩 グレート・ホワイトスローン

ザイオンの顔とも言われる グレート・ホワイトスローンは偉大な白き王座と呼ばれています。その高さはなんと732メートル。オーストラリアのアーズロックやスリランカのシギリアロック、ギリシャのメテオラなど一枚岩は沢山あるけれど白い巨大岩は抜群の存在感です。

タイトルとURLをコピーしました