全米第3位の大都市シカゴが個人旅行に最適な7つの理由

ミレニアムパーク Millennium Parkの「Bean」とシカゴの摩天楼

日本から直行便のある全米第3位の大都市シカゴ。誰もが知る街ではありますが、観光という観点から言うとロサンゼルスやニューヨークと比べてシカゴはあまりメジャーではありません。なぜなのでしょうか。マフィア映画のイメージどおり治安が悪いから?魅力的な観光地がないから?料理が美味しくないから?しかし実際訪れてみるとシカゴはロサンゼルスやニューヨークにも負けない魅力を放つ都市でした。むしろ個人で旅行するにはピッタリすぎるほどの街だったのです。そんな知られざるシカゴの魅力をご紹介します!(2018年末に訪れた際の情報を元にしています)

摩天楼発祥の地・シカゴは街全体が名建築の宝庫

ウィリスタワー展望台からの景色 正面に見える黒いビルがジョンハンコックセンター

シカゴと言えば真っ先に摩天楼の高層ビル群を思い浮かべる人も多いでしょう。シカゴに観光で訪れる日本人の中で最も多いのが建築を目的としたツアーなのだそうです。代表的な建物としてはシカゴで最も高く1973年完成の超高層ビル「ウィリスタワー」、ウィリスタワーと人気を2分する高層ビル「ジョンハンコックセンター」、アール・デコの様式が美しく映画のロケ地としても有名な「シカゴ商品取引所」、シカゴ大火後の建てられた近代摩天楼の基礎となるビル「ルッカリー」、ゴシック様式が印象的な地元紙シカゴ・トリビューンの本社「トリビューンタワー」など挙げればきりがありません。シカゴのダウンタウンは4大建築家の一人であるミース・ファン・デル・ローエがデザインした建物が多いことで知られています。

オークパークにある建築家フランク・ロイド・ライトの自宅

ちなみにシカゴ郊外には4大建築家のもう一人、フランク・ロイド・ライトが手がけた住宅が並ぶオークパークがあります。オークパークはシカゴから車で東に30分ほどにある閑静な住宅街。ひと際目を引くのが、ライト自身の邸宅とスタジオです。フランク・ロイド・ライトは日本の帝国ホテルを始めとして、落水荘、グッゲンハイム美術館、ジョンソンワックス社の設計者として知られており、水平を強調したプレーリースタイル(草原様式)はアメリカ最初の建築様式と称えられています。現在、ライト邸とスタジオは博物館として見学が可能です。ライトは日本贔屓だったようで、食堂の照明の透かし彫りや日本の障子や襖を連想させるデザインは、どこか日本人にとって親近感のある空間となっています。

世界有数の芸術と文化の街

アメリカ三大美術館にかぞえられるシカゴ美術館

シカゴには多数の美術館や博物館がありますが、中でもシカゴ観光のハイライトともいえるのが「シカゴ美術館」です。印象派と20世紀のアメリカ美術をはじめとしたコレクションは約30万点にのぼります。しかし展示されている作品は2000点ほど、それでも1日かけても周りきれないほど巨大な美術館です。ピカソやレンブラント、スーラ、ホッパーなど近現代の美術史に残る巨匠達、そしてその作品の中でも非常に重要な作品は人類の至宝ともいえるコレクションです。シカゴに訪れたなら必ず訪れてほしい場所です。ちなみにシカゴ美術館の正面入口の2匹のライオンは、ニューヨークの自由の女神像と並び称されるシカゴのシンボルであり、シカゴ定番の記念写真スポットです。

スーラ「グランド・ジャット島の日曜日」 シカゴ美術館収蔵

その他にも高い企画力と先見性を持つことで知られ奈良美智をアメリカでいち早く紹介した現代芸術の殿堂「シカゴ現代美術館」、実物のアポロ8号の司令塔やドイツ潜水艦の展示が人気のシカゴで最も来場者数が多い博物館「科学産業博物館」、Tレックスのほぼ完全な骨格標本を持つことで知られる「フィールド博物館」、完成当時は世界最大の水族館だった「シェッド水族館」、世界最大の望遠鏡のコレクションを持つ「アドラープラネタリウム」など。1回の旅行では見て回れないほど美術館や博物館が充実しているのでシカゴには何度でも訪れる楽しみがあります。

街歩きに適したサイズ

シカゴ最先端のホットなエリア ウィッカーパーク

シカゴの街は歩くのにとても適したサイズです。ロサンゼルスやニューヨークは地下鉄やバスに乗らなければとても有名観光地を見て周れるサイズではありませんが、シカゴは自分の足だけでほとんどの観光が可能です。観光スポットとショッピング街、博物館、大きな公園がいずれも近くに密集しているため移動はとても効率的、日本で言えば新宿や銀座、上野が隣り合っているようなイメージです。ダウンタウンに宿を取れば、日本人観光客にも人気のあるホールフーズやトレイダージョーズなどのスーパーマーケットにも徒歩圏内。お土産の購入にも事欠きません。もちろん公共の交通機関はアメリカでトップレベルに発達しているので便利です。

シカゴといえばこの風景 高架鉄道

少し郊外に足を延ばしたいということならシカゴの流行発信地とも言われるウィッカーパークがお勧めです。シカゴのループエリアからはブルーラインに乗り込み数十分。Damen駅を起点としたミルウォーキー通りには流行に敏感なシカゴリアンが経営するレストランやバー、セレクトショップが並んでいます。中でも面白いのがクラフトビールの量り売りをしているビアバー「Tapster」。店内に備え付けの60種類ものサーバーから思い思いにクラフトビールを楽しめます。実はシカゴにはミシガン湖の美味しい水を水源としたマイクロ・ブリュワリーが多く存在しているので、街歩きに疲れたらちょっと一杯リフレッシュするのもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました