旅好き女子がチュニジアに憧れる7つの理由とは・・・?

おしゃれなフォトスポットも多いチュニジアの街並み

皆さんは「チュニジア」という国にどんなイメージをお持ちですか?なんとなく危なそう?なんて思っている方もいるかもしれません。
実際のチュニジアは白と青の美しい街や、極上のタラソテラピーが楽しめるビーチリゾート、映画のロケ地にもなった砂漠に、歴史ある遺跡、美味しい食べ物など、旅行におすすめの国なんです。タラソ大国なので美肌も目指せて、街並みもお土産も色彩豊かでおしゃれ!実は旅好き女子に人気の国なんです。
貴重品の管理や肌を露出しすぎない、国境に近づかないなどに注意すれば、女子だけでも安心して楽しめますよ。

白と青の町シティ・ブ・サイドに行ってみたい!

地中海リゾートのような美しい街並み

エーゲ海の島のようなシティ・ブ・サイド(シディ・ブ・サイド)はチュニジアの中でも最も美しい街と言われています。白い壁に青い窓枠が良く映え、ジャスミンやハイビスカスの花とのコントラストも美しい街です。さらに青い空と海が見られる地中海のような街並みで、観光客も多く訪れるチュニジア観光の必見スポットです。

どれも欲しくなってしまうかわいいお土産がたくさん!

シティ・ブ・サイドはアーティストの街でもあるので、あちこちで芸術的な作品が並んでいます。カラフルなお土産やおしゃれな扉なども街の至るところに見られるので、どこを通ってもついシャッターを押してしまいます。歩き疲れたら、街のランドマークのカフェ・デ・ナットでまったりくつろいだり、定番の揚げドーナツ「バンビローニ」を食べてみるのもおすすめ。

砂漠の豪華テントロッジでオアシス気分

バギーで砂漠の奥へ

北アフリカに位置するチュニジアには、もちろん砂漠もあります。中でもクサールギレンの砂漠では赤い砂丘が広がっていて、宿泊すれば絶景の朝陽や夕陽、星空を満喫できます。バギーで砂漠の奥まで足を延ばして、広大な砂漠を独り占めしたいですね。

気温差の激しい砂漠でもエアコン完備で快適です。

砂漠で宿泊なんて大変そうと思うかもしれませんが、実はクサールギレンには豪華テントロッジがあるので、砂漠でも快適に滞在できます。独立したテントの中にはシャワーやトイレ、洗面スペースが揃っていて、砂漠なのにお湯も電気も使えて、エアコンも完備。砂漠に泊まってみたいけど心配という人でも安心ですよ。スパやプール、レストランやバーもあって、夜は満点の星空の下でワイン片手に豪華なチュニジア料理を頂けます。まさにオアシスでの贅沢な滞在ですね。

ビーチリゾートで極上のタラソスパを

チュニジアでは砂漠もビーチも楽しめる。

チュニジアにはハマメットやジェルバ島など、ヨーロッパからのバカンス客も多く訪れるリゾート地があります。ここではプライベートビーチやプールで遊ぶのも良いですし、タラソテラピーやスパでリラックスするのもおすすめの過ごし方です。

リゾート地のホテルは多くがタラソ・スパ完備。

タラソテラピーは海水や海藻、海泥を使った自然療法で、予防医学やリハビリとしても評価されています。元々フランスで生まれたものですが、チュニジアはフランスに次いで世界第2位のタラソ大国なんですよ。そのため、高級リゾートホテルなら多くはタラソテラピーセンターが併設されています。本来は1週間以上のプログラムでじっくり療養するものですが、1日や半日で受けられるコースもありますよ。チュニジアの強い日差しを受けたら、タラソテラピーでお肌を労わってあげたいですね。

タイトルとURLをコピーしました