失敗しないエジプトツアーの選び方 プロが教えるおすすめ旅行の秘訣

ピラミッドでラクダ乗り(カイロ近郊)

世界の遺跡ツアーの最高峰といえばエジプトでしょう。なにせ世界遺産の総本山ともいうべきアブシンベルをはじめ、ルクソール、ピラミッドなどのスーパー5つ星の遺跡が目白押しです。しかし、エジプトの魅力は遺跡だけではありません。海と島、砂漠、絶景、街歩きなど楽しみ方もさまざまです。定番の遺跡観光だけでなく、プラスアルファの体験をすることこそ、エジプトツアー成功の秘訣なのです。さあ、一緒にエジプトでトクベツな体験にトライしましょう。

アブシンベル、ルクソール、ピラミッドが定番

ハトシェプスト女王葬祭殿(ルクソール)

エジプトツアーの定番は何と言っても遺跡を中心とした周遊コース。最低8日から10日間で主だった遺跡を周遊するのが一般的です。その中で、アブシンベル、ルクソール、ピラミッドはマスト。プラス、途中にある遺跡も立ち寄ります。例えば、ルクソールからアスワンの間には、エドフのホルス神殿やコムオンボ神殿がありますし、アスワンにはイシス神殿もあります。これらの遺跡はアブシンベルやルクソールのようなスーパー5つ星の遺跡ではありませんが、エジプトにあるので目立たないだけで、もし、エジプト以外にこれらの遺跡があれば、大観光地になること必至の遺跡なのです。

イブン・トゥールーン・モスクにて/アズハル大学の学生たち(カイロ)

モデルルートとして、夜便を利用しての8日間は以下のような日程になります。
日本→機中泊→カイロ→ルクソール2泊→エドフ・ホルス神殿、コムオンボ神殿観光→アスワン・イシス神殿観光→アスワン泊→アブシンベル→アスワン→カイロ2泊(ピラミッド・スフィンクス観光→機中泊→日本

個人旅行がエジプト旅行ではベスト

ハンハーリーバザール(カイロ)

エジプト旅行では団体旅行をおすすめしません。その理由はハードスケジュールなので疲れる日程だというのが第一です。いまだに団体旅行はたくさんの観光地を訪問するという古いスタイルから抜けきれていません。またwithコロナの時代、もう団体旅行は時代にも適合しません。
おすすめなのは、個人旅行です。といっても航空券とホテルだけを取り、あとは自分で現地で決めるというのは、ハードルが高いです。そもそもルクソールからアスワン間はフライトが今はありません。

砂漠のキツネ「フェネック」に出会う(白砂漠)

そんな中でおすすめしたいのが、個人旅行スタイルのツアーです。観光はある程度ガイドさんが付いていて案内してくれるけれど、フリータイムもありバランスがいい。また、アレンジが自由自在にできるツアーがいいです。そうしたエジプト個人旅行を専門にしている会社があるので、そこで相談し、モデルコースをカスタマイズするのがベストなのです。

ここだけの話、遺跡ばかり周遊すると飽きてしまいます

ヌビア村のラクダ(アスワン)

あなたがエジプトの遺跡にかなり興味があったり、知的好奇心が高い人だったら、定番のエジプトツアーで問題はないのですが、平均的な興味を持っている人であればエジプトで遺跡ばかり周遊すると飽きてしまうかもしれません。こんな話をすると、旅行会社の人から怒られてしまいそうなのでココだけの話なのですが・・。しかし、それは遺跡がつまらないという意味ではありません。各地とも素晴らしい遺跡ではあるのですが、それが続きすぎると、いくら素晴らしいものでもうんざりしかねません。

ヌビア村のお土産店にて(アスワン)

遺跡中心の内容でも、各地において遺跡以外の観光を楽しんだり、町歩きにトライしたり、エジプトでは意外と遺跡以外の楽しみ方があるのです。例えば、アスワンではファルーカと呼ばれる帆掛け船でナイル川をクルージングするのがおすすめです。また、アスワンまでくるとヌビア人などのアフリカ系の人々が住んでいるため、アフリカンテイストを感じさせる雑貨などのショッピングも新鮮です。スーク訪問、ヌビア村訪問などをスケジュールに入れてみては?
また、カイロ市内観光もおもしろいです。モスクの尖塔が立ち並び、まるでアラビアンナイトの世界そのもの。特に夜のライトアップはインスタ映えします。またカオスのようなごぢゃごぢゃしたところもこの街の魅力です。
こうした遺跡以外の行程を入れることで旅は輝きを増します。旅の計画時にはぜひともこうしたプラスアルファをいれてほしいものです。

ナイル河クルーズはおすすめ?

エドフのホルス神殿はクルーズでは必ず立ち寄る(エドフ)

3泊4日または4泊5日で、ルクソールとアスワン間をナイルクルーズで楽しむのは、昔から人気です。おすすめ度はどうなのでしょうか? ナイル河クルーズは長所と短所があります。まず、いいところは、①豪華クルーズを体験できるということ。②川の航行なので揺れが少なく船内は快適だということ。③ナイル河の景色が美しい。特に日の出とかサンセットが最高。④毎晩パーティがあって、トモダチがたくさんできます。⑤思っているほど料金が高くない。など。これだけあげるといいとこだらけのようですが、悪い点も。

日本の旅行会社のステッカーを持つネフェルタリホテルのスタッフ(アブシンベル)

良くないところは、①クルーズは究極の団体旅行なので、団体行動をいつもしなくてはいけない。②そもそもルクソールからアスワンまでは車で行けば、半日以内で行ける行程を3泊4日で回るので効率は良くない。③withコロナの時代、パーティしたりとか、団体行動をしたりとかは、今の時代に合っていない。が考えられます。
要するに個人の好み次第といったところです。
旅行のナイル河クルーズツアーは日本語ガイドさんが一緒に船に乗り込み、日本語ガイドさんと一緒に観光します。クルーズ中は制限がありますが、クルーズの前後はアレンジが可能なので、こうしたナイル河クルーズツアーも旅の候補として考える必要はあると思います。

アブシンベルではぜひ泊まりたい

夜明けまえのアブシンベル

アブシンベル神殿はヌビア地方に建てられた巨大な神殿です。大神殿の正面にある高さ20mもの巨像をはじめ、かつての王が自らの偉業を誇示するレリーフがいたるところに描かれています。1960年アスワンハイダムの建設計画が決まり、アブシンベル神殿が水没する危機がありました。貴重な文化遺産の水没を救おうとしたのがユネスコでした。その結果アブシンベルの移転に成功。これが後の世界遺産活動につながるのです。つまり、アブシンベル神殿が世界遺産という概念を作り出したのです。世界中に数多くある世界遺産。アブシンベルはただの世界遺産ではありません。まさに世界遺産の中の世界遺産というほど重要な位置を占めるのです。

朝日に染まるアブシンベル

そんなアブシンベルですが、日帰り観光客が多く、日中は観光客で混み合います。それでアブシンベルに泊まることをおすすめします。主要なホテルはわずか2軒しかありませんが、泊まる価値は十分あります。朝夕は観光客が少ないし、特に日の出の時間帯から遺跡に入れるのが何よりです。また、夜は幻想的なライトアップも楽しめるのです。

美しいサンゴ礁の海・紅海シャルム・エル・シェイク

陸地は砂漠の光景。海の中はサンゴのお花畑(シャルム・エル・シェイク)

エジプトの旅は遺跡ばかりではありません。海と島の旅もすばらしいです。エジプトが世界に誇る美しいサンゴ礁の海こそ紅海なのです。その中心はシナイ半島のシャルム・エル・シェイク(シャルム・イッシェーフ)です。カイロから国内線で空路1時間で行ける他に、イスタンブールなどへの国際線もあります。多くの5つ星ホテルをはじめ、ホテルの数は多く、ヨーロッパからのバカンス客で賑わいます。物価は他のエジプトの街よりも割高ですが、リゾートを楽しむすべてが揃っています。

キャベツサンゴとキンギョハナダイ(シャルム・エル・シェイク)

シャルム・エル・シェイク(シャルム・イッシェーフ)は砂漠の荒涼とした環境の中にあり、リゾートタウンどは縁遠いような風景ですが、海の中は一変。カラフルな熱帯魚とサンゴ礁が続きます。陸の風景と、海の風景がこれほど違うリゾートは他ではありません。
だからこそ、ココでのマストなのがダイビング。ライセンスを持っていないのならスノーケリング。これをしないのなら、行く意味がありません。中でもラス・モハメッドは海の透明度が高く、必見の場所です。
他にも砂漠でのキャメルライドとか、砂漠サファリとベドウィン・ナイトといった砂漠リゾートのようなプログラムもあるので、楽しめます。
シャルム・エル・シェイクとカイロ、ピラミッド8日間または、シャルム・エル・シェイクとエジプト周遊10日間のようなコースがモデルルートとなります。

砂漠の絶景・白砂漠はマストなのでけれど・・・

白砂漠はどこを撮っても写真映えします

エジプトのもう1つの魅力が砂漠とオアシスです。ギザのピラミッドから車で約3時間の場所に位置するのがバフレイア・オアシスがその代表です。ナツメヤシの茂るこのオアシスには温泉や鉱泉もあり、旅の疲れを取ることもできます。ここのハイライトは郊外にある砂漠。鳥やマッシュルームの形をした高さ5m前後の石灰岩の巨石が林立する白砂漠、ピラミッド状の黒い山がいくつもある黒砂漠、山全体がクリスタルでできているクリスタルマウンテンなど、他では見られないような砂漠の絶景がここのウリです。できれば、砂漠でキャンプし、サンセットとサンライズを楽しむというのが必須。

白砂漠でラクダキャラバンに出会う

コースとしては、白砂漠、黒砂漠とカイロ・ピラミッドをセットにした8日間とか、白砂漠、黒砂漠とルクソール・カイロ・ピラミッドを周遊する8日間が一般的です。
2020年現在、このエリアは外務省の危険度情報2 「不要不休の渡航を止めてください」に該当します。また、エジプト観光協会や現地の警察も砂漠ツアーの中止の通達をしています。砂漠ツアーには許可書が必要で、現在は許可書が出ません。現地で「許可書なしで大丈夫」と言ってくる人には注意してください。違法ですし、トラブルの元になります。
また、最新情報はエジプト専門の旅行会社に聞くようにしてください。

6日間しかなければ、ルクソールとピラミッド

ハトシェプスト女王葬祭殿(ルクソール)

エジプトに行きたい。だけども6日間しかない場合、これは仕方がないので、観光地を削るしか方法はないです。国際線のフライトがIN/OUTするカイロに一番遠いアスワン、アブシンベルをカットし、カイロ、ピラミッド、ルクソールを周遊するのが一番最適でしょう。カイロからルクソール間は旅情あふれる寝台列車を利用するのもいいかもしれません。これでもそこそこ旅は楽しめます。モデルルートは下記のとおり。
日本→機中泊→カイロ→ルクソール1泊→カイロ2泊(ピラミッド観光)→機中泊→日本
ピラミッドではクフ王のピラミッド入場はぜひトライしてください。入場制限があるため、前もって旅行会社に入場券のオーダーが必要ですので注意してください。

ルクソール神殿に遊びに来ていた学生たち(ルクソール)

もう1つのコースはあえて、一番遠いアブシンベルに行き、ルクソールをカットするという方法もあります。この場合、アブシンベルに泊まるのはマスト。あとはピラミッド、カイロと周遊します。

2カ国以上行きたい場合はトルコとのコンビが一押し

イスタンブールのスレイマニエ・モスク。トルコとエジプトは最強の組み合わせ。

エジプトも行けたいけれど、同時に周辺の国にも行きたい場合はトルコとのコンビネーションをおすすめします。ターキッシュエアラインでエジプトに行く場合、トルコのイスタンブールで乗り換えなので、乗り換えるくらいなら、滞在して観光をしてみようとすると次のような日程になります。
日本→機中泊→カイロ3泊→イスタンブール2泊→機中泊→日本 8日間
また、これにカッパドキアを加え10日間で旅するのも人気があります。いずれにしてもエジプトは3泊くらいしか取れないので、カイロに宿泊し、1日カイロ市内観光、半日ピラミッド・スフィンクス観光 残りフリーという日程となります。

エジプトの子どもたちと一緒に(カイロ)

エジプト以外だと、ギリシャ、UAE(ドバイ)なども考えられます。ドバイの場合はエミレーツ航空を利用することになります。モデル日程は下記のようになります。
日本→機中泊→アテネ2泊→カイロ3泊→機中泊→日本 8日間
日本→機中泊→カイロ3泊→ドバイ1泊→機中泊→日本 7日間
また3カ国周遊なら、ギリシャ、トルコとの3カ国周遊がいいかと思います。この場合もターキッシュエアラインを利用すると効率がいいです。
日本→機中泊→アテネ2泊→カイロ3泊→イスタンブール2泊→機中泊→日本 10日間

 

ペンギン案内人7号/川崎 真弘

タイトルとURLをコピーしました