失敗しないエジプトツアーの選び方 プロが教えるおすすめ旅行の秘訣

ピラミッドでラクダ乗り(カイロ近郊)

世界の遺跡ツアーの最高峰といえばエジプトでしょう。なにせ世界遺産の総本山ともいうべきアブシンベルをはじめ、ルクソール、ピラミッドなどのスーパー5つ星の遺跡が目白押しです。しかし、エジプトの魅力は遺跡だけではありません。海と島、砂漠、絶景、街歩きなど楽しみ方もさまざまです。定番の遺跡観光だけでなく、プラスアルファの体験をすることこそ、エジプトツアー成功の秘訣なのです。さあ、一緒にエジプトでトクベツな体験にトライしましょう。

アブシンベル、ルクソール、ピラミッドが定番

ハトシェプスト女王葬祭殿(ルクソール)

エジプトツアーの定番は何と言っても遺跡を中心とした周遊コース。最低8日から10日間で主だった遺跡を周遊するのが一般的です。その中で、アブシンベル、ルクソール、ピラミッドはマスト。プラス、途中にある遺跡も立ち寄ります。例えば、ルクソールからアスワンの間には、エドフのホルス神殿やコムオンボ神殿がありますし、アスワンにはイシス神殿もあります。これらの遺跡はアブシンベルやルクソールのようなスーパー5つ星の遺跡ではありませんが、エジプトにあるので目立たないだけで、もし、エジプト以外にこれらの遺跡があれば、大観光地になること必至の遺跡なのです。

イブン・トゥールーン・モスクにて/アズハル大学の学生たち(カイロ)

モデルルートとして、夜便を利用しての8日間は以下のような日程になります。
日本→機中泊→カイロ→ルクソール2泊→エドフ・ホルス神殿、コムオンボ神殿観光→アスワン・イシス神殿観光→アスワン泊→アブシンベル→アスワン→カイロ2泊(ピラミッド・スフィンクス観光→機中泊→日本

個人旅行がエジプト旅行ではベスト

ハンハーリーバザール(カイロ)

エジプト旅行では団体旅行をおすすめしません。その理由はハードスケジュールなので疲れる日程だというのが第一です。いまだに団体旅行はたくさんの観光地を訪問するという古いスタイルから抜けきれていません。またwithコロナの時代、もう団体旅行は時代にも適合しません。
おすすめなのは、個人旅行です。といっても航空券とホテルだけを取り、あとは自分で現地で決めるというのは、ハードルが高いです。そもそもルクソールからアスワン間はフライトが今はありません。

砂漠のキツネ「フェネック」に出会う(白砂漠)

そんな中でおすすめしたいのが、個人旅行スタイルのツアーです。観光はある程度ガイドさんが付いていて案内してくれるけれど、フリータイムもありバランスがいい。また、アレンジが自由自在にできるツアーがいいです。そうしたエジプト個人旅行を専門にしている会社があるので、そこで相談し、モデルコースをカスタマイズするのがベストなのです。

ここだけの話、遺跡ばかり周遊すると飽きてしまいます

ヌビア村のラクダ(アスワン)

あなたがエジプトの遺跡にかなり興味があったり、知的好奇心が高い人だったら、定番のエジプトツアーで問題はないのですが、平均的な興味を持っている人であればエジプトで遺跡ばかり周遊すると飽きてしまうかもしれません。こんな話をすると、旅行会社の人から怒られてしまいそうなのでココだけの話なのですが・・。しかし、それは遺跡がつまらないという意味ではありません。各地とも素晴らしい遺跡ではあるのですが、それが続きすぎると、いくら素晴らしいものでもうんざりしかねません。

ヌビア村のお土産店にて(アスワン)

遺跡中心の内容でも、各地において遺跡以外の観光を楽しんだり、町歩きにトライしたり、エジプトでは意外と遺跡以外の楽しみ方があるのです。例えば、アスワンではファルーカと呼ばれる帆掛け船でナイル川をクルージングするのがおすすめです。また、アスワンまでくるとヌビア人などのアフリカ系の人々が住んでいるため、アフリカンテイストを感じさせる雑貨などのショッピングも新鮮です。スーク訪問、ヌビア村訪問などをスケジュールに入れてみては?
また、カイロ市内観光もおもしろいです。モスクの尖塔が立ち並び、まるでアラビアンナイトの世界そのもの。特に夜のライトアップはインスタ映えします。またカオスのようなごぢゃごぢゃしたところもこの街の魅力です。
こうした遺跡以外の行程を入れることで旅は輝きを増します。旅の計画時にはぜひともこうしたプラスアルファをいれてほしいものです。

タイトルとURLをコピーしました