エジプト入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

スフィンクスでトリック写真を楽しめる

スフィンクスでトリック写真を楽しめる

エジプトは世界中の旅行者が訪れる観光大国です。3大ピラミッドや数々の遺跡、博物館、モスクや教会の観光、市場でのショッピングや、はたまたビーチリゾートでの滞在やダイビングまで、観光客を飽きさせることがありません。
コロナウィルスが流行し始めた2020年3月には国際航空便の発着停止や観光地のクローズなどを行っていましたが、2020年7月からは国際線の発着が再開され、観光地もオープンし始めました。2020年7月31日から8月3日までは犠牲祭の祝日で、特に航海のリゾート地は多くのエジプト人で賑わったそうです。コロナ以前のようにエジプト旅行ができる日も近いかもしれませんね。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_094.html#ad-image-0

エジプト:いつから海外旅行に行ける?(4/22現在)

3大ピラミッドの中でも最大のクフ王のピラミッド

3大ピラミッドの中でも最大のクフ王のピラミッド

日本からの空路での入国であれば、出発便の96時間以内のPCR検査陰性証明と、航空便の搭乗券受取前に記入する申告書の提出、海外医療保険の加入の3つをクリアすれば入国が可能です。入国時の規制としてはそこまで厳しくはなさそうですね。
詳細については在エジプト日本国大使館のHPでも確認可能です。
https://www.eg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_covid19.html#%E5%85%A5%E5%9B%BD%E5%88%B6%E9%99%90

ピラミッド周辺にはラクダも待っていますよ。

ピラミッド周辺にはラクダも待っていますよ。

また、入国時は全員にサーモグラフィーで検温が実施されます。入国時の検疫で新型コロナウイルスへの感染の疑いがなければ、自主隔離や行動制限はありません。主な観光地はコロナ対策を実施してオープンしているので、withコロナでも旅行を楽しむことができそうですね。

入国制限解除後でも乗継ぎや周遊は注意!!

トルコのアヤソフィア大聖堂をモデルに造られたモハメッド・アリ・モスク

トルコのアヤソフィア大聖堂をモデルに造られたモハメッド・アリ・モスク

エジプトが日本人の受け入れを許していたとしても、他の国との周遊をお考えの場合、滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。例えば隣国イスラエルは外国人の入国を原則禁止しています。

イスラエルの嘆きの壁と岩のドーム

イスラエルの嘆きの壁と岩のドーム

中東エリアの他の国では、入国制限がエジプトよりも厳しかったり、入国できてもその後自主隔離が必要とされたりするところも多いです。日本人旅行客は旅行日数が比較的短いので、自主隔離となると旅行できる日数が取れなくなってしまいますね。乗継ぎや周遊のある旅行は、まだまだハードルが高そうです。

日本帰国後の規制について

ファルーカ(帆掛け舟)でナイル川をゆったりクルージングするのも風情がありますね。

ファルーカ(帆掛け舟)でナイル川をゆったりクルージングするのも風情がありますね。

旅行先からの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「旅行楽しかった~!」では終わりません。
なぜなら現在、日本帰国後は出国前72時間以内の検査証明書の提出が求められるとともに、翌日から起算して14日間は自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されているからです。
陰性であっても空港から自宅へは公共交通機関をつかってはなりません。
自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。

ラムセス4世の墓の壁画は鮮やかな色合いで人気

ラムセス4世の墓の壁画は鮮やかな色合いで人気

さらに現在はイギリスなど「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に指定された国からの入国は強制的に3日間はホテルで待機と再検査が義務付けられることになりましたのでご注意ください。
世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました