ヨルダンの必見ポイントベスト5

ジェラシュ遺跡

「ヨルダン」と聞いて何を思い浮かべますか?中東は治安が心配、など思う方も多いかもしれません。でも実際に行ってみると、予想を遥かに超える世界が広がるのがこの国の本当にすごいところ。今もなお謎に包まれた魅惑のペトラ遺跡。癒しのリゾートエリア、死海。他にも、映画の舞台になった奇岩砂漠、ワディラム。世界にはこんな場所があったのか!と心が震える体験ができる、そんな国。今は旅行に行きたいリストにヨルダンが入っていなくても、生涯に一度は是非行ってほしい、そう思える素晴らしい国ですよ!

ヨルダンの玄関口、首都アンマン

シタデル(アンマン城)

ヨルダンの首都、アンマン。ヨルダンの政治・経済の中心となっており、中東でも有数の近代都市です。また、観光の拠点となる場所なので多くの旅行者が訪れます。
アンマンの観光をせずにペトラや死海へのツアーが組まれることも多いですが、アンマンにもたくさんの魅力的な観光スポットがありますよ!

ダウンタウンのお店

元々は7つの丘の上に作られた街で、現在は全部で19の丘の上に広がっています。もしアンマンでの滞在時間に余裕があれば、ぜひヨルダン博物館やアンマン城、ローマ劇場、モスクなどを訪れてみましょう。
また、アンマンの東側には中心地とも言えるダウンタウンが広がり、庶民的なお店や地元の食堂などがあり、アラブの雰囲気が漂います。一方、アップタウンエリアは近代化されており、高層ビルやマンション、ショッピングモールなどが揃う都会的な地区!エリアによって街並みがガラッと変わるのできっと行く人誰もが驚くでしょう。

魅惑の巨大遺跡!ペトラ遺跡を訪れよう!

ぺトラ遺跡 エル・ハズネ

アンマンから車で約3時間、ぺトラ遺跡は映画インディ・ジョーンズの舞台となったバラ色の神殿で有名な場所。紀元前、ナバタイ人の王国として栄えた古代都市。荒涼たる砂漠の中にあって、シークと呼ばれる岩の割れ目を延々と歩いていくとやっとのことでたどり着く巨大な神殿「エル・ハズネ」。1枚岩をくり貫いて彫り上げられた造形美は驚くほどのインパクトを与えてくれます。

ぺトラ遺跡 エド・ディル

実はまだ謎に包まれているため、新・世界七不思議のひとつにもなっているそうです。遺跡は予想を上回る規模なので、1日で全て周りきるのは難しいかもしれません。旅程に余裕があれば2日間でゆっくり周るのもおすすめです!壮大なスケールの世界観に浸ってトレッキングを楽しみましょう!馬やロバ、ラクダに乗ることもできますが、チップが必ず必要なので金額の交渉をしてから利用しましょう。

ミネラルたっぷり!死海でぷかぷか&泥パック体験

死海で浮いてみよう!

死海はその場所自体が巨大なヒーリングスポット。ミネラルたっぷりの死海の水は、普通の海水の8倍もの塩分があるとされ、体をぷかぷか浮かせる上に、殺菌力やリラックス効果、アレルギーを治す治癒力まであるらしいです!ただし、死海に入るときは塩水が目に入らないように絶対に注意してください。はしゃぎすぎると浮くどころじゃなくなりますので気を付けましょう・・・。

ホテル ケンピンスキー

そして浮遊体験のあとは、死海の泥で全身パックをすればすべすべ肌に!ホテルのエステを楽しむのももちろん良いですが、無料で泥パックできちゃうなんて嬉しいですね。人気のリゾート地なので、素敵なリゾートタイプのホテルもたくさんあります!リゾート気分を味わうためには最低2泊以上して、のんびりスパも楽しんでみたいものです。

タイトルとURLをコピーしました