旅好き女子ならエジプトへ行くべき7つの理由

カルナック神殿 ラムセス2世の巨像

誰しも一度は教科書やテレビで見たことがあるピラミッドやスフィンクス、そして三大文明の一つが花開いた場所でもあるエジプト。悠久の歴史といまだ解明されていないミステリー・・・。これほどに私たちの好奇心を掻き立てる国はあるのでしょうか。人知を超える壮大な建築物の数々に、旅人であれば憧れを持たずにはいられないはず!古代文明の遺跡に驚き、マーケットのエキゾチックな雰囲気に酔い、博物館のミイラに魅せられて、めくるめく神秘、感動があなたを待ち受けています。

エジプトといったらピラミッド&スフィンクス

パノラマビューポイントから見た三大ピラミッド

世界7不思議の一つにも数えられるギザの三大ピラミッドと、それを護るかのように鎮座しているスフィンクス。まさにエジプト、いや、人類の宝ともいえる遺産です。三大ピラミッドの中でもひと際大きく、ピラミッドの王様とも呼ばれるのがクフ王のピラミッド。3つの中でも一番古く大きく、平均2.5トンの石を約230万個使っているというから、驚きを通り越して途方に暮れてしまいそうです。古代エジプト人の偉業と4500年続くミステリーに思いを馳せつつ、ラクダに乗っての記念撮影もお忘れなく!

ピラミッドとスフィンクス

ライオンの体に人間の頭がついたスフィンクスは、ファラオや神を護る聖獣として古代エジプトの神殿などで好まれて使われるデザインです。スフィンクスという言葉は古代エジプト語で「永遠に生きる姿」を意味し、神殿の参道などエジプト内に好んで作られました。なかでもギザの大スフィンクスは、数あるスフィンクス像のなかでも最も大きく、全長57m、高さ20mを誇ります。アラブ人の侵入の際に鼻を削られたり、イギリス人にヒゲ(ツタンカーメンのような顎ヒゲ)を取られたり、風化がかなり進んだりと満身創痍ですが、今日も威風堂々たる姿でファラオを護っています。

ツタンカーメンに会いにエジプト考古学博物館へ

エジプト考古学博物館 18号中央ギャラリー

貯蔵品なんと20万点超!世界でもっとも有名な博物館のひとつ、エジプト考古学博物館は歴代ファラオの財宝が展示されています。ほとんどがレプリカではなく、本物。廊下に無数に並んでいるミイラや、教科書でみたヒエログリフに胸がトキメキます。別料金の「ミイラ室」には、アブシンベル神殿を建設したことでも有名なラムセス2世のミイラも展示されています。

ハトシェプスト女王のオシリス柱頭部

考古学博物館の目玉、ツタンカーメンの黄金のマスクは2階の1画に展示されています。マスクは3000年経った今でも驚くほどの美しさ。この手で触ってみたい!と思うほどに不思議な魔力を持ち、輝きを放っています。ツタンカーメンの別室は写真撮影禁止ですので、是非目に焼き付けて帰ってください。

見所だらけ!ルクソールから見に行く巨大建造物の数々

ライトアップされたルクソール神殿

巨大な神殿や葬祭殿など見所を上げればキリがないルクソールは、ナイル川を境に東岸と西岸に見所が分かれています。東岸にはカルナック神殿、ルクソール神殿といった壮大な神殿が立ち、馬車で遺跡巡りや、夜には音と光のショーを楽しめる、まさに「生ける者の都」。反して西岸は王家の谷やハトシェプスト女王葬祭殿など王や王族の墓地がある「死せる者の都」です。

王家の谷 ラムセス4世の墓

およそ4000年前に建てられたカルナック神殿には高さ23mの柱が134本も林立し、ルクソール神殿までの約3㎞の参道には延々とスフィンクス像が続いていたそうです。歴代ファラオの中でも最も力を持っていたラムセス2世の立像も聳え立ち、当時の繁栄を物語っています。あのツタンカーメンの黄金のマスクが発掘されたのは、歴代ファラオが眠る王家の谷です。ここでは王墓に残されたレリーフや壁画が数千年の時を経て、今もなお鮮やかに残っています。

タイトルとURLをコピーしました