女子がイスタンブールで楽しみたいことベスト7

”

トルコには猫がたくさん!猫好きには、たまらにゃ~い!

トルコの首都と思っている方も少なくない、トルコを代表する都市のひとつであるイスタンブール。(…ちなみにトルコの首都、正解はアンカラです!)アジアとヨーロッパの境目という特殊な地理条件のため、度々歴史のターニングポイントとなった地でもあります。
見どころ盛りだくさんではありますが、旧市街だけであれば徒歩でぐるっと回れる、ちょうどよい規模。イスタンブールを乗り継ぎ地にして世界各国へと就航しているターキッシュエアラインズを利用すれば、イスタンブール&他の国、といった周遊プランも簡単に組むことができます。今回は、そんなイスタンブールのオススメポイントを女子目線で7つにまとめてご紹介します。

アヤソフィア(ハギア・ソフィア)

”

別々のスルタンによって建立された4本のミナーレ(ミナレット)はデザインが異なる

アヤソフィアの前身となるキリスト教聖堂は360年に東ローマ帝国により建てられました。その後何度かの焼失を経て537年に再建されてから現在に至るまで、ほぼ当時のままの姿を保ち続け、トルコの歴史を体現している建築物といわれています。

”

キリスト教とイスラム教が混在するアヤソフィア内部

15世紀半ばに東ローマ帝国がオスマン帝国との戦いに敗れたことをきっかけに、キリスト教聖堂はモスクへと改造され、このアヤソフィアはオスマン帝国内で最も格式高いモスクとなっていきました。ところが、20世紀半ばになりオスマン帝国が滅亡、トルコ共和国が誕生すると、世俗主義の概念に基づいてアヤソフィアはモスクから博物館へと用途を変えることとなりました。
建物の内部ではビザンツ文化を象徴するモザイク画等、貴重な展示の数々をみることができます。大聖堂、モスク、そして博物館…、長い長い歴史の中で多くの変化を余儀なくされ、それでもなお美しく在り続けるアヤソフィアは今日も世界中から訪れる観光客を魅了しています。

(※なお、2020年7月にトルコのエルドアン大統領がアヤソフィアのモスク化を発表。礼拝の時間帯は、イスラーム教徒以外の内部への立ち入りが不可。そのほかの時間帯は今まで通り観光が可能です。/2020年9月現在)

トプカプ宮殿

”

コーランの一節が刻まれる送迎門(挨拶の門)

かつて大砲が設置されていたことから、トプ(大砲)・カプ(門)・サライ(宮殿)と呼ばれるようになったといわれるトプカプ宮殿。15世紀半ばから400年もの間、オスマン帝国の支配者(スルタン)が居住した宮殿であり、ボスポラス海峡を望む丘の上でその存在感を放っています。

”

イズニックタイルはとっても華やか!

宮殿内に入ると、オスマン帝国の栄華の歴史を感じる華やかなイズニックタイルの装飾が随所に見られます。中でもスルタンの妻をはじめ多くの女性たちが暮らしたハレムの装飾は圧巻です。

スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)

”

6本のミナーレが特徴のブルーモスク

モスクの格式を示すひとつの基準であるミナーレ(尖塔)の本数は4本が一般的ですが、スルタンアフメット・ジャーミィは6本ものミナーレを持つ珍しいモスクです。イスタンブールの象徴かつトルコを代表するモスクであり、今も変わらずたくさんの信者が礼拝を行うとても神聖な場所です。

”

ブルーモスクの内装。世界中の人々を魅了し続ける圧巻の美しさ。

ブルーモスクという別名の由来になったのは2万枚以上の青を基調としたイズニックタイルです。単体の美しさはさることながら、組み合わさった全体としてのデザインがとても美しく目が離せなくなるほどです。
神聖な場所なので、観光する際は露出の多い服装はNG。女性はスカーフなどで髪を隠す必要があります。

タイトルとURLをコピーしました