ギリシャ入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

神秘的なサントリーニ島のマジックアワー

神秘的なサントリーニ島のマジックアワー

コロナでなかなかお出かけもできないし、ましてや海外旅行はハードルが高い気がしますよね。しかし、ギリシャは世界的にも人気の旅行先です。アテネの遺跡はもちろん、サントリーニ島などの美しい島々での滞在はハネムーンやカップルの旅行にピッタリ。そんなギリシャに今行けるのかどうか、最新情報をご紹介します。ギリシャ旅行での見どころや行き方などもご紹介するので、良ければ参考にしてみてください。
また、下記の外務省安全情報のサイトでもギリシャの渡航情報を確認することができます。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_158.html#ad-image-0

ギリシャ:いつから海外旅行に行ける?(7/12現在)

美しいイアの夕陽を見に行くことはできる?

美しいイアの夕陽を見に行くことはできる?

ギリシャ政府は非EU・シェンゲン協定加盟国からの入国制限を行っていますが、2021年6月19日から日本を入国制限緩和対象国に指定しています。空路の場合、下記の条件で日本からの入国が可能になりました。

●ギリシャ入国時に、次のいずか一つの証明書の提示義務があります。

①ワクチン接種証明書
・接種完了後(2回接種が必要なワクチンの場合は2回とも完了後)少なくとも14日間が経過していること
・接種証明書は、居住国の公立機関発行であること
・接種証明書には、旅券通りの氏名、ワクチンの種類、接種の回数、接種の日付が記載されていること
・現時点でのワクチンの種類は Pfizer BioNtech、Moderna、Astra Zeneca、Novavax、Johnson + Johnson/Janssen、Sinovac Biotech、Gamaleya (Sputnik)、Cansino Biologics、Sinopharm 等が認められる

②到着前72時間以内のPCR検査の陰性結果証明書
・鼻腔又は口腔内粘膜から検体が採取されたPCR検査であること
・検査機関は、各国(出発国か通過国)のナショナル・レファレンス検査機関(当地におけるパスツール研究所等)、公立検査機関、もしくは保健衛生当局が認証した民間検査機関(必ずしも新型コロナ専用検査機関である必要はない)であること
・証明書には、旅券どおりの氏名が記載されていること

③到着前48時間以内のラピッドテストの陰性結果証明書
・検査機関は、上記と同様
・証明書には、旅券どおりの氏名が記載されていること

④新型コロナウイルス疾患または感染証明書
・発症後2か月から9か月以内であり、発症日付が証明書に記載されていること
・診断方法は、PCR 検査もしくは抗原検査(Antigen Test)であること
・証明書については、当初の陽性結果から30日以上経過後に発行されたものであること
・証明書発行機関は、上記と同様

※各種証明書は、航空機・船舶・国際バス・鉄道等の利用時に必要な書類とみなされ、入国時にギリシャ当局に提示が求められます。
※日本語の証明書は不可、ギリシャ語、英語に加え、仏語、独語、伊語、西語、ロシア語での表記が認められています。
※12歳未満は各種証明書提示義務を免除されています。

デルフィ遺跡など、歴史ある見所も多い。

デルフィ遺跡など、歴史ある見所も多い。

●到着前日までに政府ウェブサイト(https://travel.gov.gr)から、旅行者追跡フォーム(Passenger Locator Form(PLF))のオンライン登録が必要です。
登録後に当局から送信されてくる自動応答メッセージ及びQRコードは、航空機等に搭乗するために必要とされ、入国時に提示する義務があります。

●入国時にはサンプリングによるPCR検査かラピッドテスト(航空便に関しては、ラピッドテスト)が行われており、対象となった場合、検査結果が出るまでの間、空港・入国ゲート等で隔離を求められます。
陽性反応が出た者は、その後10日間(ワクチン接種が完了している者は7日間)、自宅、ホテルまたは当局が指定する施設等で隔離措置となります。また、隔離期間の最終日(10日目か7日目)にPCR検査による再検査が行われます。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

イドラ島の絵になる街並み

イドラ島の絵になる街並み

しかし、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。

人生で一度は見てみたいパルテノン神殿

人生で一度は見てみたいパルテノン神殿

また、陸路や海路での入国については別途条件が定められています。

さらに、国内航空便で本土から島に移動する場合、次のいずれか一つの証明書が必要となります。

(1)ワクチン接種証明書
(2)新型コロナウイルス検査証明書

日本帰国後の規制について

サントリーニ島ならではのロバのタクシー

サントリーニ島ならではのロバのタクシー

旅行先からの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「旅行楽しかった~!」では終わりません。
なぜなら現在、日本帰国後は出国前72時間以内の検査証明書の提出が求められるとともに、翌日から起算して14日間は自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されているからです。
陰性であっても空港から自宅へは公共交通機関をつかってはなりません。
自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。

ギリシャに行ったら食べてみたい、グラタンのような料理ムサカ

ギリシャに行ったら食べてみたい、グラタンのような料理ムサカ

さらに現在はイギリスなど「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に指定された国からの入国は強制的に3日間(国によっては10日間)はホテルで待機と再検査が義務付けられることになりましたのでご注意ください。
世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

2021年、ギリシャ旅行を予約するなら今!

クルーズ船に乗って、エーゲ海に沈む夕陽を眺めるのも贅沢。

クルーズ船に乗って、エーゲ海に沈む夕陽を眺めるのも贅沢。

日本に帰国した後の規制はまだ続いていますが、空いているうちに旅行を予約したい、早めに相談しておきたいという方も多いでしょう。しかし、キャンセル料がすぐにかからないか心配ですね。それに、こういった状況だからこそ、旅行先に詳しい旅のプロに相談したいものです。

メガロ・メテオロン修道院の骸骨室。ちょっと怖いけど見てみたい。

メガロ・メテオロン修道院の骸骨室。ちょっと怖いけど見てみたい。

そんな時は、海外旅行専門の旅行会社「ファイブスタークラブ」がおすすめです。ファイブスタークラブは定期的に現地視察を行っているので、現地に詳しいスタッフに相談できますし、こだわりのツアーが多く、自分好みにツアーをカスタマイズすることもできます。また、企画旅行契約のツアーであれば出発日の30日前以降からしかキャンセルチャージの対象となりません(ピーク期は40日前)。
コロナ明けの旅行を計画しているなら、まずはファイブスタークラブに相談してみてはいかがでしょうか?

ギリシャの行き方

ターキッシュエアラインズは機内食が美味しいと評判です。

ターキッシュエアラインズは機内食が美味しいと評判です。

日本からギリシャへは、残念ながら直行便はないので、どこか第三国で乗り継いでいくことになります。中東系のターキッシュエアラインズやエミレーツ航空、あるいはロシアのアエロフロート航空などで乗り継いで行くことができます。また、ヨーロッパや中国、韓国で乗継ぐルートもあります。
もしサントリーニ島やミコノス島に行くなら、カタール航空でドーハから直接これらの島に入れる路線もありますよ。

あなたはどの航空会社を選ぶ?写真はアエロフロート・ロシア航空の機体。

あなたはどの航空会社を選ぶ?写真はアエロフロート・ロシア航空の機体。

直行便はありませんが、ギリシャには様々な都市からの航空路線があるので、色々な選択肢の中から選ぶことができます。コロナウィルスによる入国制限がなければ、ギリシャと一緒に訪れたい国にあわせて、航空会社やルートを選ぶと良いですね。

ギリシャの気候

青と白のコントラストが映えるサントリーニ島の景色

青と白のコントラストが映えるサントリーニ島の景色

ギリシャの気候は地中海性気候で全体的にあたたかく、晴れて青空が広がる夏がピークシーズンです。夏は気温も東京のように高くなりますが、蒸し暑くはないので過ごしやすいですよ。観光客もぐっと増えるので、飛行機のチケットやホテルが取りにくくなることもあります。

素敵なホテルが多いのも魅力。写真はホテル ダナヴィラス。

素敵なホテルが多いのも魅力。写真はホテル ダナヴィラス。

冬は雨が多くなり、テッサロニキなどの北部では雪が降ることもあります。冬場は寒さが厳しく、雨が多いのでオフシーズンになります。サントリーニ島などでは、冬のオフシーズンにはクローズしてしまうホテルやお店も多いです。
ビーチでバカンスを楽しみたいなら夏がベストですが、夏より観光客が少なく落ち着いた春や秋に訪れるのもおすすめです。

ギリシャの見どころ

岩の上にちょこんと乗っているのはメテオラ修道院。

岩の上にちょこんと乗っているのはメテオラ修道院。

アテネの一番の見どころはアクロポリスです。有名なパルテノン神殿や音楽堂があり、博物館で出土品を見ることもできます。
アテネから足を延ばせば、世界遺産に登録されたメテオラ修道院もあります。そびえ立つ奇岩の頂上に修道院が建てられ、まるで空に浮いているかのような不思議な光景を見ることができますよ。

ザキントス島のシップレックビーチ

ザキントス島のシップレックビーチ

ハネムーナーに人気なのは、青い空と海に白い建物が映えるサントリーニ島などのエーゲ海の島々。美しい夕陽が見られることでも有名で、カップルで訪れたらロマンティックな思い出になることでしょう。
また映画「紅の豚」の舞台になったザキントス島には、断崖絶壁に囲まれた隠れ家のようなビーチが実在しています。
クルーズ船でいくつかの島を巡るのも楽しいですね。

ペンギン案内人22号/増田 里紗

タイトルとURLをコピーしました