地中海&砂漠 魅惑のチュニジアベスト10!

山岳オアシスの一つ、タメルザの旧村

チュニジアは紀元前9世紀頃のフェニキア人の入植から始まり、ローマ、ビザンチン、イスラム、オスマン、そして19世紀にフランスの保護国となるまで波乱万丈の歴史を繰り返してきました。これらの時代が造り上げた壮大な遺跡の数々はチュニジアの辿ってきた道、そのもの。美しい風紋が果てしなく広がるサハラ砂漠、地中海リゾートのジェルバ島、白とブルーのコントラストが美しいシティブサイド、チュニスの迷路のような旧市街・・・バラエティ豊かな魅力を持つ国、チュニジアは、私たち旅人を非日常に誘ってくれるのです。

まるで火星?サハラ砂漠のリゾートに泊まる!

サハラ砂漠のど真ん中に現れる、キャンプ・マーズ

サハラ砂漠の入り口、ドゥーズから4WDで3時間。砂丘のアップダウンを繰り返し、ようやく遠くにテントが見えてきます。まるで蜃気楼のように現れたのは「キャンプ・マーズ」。このキャンプサイトは電気も水道も通っていない、本当に砂漠のど真ん中にあります。その名の通り、まるで火星のようなその姿に胸の鼓動が高まっていくのを感じました。

絶景のサハラ砂漠を独り占め!!

砂丘の麓にいくつものテントが張られていて、内部にはかわいいベッドとソファ、そしてロウソクが用意されています。布で仕切られた奥にはエコトイレと簡易シャワー付き。夜には360度満点の星空に囲まれ、キャンプファイヤーで焼いたベルベル人特製のパンを頬張る。砂漠に夜の帳をおろしていく夕陽を見つめ、数えきれない星空に抱かれ、そして徐々に砂漠を照らしていく朝日・・・。これこそが、本当の贅沢なのでしょう。

チュニジアで最も美しい街 シティ・ブ・サイド

まるで絵葉書のように美しいシティ・ブ・サイドの町並み

まぶしいほどの白い壁と、鮮やかなブルーの扉。ここはチュニジア一、美しいと呼ばれる街シティブサイドです。丘から望む地中海や、白壁を美しく彩るハイビスカスやジャスミンの花、昼寝をする猫さえも一枚の絵ハガキにしたくなってしまうほどの美しさ。この町の家々のドアや窓、手すりなどはトルコ石を思わせるチュニジアンブルーに塗られていて、空や海と調和しています。

眼下には地中海が広がる

街の散策に疲れたら、カフェで一休み。できれば海の見える断崖のカフェがオススメです。見下ろす地中海の青い海も、そして空も時間とともに表情を変えていきます。ここで飲む、名物の松の実の入ったミントティーは格別に美味しく、何杯も頼んで何時間でも居たくなるほど。お気に入りの本を読んだり、おしゃべりをしたり、古代ローマ時代から人々に愛され続けてきたシティブサイドを満喫してください。

赤い砂漠 クサール・ギレンに滞在

サハラ砂漠のイメージ通り 赤い砂丘が360°に広がる クサールギレン

チュニジアで最もサハラ砂漠のイメージを味わえる赤い砂漠、クサールギレン。果てしなく続く美しい砂漠の真っただ中に、ナツメヤシの群生するオアシスはまるで南国リゾートのようで、ここが砂漠ということを一瞬忘れさせます。映画「イングリッシュ・ペイシェント」のロケ地としても有名なこの地で、豪華リゾートに一泊してみましょう。

ホテル・ヤディス・クサールギレン

砂漠での宿泊は、デラックスで快適なテント・ロッジ「ヤディス・クサールギレン」です。テントロッジと言ってもエアコン完備、ホットシャワーの出るバスルームも付いたおしゃれで設備の整った豪華なホテルです。なんと、敷地には大きなプールもあり、リゾートライフも楽しめます。石造りのパノラマ展望台に上ってみる朝日や夕日に輝く砂漠の風景は感動必至です。

タイトルとURLをコピーしました