これぞ聖地オブ聖地!3つの宗教の交差点、エルサレムの必見スポット7

青空に金色のドームが映える、エルサレム旧市街。

エルサレムは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3つの宗教にとっての聖地です。巡礼や観光のために世界中から訪れる人が後を絶ちません。しかし、まだまだ日本人にとってはなじみが薄いかもしれませんね。
神殿、教会、モスクなど、見所がたくさんありすぎて「あ~、もうっ!結局どこに行っておくべきなの?!」と旅行プランを立てるのに苦戦したり、政治的にも宗教的にも複雑なので頭がこんがらがってしまったり・・・。難易度高めと思われがちな行き先・エルサレムですが、ここでは必見スポットを7つに絞って、分かりやすくご紹介します。

エルサレム旧市街

さぁ、歩いてみよう。エルサレム旧市街。

エルサレムの旧市街とその城壁群は、エルサレムにある世界遺産のひとつです(1981年登録、文化遺産)。
旧市街は面積0.9km2 の広さで、その周りは城壁に囲まれています。1860年代までは、この旧市街がエルサレムの全体でした。

旧市街にある床屋さんを覗いてみました!濃いめのイケメンさん揃いです。

エルサレムはいくつかの歴史的な宗教における重要な遺跡を含んでいます。ユダヤ教徒にとっての神殿の丘と嘆きの壁、キリスト教徒にとっての聖墳墓教会、ムスリムにとっての岩のドームとアル=アクサー・モスクなどです。

嘆きの壁

嘆きの壁

神殿はユダヤ教の長い歴史の中で最も神聖な建物でした。この「嘆きの壁」は、そんな神殿の一部です。
紀元前20年、神殿はヘロデ大王によって完全改築に近い形で大拡張されたといわれます。この「嘆きの壁」は、その当時、神殿を取り巻いていた外壁の西側にあたります。そのため、ユダヤ人は「嘆きの壁」ではなく「西の壁」と呼んでいます。

嘆きの壁でお祈りをする人々。

嘆きの壁の全長は約490mに及びますが、一般には神殿の丘の西側外壁のうち地上に見えている幅約57mの部分のみを指します。この部分は広場に面しており、壁の前が礼拝の場所になっています。

聖墳墓教会

聖墳墓教会

エルサレム旧市街にある聖墳墓教会は、イエスキリストが十字架にかけられて処刑された場所に建つ教会です。ゴルゴタの丘はこの場所にあったとされ、現在はキリスト教の聖地となっています。

埋葬準備の様子を描いた絵画。

教会内部には、イエスが十字架に架けられ処刑された場所やイエスの遺体を埋葬したとされる場所などがあります。 ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)の終着点でもあるこの教会には巡礼者や観光客など訪れる人々が絶えません。

タイトルとURLをコピーしました