未知なる国イランおすすめ都市 ベスト7

モスクの模様を閉じ込めたような美しいミーナー・カーリー。

イランと聞くと危険な国と思う人もいるのではないでしょうか?実際、海外旅行でイランを訪れる日本人は珍しいかもしれません。しかし、イランにはペルシャンブルーの美しい建築物が多く、見所がたくさんあり、人もとてもあたたかく迎えてくれて観光にぴったりの国なんです。歴史ある古代遺跡も残っていますよ。繊細な模様が綺麗なミーナー・カーリーのお皿や布製品、象牙細工などの伝統工芸品やローズウォーターなど、お土産選びも楽しめます。未知の国に一歩踏み出してみませんか?

「世界の半分」と言われるイスファハンは必見

マスジェデ・シェイク・ロトゥフォッラーのドームは内も外も繊細な美しさ。

イスファハン(エスファハーン)は「イランの真珠」と呼ばれるほど美しい街として知られ、イランを訪れるなら外せない場所です。大きな見所は街の中心のエマーム広場。この広場からはアーリー・カープー宮殿、マスジェデ・エマーム、マスジェデ・シェイク・ロトゥフォッラー、ゲイサリーイェ門がぐるりと見渡せ、バザールや職人街が広がっています。広場からの眺めだけでもかなりの見応えがあり、イランに来た事を実感できるでしょう。

チャイハネで水たばこに挑戦してみては?

また、宮殿や寺院はそれぞれ世界遺産に登録されていて、美しいイスラム芸術を堪能することができます。アーチ状のエイヴァーンなどの至る所に、イランらしい青のタイルが使われていて、細かな装飾も綺麗でつい目を奪われてしまいます。ザーヤンデ川にかかる11本の橋を巡ってみるのもおすすめですよ。

みずみずしい花と緑あふれる古都シラーズ

エラム宮殿の噴水。イラン人もたくさん訪れています。

シラーズはバラが美しいことで有名です。特にエラム庭園はバラをはじめ四季折々の花が咲き乱れ、ペルシャ式庭園として世界遺産に登録されています。また、イランの有名な詩人ハーフェズとサアディーの出身地で、文化や芸術の発信地でもあります。彼らの墓は現在も緑豊かで美しく整備されていて、人々の憩いの場になっています。

マスジェデ・ナスィーロル・モルク。ローズモスクとも呼ばれています。

また、シラーズの近年の人気急上昇スポットがマスジェデ・ナスィーロル・モルク、通称ピンクモスクです。午前中に訪れると、ステンドグラスを通して光が差し込み、礼拝堂内がピンクや黄色、青などの鮮やかな色に染まります。中庭側の壁は入り口から奥までアーチ状のステンドグラスが続いているので、この時間は入り口から奥までカラフルな世界が広がって、とても幻想的です。この景色を見に行くなら午前中到着がマストですよ。

大都市ながら観光スポットもある首都テヘラン

ヒジャーブの下では髪を高めに結んでおくとシルエットが綺麗になるそうです。

イラン人女性は黒いチャドルで全身をすっぽり覆っている人が多いですが、首都テヘランではチャドルではなくマントとヒジャーブで、髪も見えていたりと、ラフな感じの女性も目立ちます。テヘラン市内はメトロやバス、路線バスのようなBRT、又はタクシーで移動できます。メトロには女性専用車両もあるので、男性は間違えないように注意しましょう。

ゴレスターン宮殿。こんなにギラギラした部屋もイランならでは。

空港から市内への道中に見える金色のドームは、イスラーム革命の指導者エマーム・ホメイニーの霊廟です。内装は白を基調にした豪華な空間で、今も多くの人が巡礼に訪れていますよ。また、イランは広大な土地に歴史ある遺跡が点在していますが、テヘランのイラン考古学博物館に行けば、それらをまとめてチェックできます。また、キラキラと豪華絢爛なゴレスターン宮殿も見ておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました