【こんな国あります!!世界の秘境】イラン観光ガイド その1

マスジェデエマーム
アミール・チャグマーグのタキイエ<ヤズド>

アミール・チャグマーグのタキイエ<ヤズド>

イランの魅力って何でしょうか?イスラム建築の粋を極めた美しい建造物が並ぶ古都。世界遺産の壮大なロマンを秘めた遺跡。不思議な拝火教の聖地。煌めく色彩が溢れるバザール。黒いチャドルに身を包んだ敬虔なイスラム教徒の女性たち。見るもの聞くものが神秘的な国、それがイランです。異文化の国だからこそ旅するワクワクがいっぱい。でも中近東だから危なそう?いえいえ、そんなことはありません。今回はイランを愛するペンギン2号が未知なる国イランのさまざまな疑問に答え、その魅力に迫ります。その1とその2をご覧ください。

イランってどんな国?

ライトアップされたスィー・オー・セ橋(イスファハン)

ライトアップされたスィー・オー・セ橋(イスファハン)

イランはペルシャ湾とカスピ海に面した大きな国。その国土は日本の4.5倍もあります。人口は8280万人。イランと言えばペルシャ絨毯で知られている通り、民族はペルシャ人。公用語もペルシャ語で、イスラム教の国でもアラビア半島の国々のようにアラビア語を話すわけではないのです。
今更イランとイラクを混同してイラクのように危ない国と思っている人は少ないかもしれませんが、イランへ行くのはちょっと・・・と不安に思っている人はまだまだ多いかと思います。でもそれは「中東は危険」という勝手に作り上げているイメージであって、実際にイランを訪れてみると、人々は親切で親日的で、危険なムードとは無縁なことに驚くはずです。

イスファハンのマスジェデ・エマーム

イスファハンのマスジェデ・エマーム

この国の見どころは計り知れないくらいたくさん存在しています。国中に点在する世界遺産の遺跡や精緻で美しい色彩のペルシャ建築。それは古代の遺跡や古代の聖地、美しき古都など長い歴史を経てきたこの国の宝物です。でもイランの魅力は古いものばかりではありません。現在のイランの町や人々の暮らしも魅力にあふれているのです。活気に満ちたバザールでお土産を探したり、地元の若者たちが集うチャイハネ(喫茶店)でお茶を飲みながら人々と触れ合ったり。普通にお洒落をしているカップルたちに出会うと、厳しい戒律があるはずのイスラム教の国イランへの見方がちょっと変わるはずです。
イランの古代から現代までを知る、新旧入り混じった不思議なイランの魅力を探しに行きませんか?

イランは危ない?

一人歩きが心配なら、これを着てイラン人になれば?

一人歩きが心配なら、これを着てイラン人になれば?

イランは隣国イラクやシリア、イエメンなどとは全く異なり、治安がいい国と言われています。テロが起こるなどの危険性も少ない国です。またヨーロッパの大都市、バルセロナやマドリード、ローマなどの町中よりイランの方が安全だと言えるでしょう。イランは厳格なイスラム教の国なので、その教えに基づいた道徳教育が徹底されているので、旅行者が犯罪に巻き込まれることはほとんどないのです。スリやひったくり、置き引きなどヨーロッパでも危険な要素がたくさんあります。でもイランはその点人々は親切で穏やかで、そうした事件にあったという話も聞きません。特に地元の状況に精通した現地ガイドさんと一緒にいれば、何かと安心でしょう。

土産物屋の人形もイランならでは

土産物屋の人形もイランならでは

ただしどんな国にも悪い人間はいるので、ニセ警官による強盗事件や甘い言葉に乗せられてぼられたりすることがないとは言えません。一人で行動している際は要注意です。またイスラム教の戒律からイランではお酒を飲むことは法律で禁止されています。間違っても日本から持参することはやめた方がいいでしょう。見つかると罰せられることもあるそうです。
また女性の一人歩きは基本的には避けた方が無難です。地元の女性のようなチャドルを身につけて目立たないようにすればまだいいのですが、身体の線が出るような服装で歩いていると、思わぬトラブルに巻き込まれることも。基本は現地ガイドさんに同行してもらって2人以上で行動することがお勧めです。

イランは女性1人旅ができる?

1人旅でもガイドさんに記念写真を撮ってもらえばOK

1人旅でもガイドさんに記念写真を撮ってもらえばOK

イランは宗教上の教えから男性と女性を分ける社会です。それは他の敬虔なイスラム教の国々とも共通するものです。例えば町のレストランへ行く時など、男性だけのセクションと、ファミリーを含む女性だけのセクションに部屋が分かれたりします。公共バスや電車なども男女別になっているようです。(ただし首都テヘランの地下鉄は2両だけが女性専用でその他は男女一緒になっているそうです)

バザールでドレスやスカーフを調達してみては?

バザールでドレスやスカーフを調達してみては?

イランへの旅を計画中の女性のあなた。こういう国へ行きたい友人がいればいいのですが、なかなか一緒に行ってくれる旅の友を見つけることが難しいのでは?
では一人でもイランを旅することができるのでしょうか?答えはイエス。方法は二つあります。一つはツアーに参加すること。でも団体旅行は嫌という場合は、個人旅行で一人から催行するツアーを見つけて、現地では専任のガイドさんに案内してもらうやり方です。観光時はもちろん、フリータイムにも頼んでチップを払えば案内してくれるはずです。どうしても自分一人で町を歩きたいというのなら、2つ目の方法として、服装に注意して、地元の女性のように目立たないようにして歩くことでしょう。夕方以降は一人歩きはしないとか、昼間でも人通りが少ない薄暗い道を歩かないなど、最低限の注意はもちろん必要です。

タイトルとURLをコピーしました