【こんな国あります!!世界の秘境】イスラエル観光ガイド-その2

嘆きの壁
エルサレム旧市街の床屋さん

エルサレム旧市街の床屋さん

中東地域にあり、何度も戦争を繰り返してきたイスラエルとパレスチナ。危険度的には問題が無くても「中東」と聞くだけで「なんだか危なそう」と感じる人もいるでしょう。
しかし実際に訪れてみるとそんな悪いイメージは払拭されるはず。勿論宗教上の対立は未だ続いてはいますが、観光地としてのイスラエルは他に類を見ない特別な場所。イスラム教、キリスト教、ユダヤ教3つの宗教の聖地が集うこの地は旅好きなら是非一度は足を運んでほしい国の一つです。
今回は前回に引き続き、イスラエルという国の魅力についてご紹介していきます。

死海に浮かぶ

死海で浮いてみる!

死海で浮いてみる!

ヨルダンとイスラエルの国境に広がる死海。塩分濃度が高いため身体が沈まず、プカプカと浮かぶことが出来る場所として知っている人も多いでしょう。その塩分濃度は30%にもなり、生き物が生息することは不可能。それゆえ「死の海」という名前がついているのです。
実は死海は海抜-430mという世界で最も低い位置にある湖。それゆえ酸素量も多く、その場所自体がヒーリングスポットとも言われています。きっと死海の周りにいるだけでなんとなく頭がクリアになったような気分を味わえるはず。

泥パックをトライする観光客。角が面白い(笑)

泥パックをトライする観光客。角が面白い(笑)

同じ塩水と言えども海水は「塩化ナトリウム」なのに対して死海は「塩化マグネシウム」。天然のミネラルが豊富に含まれる死海の水は肌に優しく、美容効果もあると言われています。普通に浮かんでその浮遊感を楽しむのは勿論のこと、死海の泥を身体に塗って泥パックを体験するのも死海に訪れる楽しみの一つです。
ただ塩分濃度が高いため顔を浸けるのは厳禁。目や口など粘膜に触れるとヒリヒリしてしまうので身体を浮かせるだけにしておきましょう。

天空の巨大要塞マサダ

荒々しさを感じる岩壁

荒々しさを感じる岩壁

あまりに死海の知名度が高すぎて知らない人も多いと思いますが、死海のほとりには世界遺産にも指定されているマサダと呼ばれる難攻不落の要塞があります。ここは2000年以上前にユダヤ人がローマ軍から逃れるために籠城戦を繰り広げた天然の要塞。高さ400mの山頂をまるで切り拓いたかのようにして広がるのがマサダの遺跡です。「マサダ」とはヘブライ語でそのまま「要塞」の意味。ここではかつて967人のユダヤ人が生活を送っていたそうで、対する1万のローマ軍勢に3年半もの間抵抗し続けていたのだと言います。

まさかこんな山頂に遺跡が残っているとは…

まさかこんな山頂に遺跡が残っているとは…

住居跡やユダヤ教のシナゴーグ跡、大浴場跡など見どころ満載ですが、特に興味深いのがその巨大な貯水槽。雨の降らないこの土地で水を確保するために造られたのがこの貯水槽と水路。なんと4トンもの水を貯めておくことが出来たそうで、古代の人々の知恵には驚かされます。
当時のローマ軍が苦戦を強いられるほど頂上へは険しい道のりが続いていますが、今ではロープウェイもあるので気軽に観光することも可能。頂上からの景色も壮観で、草木の1つも生えていない荒々しい大地に自然の力強さを感じるはず。

ホワイトシティ・テルアビブ

海岸通りは人々の憩いの場

海岸通りは人々の憩いの場

エルサレムが宗教の街とするならば、テルアビブは経済・政治・文化などの国の中枢を担っている街と言えるでしょう。20世紀に出来たばかりの新しい街でありながら各国の大使館や大学など主要な機関が集まるここは、「都会」という言葉が似合う場所。
元々砂丘が広がっていたというテルアビブに人が移り住み始めたのは1909年のこと。ヨーロッパからやって来たユダヤ人60家族が「ユダヤ人の街をつくりたい」とこの地を購入したことが始まり。そのためかテルアビブの街並みは中東とは思えないようなヨーロッパ風の街並みが広がり、今もなお都市開発が盛んに行われています。
また地中海沿いにあるためテルアビブは美しいビーチを堪能できるリゾート地としても知られていて、海岸には高級リゾートホテルが建ち並びます。

ビルが建ち並び完全に都会。

ビルが建ち並び完全に都会。

そんなテルアビブの観光は様々なスタイルが考えられます。リゾートでゆっくり過ごすも良し、絵画や音楽、舞踊などの芸術を楽しむも良し、庶民の台所であるカルメル市場に赴いて現地の人の暮らしに触れてみるのも良し。
また世界遺産にも指定されているホワイトシティも圧巻です。1930年代初頭から1948年にかけて建てられた、文字通り白いビル群はなんと4000棟にもなると言われ、その規模は他に類を見ません。せっかくなら展望台や上空からその景色を見てみたいところ。きっと歩いているよりもその広さを実感して驚かされるはず。テルアビブ観光はそれぞれの好みに合わせたプランを立ててみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました