エジプト最新現地情報|観光地のコロナ対策は?近日完成の博物館って?

ギザのピラミッド観光にはシャトルバスが使われるように

ギザのピラミッド観光にはシャトルバスが使われるように

新型コロナウイルスの影響でなかなか海外旅行に行くことのできない状況が続いていますが、現地が今どうなっているのか気になりますよね。そこで、今回はエジプトにいる現地スタッフから聞いた最新情報をお届けします。まだ実際にエジプトに旅行に行くことができなくても、現地の様子を知る手がかりになればと思います。

サッカラで大量の棺出土!

サッカラにある階段ピラミッド

サッカラにある階段ピラミッド

長らく考古学の発掘調査が行われているエジプトですが、今でもまだまだ新しい発見があるのが面白いところ。最近では2020年11月、サッカラで100基以上の棺が発見されたと発表されました。サッカラはカイロの南部にあり、階段ピラミッドなどの有名なピラミッドもある場所です。ここでは10月にも59基の棺が見つかったばかりでした。

出土品の展示先の一つ、エジプト考古学博物館

出土品の展示先の一つ、エジプト考古学博物館

発見された棺は第26王朝時代のものと推測されていて、黄金のマスクや護符といった埋葬品も一緒に出土しています。保存状態も良く、エジプト観光省は「エジプトで今年最大の発見」としています。これらの木棺はエジプト考古学博物館、大エジプト博物館、文明博物館に分けて展示される予定だそうです。
記者会見の時に、実際に木棺を報道陣の前で開けて見せたそうなのですが、なんだかエジプトらしいですね。今後も新たな発見に期待が高まります。

新しくできるGEMって何?

エジプト考古学博物館にはたくさんの展示品が並びます。

エジプト考古学博物館にはたくさんの展示品が並びます。

エジプトの新たな観光名所GEMをご存知ですか?The Grand Egyptian Museumの略で、新たにオープンする予定の大エジプト博物館を指します。
ギザの有名な3大ピラミッドの近くに建設中で、エジプト考古学博物館の収蔵品を多数展示する予定です。総面積は約48万平米にも及び、世界最大規模と言われています。

考古学博物館に残る予定のトーヤとユーヤの展示物

考古学博物館に残る予定のトーヤとユーヤの展示物

これまでエジプト考古学博物館には溢れんばかりの展示品が所狭しと並べられていて、倉庫のような雰囲気もありました。さらに、建物の老朽化もあり、新たにもっと大きな博物館を作ることになったという訳です。
オープンは2020年の予定でしたが、作業の遅れや新型コロナウイルスの影響で2021年に延期されています。ツタンカーメンの黄金のマスクなど、人気の展示品も展示予定となっているので、オープンしたら注目の観光スポットになりそうですね。

エジプトなのにインド!?不思議な観光スポットが初公開

コロナの騒動の最中、2020年7月の終わりごろにエジプトで初めて一般公開された観光スポットがあります。首都カイロのヘリオポリスにあるバロン宮殿です。
約100年前にベルギーの実業家によって建てられたインド風の宮殿で、当時流行した東洋らしい建築物として話題になり、社交界の中心地となっていました。しかし、所有者の死後、バロン宮殿は荒廃し、廃墟のような状態に。近年になってから建築的な価値が見直され、やっとエジプト政府が修復作業を行って、一般公開に至りました。

巨大ショッピングセンター「シティー・スターズ」も近い

巨大ショッピングセンター「シティー・スターズ」も近い

バロン宮殿のある辺り一帯は高級住宅街や大使館が並び、ヨーロッパ風の建物が多いので、まるでエジプトではない他の国のような雰囲気があります。その中で、さらに異色となるインド風のバロン宮殿。エジプトの観光地なのに古代エジプトでもイスラムでもない、とても不思議な観光体験になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました