失敗しないモロッコツアーの選び方 その1 定番コース&サハラ砂漠に行く場合

メルズーカからサハラ砂漠の真ん中へ


今人気の国モロッコ。見どころが広範囲に及ぶため、ツアー選びも慎重に考えろのがおすすめです。ここではモロッコツアーの定番コースでしかもサハラ砂漠に行きたい人の場合を想定しました。定番はサハラ砂漠、シャウエン、カスバ街道、フェズ、マラケシュの5ヶ所です。この5ヶ所に行けばモロッコの良さを十分に堪能できます。砂漠に行きたくない人や時間のない人は、次の項目失敗しないモロッコツアーの選び方 その2をご覧ください。

モロッコの基本情報

メルズーカよりラクダに乗ってサンセットポイントへ(サハラ砂漠)

モロッコの治安

年間1000万人以上の観光客が訪問する人気の観光地のため、比較的旅がしやすい国です。一番気をつけないといけないのは買い物でのトラブルです。値段交渉はしっかりしましょう。モロッコ商人の口車に乗って高い買い物をして悔しい思いをしないようにしたいものです。悪質な自称ガイドもいてだまされることも多いので、町中でガイドを頼むのは避けた方がいいです。アフリカ大陸では最も安全な国の1つですが、それでも夜間の1人歩きは避けてください。また混雑したスークなどでは、スリにも気をつけましょう。

モロッコの言葉

公用語はアラビア語とベルベル語。フランスの植民地だったこともあり、フランス語は広く通じます。英語はホテル、レストラン、お土産物店などで通じるので不便はありませんが、どこでも通用するわけではないのでそのつもりで。一部のレストランではメニューがフランス語とアラビア語しかない店もあります。

モロッコ旅行のベスト1,2はサハラ砂漠とシャウエン

夕陽に染まるサハラ砂漠にて


モロッコで絶景を求めるならサハラ砂漠と青い町シャウエンははずせません。この2ヶ所は別の方向にあるので、他の町とともに周遊するのに最低8日は必要です。モデルルートとして、日本→機中泊→カサブランカ→シャウエン1泊→フェズ1泊→サハラ砂漠1泊→カスバ街道→ワルザザート1泊→マラケシュ1泊→機中泊→日本が考えられます。8日間は最低必要日数なのですがかなりハードスケジュールになります。できればもう1日か2日延泊をし、9日間か10日間がおすすめです。

青い街シャウエン


せっかくサハラ砂漠まで行くので砂漠でキャンプをしたいものです。2019年サハラ砂漠の奥地でのキャンプが環境保全のため全面禁止になりました。今キャンプできるのは砂漠の入り口メルズーカ近くでのキャンプになりますが、それでもキャンプはおすすめです。ラクダに乗って砂丘を散歩し、夕陽も鑑賞というプログラムが入っているコースを選んでください。翌日は朝早く起きて砂丘の日の出を楽しむのもマストです。団体ツアーの一部にはサハラ砂漠やメルズーカに宿泊せずに近くの町エルフードに宿泊するコースもありますが、エルフードは砂漠の町ではなく、魅力は半減しますので、そのようなコースを選ばない方がベターです。

フェズのりヤドの一例


モロッコには伝統的に邸宅ホテル、リヤドがあります。手の込んだ装飾と圧倒的な色彩感覚は圧巻です。リヤドはマラケッシュやフェズに多くあるので、モロッコ旅行中は一度は体験したいものです。リヤドに滞在のツアーも用意している旅行会社のコースを選ぶのもいいです。またもしお気に入りのリヤドがある場合、そのリヤド滞在にアレンジしてくれるツアー会社もあるので相談してみては。

 

ペンギン案内人7号/川崎 真弘

タイトルとURLをコピーしました