失敗しないハンガリーツアーの選び方 おすすめ観光旅行の秘訣

エステルゴムの大聖堂からドナウ川を望む

エステルゴムの大聖堂からドナウ川を望む

ヨーロッパのほぼ中央に位置するハンガリー。ドナウの女王、ドナウの真珠と讃えられるブダペストを中心に見どころの多い国です。ハンガリーはアジア系のマジャール人の国です。アジア系といっても他の東欧の国の人との違いが見つけにくいですが、言葉も周辺のスラブ系言語と全く違います。ハンガリー人は発明が得意なことで知られています。ボールペン、ルービック・キューブ、ホログラフィーの発明者もハンガリー人なのです。そんな他とは違うハンガリーを一緒に旅してみませんか?

ハンガリーの魅力5つのキーワードとは・・・?

ドナウ川と国会議事堂(ブダペスト)

ドナウ川と国会議事堂(ブダペスト)

ずばり、キーワードの1つめは「ドナウ川」です。ドナウ川はオーストリア、ハンガリー、スロバキア、ルーマニアなどヨーロッパ10カ国を流れる国際河川ですが、その流域国の中で一番ドナウのみどころが多いのはハンガリーでしょう。ドナウの女王、ドナウの真珠と讃えられる首都ブダペストはもちろん、ドナウ川が突如として進路を変える「ドナウベント」も必見です。悠久のドナウの流れの眺望だけでなく、古い歴史を持った町や聖地もあるのです。2つめは「温泉」です。ハンガリーには個性あふれる温泉が数多くあり、日本人にとっては親密感が持てます。

ハンガリー料理のチャンピオン・グヤーシュスープ

ハンガリー料理のチャンピオン・グヤーシュスープ

3つめは「グルメとワイン」です。ハンガリーは東欧有数のグルメ大国。ファアグラ生産量は世界一。誰もが知るグヤーシュスープはハンガリー内はもちろん、世界中に広まっている料理です。また、世界3大貴腐ワインのトカイワインは世界遺産に指定されている他、エゲルやバラトン湖周辺もワインの産地として有名です。4つめは「伝統的な暮らし」です。ハンガリーはアジア系のマジャール人がメインの民族。見た目は他のヨーロッパ人と変わりませんが、騎馬民族の血筋を誇っています。そんな暮らしの分かる場所が中央ヨーロッパ最大の大平原ホルトバージです。ここの牧場ではハンガリー原産の珍しい家畜や馬術ショーが見られ、伝統文化に接することができます。また、美しい村ホッローケー(ホッロークー)ではバローツ様式の伝統家屋が保存され、こちらも世界遺産に指定されています。5つめは「手工芸品」です。ヘレンドなどの陶器、カロチャ刺繍などハンガリーを代表する伝統工芸も大切なキーワードです。

定番は東欧3カ国周遊です

漁夫の砦(ブダペスト)

漁夫の砦(ブダペスト)

ハンガリーツアーは1カ国訪問ではなく、他の国とのコンビネーションの方が人気があります。中でも定番中の定番がチェコ、オーストリアとの3国周遊です。
★日本→プラハ2泊→ウィーン2泊→ブダペスト2泊→機中泊→日本
このコースは永遠のベストセラーです。東欧周遊で申し分のないコースですが、これをベースに多少アレンジするのもいいでしょう。
★日本→プラハ3泊→ブダペスト3泊→機中泊→日本
これは、チェコ、ハンガリーをじっくり周遊するパターン。2国に絞るのも悪くありません。

ハンガリー国立歌劇場

ハンガリー国立歌劇場

また、ポーランドとの組み合わせも考えられます。
★日本→ブダペスト2泊→クラクフ2泊→ワルシャワ1泊→機中泊→日本
ポーランド、ハンガリーの2国周遊なら、上記のルートが基本パターンです。
★日本→ブダペスト2泊→クラクフ2泊→車中泊→プラハ2泊→機中泊→日本
ハンガリー、ポーランド、チェコの3国周遊も最近地味にですが人気が拡大しています。こちらの日程は意外と変化に富んでいて、ハンガリー、オーストリア、チェコの3国周遊より、インパクトがあります。ただし、ブダペストから、クラクフ間。クラクフからプラハ間の列車の移動時間が長いのが難点。それを考慮してもおすすめの日程ではあります。

ブダペスト2泊で、できることは?

聖イシュットヴァーン大聖堂(ブダペスト)

聖イシュットヴァーン大聖堂(ブダペスト)

東欧周遊で、ハンガリーに滞在できる時間はだいたい2泊くらいが主流です。ブダペスト2泊で楽しめることは何なのでしょうか?
ドナウ川を挟んだブダ地区とペスト地区。ブダペストはこの2つの町から成り立っています。必見箇所はブダ側が王宮、漁夫の砦、マーチャーシュ教会です。王宮の丘からのドナウ川の眺望は最大のみどころといってもいいかと思います。ペスト側が国会議事堂、聖イシュットヴァーン大聖堂、中央市場、ヴァーツィ通りなど。また、ブダとペストを結ぶ、くさり橋も訪問してください。観光をこれだけするとほぼ1日がかりとなります。

カフェ・ジェルボーでは食事も取れます(ブダペスト)

カフェ・ジェルボーでは食事も取れます(ブダペスト)

夜は美食の国、ハンガリーを体験するため、ハンガリー料理のディナーを。もちろんワインはハンガリー・ワインをトライしてください。また、夕食の機会は2回ありますが、うち1回はドナウ川ディナークルーズもおすすめです。くさり橋、王宮、国会議事堂がライトアップされ、ロマンチックなひとときを体験できます。
またハンガリーはスィーツがおいしい国です。ウィーンにも負けていません。ウィーン同様カフェの文化が花を開いているので、カフェ巡りをし、スィーツを堪能してください。19世紀の雰囲気が残るカフェ・ジェルボーは特におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました