首都バクーだけじゃない!未知の国アゼルバイジャンの見どころを深掘りレポート!

古代人が描いた岩絵 ゴブスタン遺跡

古代人が描いた岩絵 ゴブスタン遺跡

コーカサス地方の国3ヵ国(アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア)の中でも石油やガスなどの豊かな天然資源のオイルマネーによって第2のドバイとも言われるアゼルバイジャン、1991年にソ連(現ロシア)から独立した国の為まだ少し日本にはなじみが無い国かもしれませんが、実は旅好きにはたまらない穴場の旅行先です。この国を訪問すれば通な旅行人になること間違いありません!?今回はより深堀をして首都バクー以外の見どころを紹介していきたいと思います。

古代人が描いた岩絵 /ゴブスタン

ゴブスタン遺跡(壁画)祭りの様子だろうか?想像するのも楽しみの1つです

ゴブスタン遺跡(壁画)祭りの様子だろうか?想像するのも楽しみの1つです

首都バクーから車で約1時間、カスピ海を望む丘の上に広がるゴブスタン遺跡は石器時代からの遺跡群で、古代の人が描いた岩画が約6000点も発見されています。1番の魅力は保存状態の良さで、5千年から2万年前にさかのぼるという長い時代を経過したにもかかわらず、非常にくっきりとした形でその壁画を確認することができます。2007年には「コブスタンの岩絵の文化的景観」として世界文化遺産に登録されました。

ゴブスタン遺跡 こんなに古い壁画はなかなかお目にかかれません

ゴブスタン遺跡 こんなに古い壁画はなかなかお目にかかれません

切り立った崖、洞窟の中、岩肌に描かれている人間や動物の姿は、まるで古代人から語りかけられたメッセージのようです。インドやネパール、スリランカ、カンボジアなど岩に描かれた壁画は沢山の場所でみることはできますが、このゴブスタンはその中でもとびきり、訴えかけてくるモノが大きく感じます。地球上にいるのに不思議と宇宙にいるような錯覚を覚える場所です。

燃える丘、吹き出す天然の炎 /ヤナルダグ

天然ガスが燃え続ける ヤナル・ダグにて<バクー郊外>

天然ガスが燃え続ける ヤナル・ダグにて<バクー郊外>

アゼルバイジャンは別名オドラル・ユルドゥ(火の国)とも言われており、オイルマネーで豊かに発展しているバクー市内を離れるとすぐに、油田群が沢山あり、原油を採掘する為の井戸である油井(ゆせい)を沢山みかけます。より豊かな資源を感じる事ができる観光地ヤナルダグは、バクー郊外の地中から噴出した天然ガスが自然発火し、2000年以上?燃え続けているといわれる丘です。観客席のある野外劇場や、博物館、カフェなども併設した施設もあり、見学しやすく整備されています。

炎に近づくと熱気がもの凄い ヤナル・ダグにて<バクー郊外>

炎に近づくと熱気がもの凄い ヤナル・ダグにて<バクー郊外>

日本だとケガの恐れを考慮してテープや柵などが張られていそうな、ちょっと危険な観光地も、海外だと驚くほどオープンに開放されていたりするもの。思いっきり触れたり近づいたりできるのは海外観光の大きな魅力です。実際ヤナル・ダグの岩肌の炎に近づくともの凄い火の熱量を感じます。自己責任になるので、近づきすぎには十分気を付けながら熱さを是非体感してみて下さい。

拝火教(ゾロアスター教)寺院 /バクー郊外

油田採掘地帯に今はぽつんと佇む拝火教寺院<バクー郊外>

油田採掘地帯に今はぽつんと佇む拝火教寺院<バクー郊外>

拝火教(ゾロアスター教)は古代ペルシャを中心に広まった、火を崇拝する宗教です。個人的には20年近く前にイランのヤズドにて拝火教がかつて鳥葬を行っていた沈黙の塔を訪問した後、体調が悪くなり、死者のたたりかもしれないと震えあがった思い出深い宗教です。バクーの郊外を車で約30分行った先にひっそりと佇む拝火教寺院は、かつてはシルクロードを行き交う信者が拠り所として立ち寄った巡礼の場所でした。

永遠の炎 拝火教寺院<バクー郊外>

永遠の炎 拝火教寺院<バクー郊外>

寺院の真ん中には天然ガスの自然発火によって燃え続ける「永遠の炎」があり、その周りを僧坊、宿坊などが取り囲んでいます。石油発掘が盛んになるにつれて永遠の炎も衰えてきていると言われていますが、静かに揺れ動きながら今なお燃え続ける炎を眺めていると歴史のロマンを感じずにいられません。静寂の中、シルクロードを歩いた旅人に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました