【こんな国あります!!世界の秘境】キプロス&北キプロス観光ガイド

滞在中お世話になったガイドさんとその息子さん。

滞在中お世話になったガイドさんとその息子さん。

キプロスと北キプロス。同じ島にあるのにもかかわらず、何故か名前を変え分裂してしまったこの2国。日本人にはあまり馴染みのない国なので、そもそもどこにある国なの?と思われる方も多いでしょう。
しかしキプロスはあのギリシャ神話で有名なヴィーナスが誕生した地であり、考古学上で重要な遺跡が数多く発見される非常に興味深い国なのです。
今回は実際に訪れた経験をもとに、キプロスと北キプロスの両国についてご紹介していければと思います。

キプロス&北キプロスってどんな国?

真っ青な地中海が美しいキプロス。

真っ青な地中海が美しいキプロス。

地中海に浮かぶキプロス島。四国の半分ほどの面積を持つこの島ですが、北と南で全く違う国であることをご存知でしょうか。そもそも何故「キプロス」と「北キプロス」で分けてお話しているかというと、この2つが“一応は”違う国とされているからです。
なんだか煮え切らない文ですがそれもそのはず。実は北キプロスを国として認めているのはトルコのみ。トルコの後ろ盾でキプロス島の北半分を「北キプロス・トルコ共和国」として独立をさせた北キプロスですが、結局今でもトルコ以外からの国家承認は得られないまま。しかしながら、キプロスからの実効支配は受けていないという何とも微妙な立ち位置にある国なのです。

無形世界遺産・伝統レース刺繍で有名なレフカラ村

無形世界遺産・伝統レース刺繍で有名なレフカラ村

かつては内戦をしていたという両国ですが今ではそれも無くなり行き来も自由にできます。町全体が世界遺産のパフォスや、キプロス第2の都市でワインの生産地として有名なリマソル、世界遺産のキッコー修道院、地中海を臨むビーチリゾートなど、さまざまな魅力を併せ持つ両国。未知の国キプロス&北キプロスは観光資源の宝庫とも言える国なのです!

キプロスと北キプロスって何が違うの?

南キプロスはギリシャ系なのでギリシャ正教!

南キプロスはギリシャ系なのでギリシャ正教!

先述した通り同じ島にあっても全く別の国であるキプロス&北キプロス。では具体的に何が違うのかというと、両国の辿ってきた歴史に関係があります。
そもそもギリシャ系の国民が多く住んでいたこの島。1571年にオスマン帝国がこの地を支配したことがきっかけでキプロスの歩む道は大きく変わることになります。特に帝国の影響が大きかった北では多くのトルコ人が流入。教会を壊してそこに新たにモスクを造るなどの行為が繰り返されました。

北キプロスには陽気なトルコアイス売りのおじさんも!

北キプロスには陽気なトルコアイス売りのおじさんも!

キプロス紛争以降、北キプロスにはトルコ系住民が、キプロスにはギリシャ系の住民がわかれて暮らしているのです。人種が違えば環境も違うのは当然。キプロスがギリシャ正教でユーロを使用するのに対して、北キプロスではイスラム教が信仰され、主な通貨はトルコリラとなっています。物価もユーロを使うキプロスのほうが高く、同じ島にありながら食文化にも差が見られるのが非常に興味深いところでしょう。
せっかくキプロス島に訪れるなら両国を巡ってその違いを楽しむのがオススメです。

世界唯一の分断都市ニコシア(レフコシア)

キプロス考古学博物館も必見です。

キプロス考古学博物館も必見です。

今でこそ互いに平和を望み落ち着きを見せている両国の関係ですが、かつては幾度となくギリシャ系住民とトルコ系住民の間で紛争が起きていました。
その象徴ともいえるのがグリーンラインの存在です。キプロス島を南北に分断するこの停戦ラインは、1955年から続くキプロス紛争を抑え込むためつくられた折衷案。今でもその国境にはコンクリートの壁や有刺鉄線、監視塔などが置かれ、自由に出入りすることはできません。

セリミエ・モスク。見た目は完全に教会ですが・・・?

セリミエ・モスク。見た目は完全に教会ですが・・・?

ニコシアはそんなグリーンラインによって隔てられた分断都市。しかも両国とも首都をこの場所に置いており、複数の国が同じ都市を首都としているのは世界でもここだけの事なのです。
そんなニコシアは両国の歴史を知るのに最適な街。特に北キプロス側にあるセリミエ・モスクはオスマン帝国時代の支配を如実に伝えるユニークな建物で、一見の価値ありです。なんとここ元々は聖ソフィア大聖堂と呼ばれていたキリスト教会。大抵の教会は破壊されモスクへと建て替えられたものの、資金不足のため、この建物は外観をそのままに中身だけモスク仕様へと改装した、なんとも不思議な建物なのです。モスクなので中に入る時は勿論土足厳禁。教会のなかに絨毯が敷かれている様子はなんとも面白い光景です。

タイトルとURLをコピーしました