ノイシュヴァンシュタイン城の観光が120%楽しめる方法

青空に映える白亜の城

青空に映える白亜の城

シンデレラ城のモデルとなったお城として有名なノイシュヴァンシュタイン城。女子なら一度は訪れてみたい憧れのお城ではないでしょうか。
緑の森に佇む白く美しいその姿はおとぎ話に出てくるお城そのものです。ノイシュヴァンシュタイン城の美しさはヨーロッパ随一と言ってもよいかと思います。じつはその美しさには秘密があったのです・・・
今回はノイシュヴァンシュタイン城をめいいっぱい余すとこなく楽しむ方法とお城の美しさの秘密についてご案内します。

未完の城「ノイシュヴァンシュタイン城」の歴史

とっても大きなお城の入り口!

とっても大きなお城の入り口!

1868年第4代バイエルン国王であるルードヴィッヒ2世が23歳のときに、フランスのヴェルサイユ宮殿を見て、ドイツにも同じように「夢の城」を築くことを決意し、このお城の歴史は始まりました。
ルートヴィヒ2世は幼い頃から神話や伝説、中世ヨーロッパの物語を好んでおり、憧れている中世の世界を再現すべく、ノイシュヴァンシュタイン城の建築に挑んだのです。
彼は病的なまでにお城の美しさにこだわりました。建築家ではなく画家にデザインを頼んだことからも、お城としての機能性よりも、見た目をとことん追求したことが窺えます。

展望広場から見たノイシュヴァンシュタイン城

展望広場から見たノイシュヴァンシュタイン城

ルートヴィヒ2世は、城の建築に国の財政が破綻するほどの巨額の富を投じるあまり、家臣たちにその王位を廃位させられてしまいました。その翌日、ルートヴィヒ2世は謎の死を遂げます。彼の死とともにノイシュヴァンシュタイン城の建設は中止され、この城は未完の城となりました。
1部の部屋の内装は未完のままとなり、礼拝堂やいくつかの塔の建設も彼の計画にはありましたが、彼の死後着工されることはありませんでした。そのため今もなお未完の状態なのです。

どこに宿泊する?? お城観光に便利な都市とは

城を見上げるホテル ヴィラ・ルートヴィヒ

城を見上げるホテル ヴィラ・ルートヴィヒ

ノイシュヴァンシュタイン城へミュンヘンから行く場合は、最寄り都市となるフュッセンまで電車で行き(約2時間半)、そこからバスでノイシュヴァンシュタイン城の麓の町ホーエンシュヴァンガウまで向かいます。バスの所要時間は10分ほどですが、どんなにがんばってもミュンヘンから行く場合、お城に到着するのは昼頃になってしまいます。
フュッセンに宿泊するのも一つの手段ですが、バスのスケジュールの都合で、朝早くや、夜遅くまでホーエンシュヴァンガウに滞在することができません。

ロマンティックな雰囲気のホテル・ミュラーのレストラン

ロマンティックな雰囲気のホテル・ミュラーのレストラン

そこでおすすめなのが、ホーエンシュヴァンガウに宿泊する方法です。
ホーエンシュヴァンガウはとても小さな町ですが、ホテルがいくつかあります。私が以前宿泊したヴィラ・ルートヴィヒ ホテル は、小さなホテルですが全室スイートのゆったりしたお部屋で、ほとんどの部屋からお城が見えます。
ホーエンシュヴァンガウに宿泊すれば、朝一にお城観光に行けますし、夕日に照らされたお城やライトアップされたお城など・・これでもかっ!というほどお城を堪能できちゃいます。

お城を独り占め!?おすすめの時間帯

多くの人でにぎわうホーエンシュヴァンガウ

多くの人でにぎわうホーエンシュヴァンガウ

ドイツで一番人気の観光地であるノイシュヴァンシュタイン城は、一年中混み合っています。特に午後は日帰りの観光客や周辺の都市に宿泊していた団体客であふれています。
フォトスポットであるマリエン橋も写真を撮る観光客で渋滞します。

ノイシュヴァンシュタイン城の内部は30分のツアーでのみ見学ができます。事前に公式ホームページからインターネットなどでチケットの予約が必要です。予約できるのは、英語かドイツ語のツアーのみとなりますが、日本語のオーディオガイドもあるので、チケット購入の際にリクエストするのがおすすめです。

かわいいお土産屋さんがたくさんあってワクワク♪

かわいいお土産屋さんがたくさんあってワクワク♪

チケットの事前予約ができなかった場合は、当日受付窓口で予約しなければなりませんが、長蛇の列になっています。
ゆっくり観光をしたいのであれば、午前中とくに朝一に行くのがおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました