知らなかった、こんなチェコ。 ~モラヴィア地方の美しく小さな町巡り~

チェコはプラハだけではない!小さな町にも魅力たっぷり。

チェコはプラハだけではない!小さな町にも魅力たっぷり。

チェコ共和国は大きく分けてふたつのエリアに分かれます。プラハを中心とした西側は「ボヘミア地方」、ブルノを中心とした東側は「モラヴィア地方」と呼ばれます。あまり日本人には知られていない東側のモラヴィア地方にはかつて9~10世紀に西スラブ人の国「大モラヴィア王国」が栄え、中世の雰囲気を今なお纏う町々があります。チェコに来てプラハだけ見て終わりなんて勿体無い。プラハから列車でも行けるモラヴィアの町にも是非足をのばしてみてください。

モラヴィアの中心の町「ブルノ」

路面電車の走るブルノの街並み

路面電車の走るブルノの街並み

チェコ東南モラヴィア地方中心の町ブルノは、9~10世紀に大モラヴィア王国の都市として栄え多くの文化遺産が残る町。旧市街の自由広場を中心に聖ヤコブ教会、聖ペテロ聖パウロ大聖堂など荘厳な中世の建築物が建ち並びます。プラハからは鉄道で約2時間半、旧市街だけの観光であれば1日で十分なサイズの町ですが、近郊には世界遺産ゼレナー・ホラやレドニツェ城などもあり宿泊するのもおすすめです。

聖ヤコブ教会の地下納骨堂への入口

聖ヤコブ教会の地下納骨堂への入口

ブルノでもう一つ興味深いものとして話題を呼んでいるのが「アンダーグラウンド」。町の下には中世からの避難用トンネルや地下施設が巡らされています。当時食品保存の必要性から地下空間が作られ、それが青果市場下に残されていたり、戦争やペストなどで亡くなった約5万人の骨が埋葬される聖ヤコブ教会の地下納骨堂など、他の町では見る事が出来ない地下空間です。

世界遺産や文化財も豊富な「オロモウツ」

ホルニー広場にそびえる聖三位一体柱

ホルニー広場にそびえる聖三位一体柱

チェコで文化財保有数がプラハに次いで第2位の町オロモウツ。旧市街にはロマネスク様式をはじめ、ゴシック、ルネッサンス、バロックなど様々な様式の建物を見ることが出来、中世の栄華を偲ばせます。ホルニー広場には装飾も美しい市庁舎や教会、世界遺産に登録されている聖三位一体柱など美しい景観が楽しめます。この広場で行われるクリスマーケットはチェコでナンバー1とも言われる美しさです。

オロモウツ名物のチーズデザートとビール width=

オロモウツに来たら外せないのがチーズ料理!オロモウツのロシュチツェ地方で作られたチーズのみが名乗れる「オロモウツ・トゥバルシュキー」。独特な香りと濃厚で美味しいチーズは、ビールとの相性が最高です。そのままでも美味しいですが、レストランなどではフライやグリル料理でも食べれるのでいろいろな味を楽しんでみてください。

中世ボヘミア王国の重要都市「リトミシェル」

可愛い家々に囲まれたスメタナ広場

可愛い家々に囲まれたスメタナ広場

「懐かしき河よ、モルダウの~」と日本語歌詞も有名なチェコを代表する作曲家スメタナの故郷リトミシェルは、中世に交易路上として発展した都市のひとつです。徒歩圏内で回れる小さな町で、ブルノからも日帰りが可能です。可愛らしい家々が囲むスメタナ広場では初夏の5月に美食フィスティバルが行われ、ビールと美食で盛り上がります。プラハからは列車を乗継いだりと不便なので専用車を利用するのもおすすめです。

スグラフィット装飾の美しいリトミシェル城

スグラフィット装飾の美しいリトミシェル城

この町で必ず訪れたいのが世界遺産リトミシェル城。16世紀に建てられた当時の領主ヴラチスラフ・ス・ペルンシュテインの宮殿で、ルネサンス建築の傑作としても名高い建造物のひとつです。約8,000のズグラフィット装飾が施された外壁は当時では珍しく、今でも目を惹かれる美しさ。城内はガイドツアーで見学が可能、美しいダイニングや書斎など、当時の生活が伺えます。

タイトルとURLをコピーしました