旅好き女子がフィンランドに恋する7つの理由

ムーミンの故郷、フィンランド!

ムーミンの故郷、フィンランド!

皆さんはフィンランドにどんなイメージを持っていますか?サンタクロース、自然、サウナ…、日常に忙しい私たちが今だからこそ大切にしたい、森や自然の中で過ごすこと、自分の身体の声に耳を傾けること、美味しい料理を食べること、自分の「好き」に囲まれて過ごすこと、それらを思い出させてくれるのがフィンランドという国です。私も実際にフィンランドを訪れ、実際に過ごし、魅了された人のひとりです。今回はフィンランドで特に経験したい7つのことをご紹介します。

ハイキングで自然に癒されよう

美しい森と湖が佇むヌークシオ国立公園

美しい森と湖が佇むヌークシオ国立公園

フィンランドは、陸地の約70%が森に覆われており、地元の人々は森と共に生きています。彼らにとって森や湖などの自然の中で過ごすことは生活の一部であり、やすらぎや心地良い空間をもたらしてくれる場所でもあります。

オウランカ国立公園でハイキング

オウランカ国立公園でハイキング

フィンランドには40の国立公園があります。どの公園も豊かな緑が美しく、これぞフィンランド、という風景が広がります。ヘルシンキからアクセスできる「ヌークシオ国立公園」には約2~7km程の気軽に楽しめるコースや湖沼を巡るコースなど3種類のハイキングコースがあります。また、ラップランドの「オウランカ国立公園」はフィンランドで1番人気のハイキングコースです。時期が合えばハイキング中にベリーやキノコ狩りを楽しむことができます。

発祥の地でサウナを体験しよう

イロランタのサウナ

イロランタのサウナ

日本でも「ととのう」などのワードをよく耳にするほどブーム到来中のサウナですが、実はフィンランドが発祥の地ということを皆さんご存知でしょうか?もともとsaunaはフィンランド語で、何世紀にも渡って続く大切な文化のひとつであり、まさしく身体と心を整えるために欠かせない存在です。フィンランドの人々にとってサウナはリラクゼーションであると同時に、大切な団らんの場。家族、友人はもちろんその場に居合わせた人とも会話を楽しむこともあるのだとか。

サウナの後は目の前の湖へダイブ

サウナの後は目の前の湖へダイブ

サウナにもさまざまな種類があります。その中のひとつ「スモークサウナ」は煙突がないのが特徴の、昔から続く伝統的なサウナです。大きなストーブで薪を燃やしサウナ室を温めていきます。温まったら煙を外に出し、ストーブに残る熱でサウナを楽しみます。

やっぱり!オーロラを観に行こう

息をのむ美しさとはこのこと。

息をのむ美しさとはこのこと。

フィンランドのイメージと言えば、サンタクロース、ムーミン、サウナ…など様々ありますが「オーロラ」もまさにそのひとつ!オーロラを観る体験は一生忘れられない出来事となるでしょう。

レヴィでのオーロラ鑑賞クルーズ

レヴィでのオーロラ鑑賞クルーズ

フィンランドでオーロラを観るならラップランド地方へ行きましょう。ロヴァニエミはオーロラ観測に最適なエリアで、かつサンタクロース村などの観光やアクティビティも充実しています。サーリセルカはフィンランド最北の通年型リゾート地。明かりが少ないので街中からオーロラが観られるチャンスもあります。また、穴場を狙うならルカ。北極圏ではありませんが、オーロラが発生するオーロラ・オーバルと呼ばれる帯の下にあり、宿泊客の多くが現地の人々なのでよりローカルな雰囲気を味わえます。

ヘルシンキの街を歩こう

ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大聖堂

首都ヘルシンキは緑あふれるコンパクトな街で、観光のメインはヘルシンキ中央駅周辺から港までのエリアです。北欧建築、デザイン好きにはたまらない見どころが目白押し。ヘルシンキのランドマーク「ヘルシンキ大聖堂」は5つのドームを持つルーテル派の総本山で、意外とシンプルな内装も必見です。

シベリウス公園

シベリウス公園

岩をくりぬいて造られた、別名ロックチャーチと呼ばれる「テンペリアウキオ教会」はとってもユニークなデザインの教会。教会の壁には自然のままの岩が利用されています。外観も教会とは思えないスタイリッシュさです。また、ヘルシンキではマーケット巡りも楽しみのひとつです。屋台やカフェで食事をしたり、ベリーの盛り合わせを食べ歩いたり、おみやげを探したり…、楽しみ方は千差万別です。

フィンランド料理を味わおう

日本人の口にも合うフィンランド料理

日本人の口にも合うフィンランド料理

フィンランド料理と聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、馴染みのある食材から、フィンランドじゃないと食べられないかも!?しれない組み合わせまでさまざまです。素朴な味わいは日本人の口にもぴったりです。

フィンランド定番の魚、サーモン

フィンランド定番の魚、サーモン

ミートボールはフィンランドの家庭料理の代表格。クリーミーソースとジャガイモと一緒に食べるのが定番です。また、トナカイ料理も一般的に食べられています。肉料理にはベリーソースをかけるのがフィンランド流。甘酸っぱいソースは意外と相性が良く、癖になるテイストです。北欧定番の魚といえばサーモンやニシン。香り付けのため、魚料理の多くにはディルというハーブが添えられています。

北欧デザインのショッピングを楽しもう

フィンランド定番といえばマリメッコ!

フィンランド定番といえばマリメッコ!

フィンランドを訪れたらしたいことのひとつが北欧デザインもののショッピング。ショップを巡っているだけで楽しい気分になりますよね。その中でもフィンランドの定番ブランドといえばマリメッコ!日本でもこの花柄模様を一度は目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ヘルシンキからはマリメッコ本社へアクセス可能です。本社では本社内のショップやアウトレットでショッピングしたり、社員食堂でランチをしたり、マリメッコな1日を満喫しましょう。

フィンランドで買ったおみやげ達

フィンランドで買ったおみやげ達

他にもフィンランドでは、食器で有名なイッタラやアラビア、ムーミングッズなど女子のハートをくすぐるデザイン雑貨がたくさん!雑貨屋さん巡りなど、まるまる1日ショッピングデーにしても足りないくらいかもしれません。

自分にあったステイホテルをみつけよう

エコでシンプルなつくりのホテルが多い

エコでシンプルなつくりのホテルが多い

フィンランドには通常のホテル以外に様々なタイプの宿泊施設があります。北欧インテリアにこだわったホテルや、キッチン付き、オーロラ鑑賞に適した施設など、目的にあわせてホテルも選びたいところです。その中でもアパートメントタイプのホテルはその名の通り、内部はアパートのようでキッチンも付いている、まるで暮らしているような感覚で宿泊できるホテルです。長期滞在や時間に左右されずのんびり過ごしたい方には特におすすめです。

オーロラ目的ならガラスイグルーも考えたい

オーロラ目的ならガラスイグルーも考えたい

また、オーロラを主な目的にフィンランドへ行く方におすすめしたいのがガラスイグルーです。上の写真のように壁が一面ガラスになっているので、室内でのんびりしながらオーロラを観察できます。輝くオーロラの下で眠りに付く、こんな体験はまさに一生に一度あるかないかでしょう。

 

ペンギン案内人17号/若狭 由希

タイトルとURLをコピーしました