イギリスのハリーポッターのロケ地巡り!オススメ10選!②

子供も大人も憧れる魔法の世界!ハリーポッターは私たちの永遠のヒーローですね。

子供も大人も憧れる魔法の世界!ハリーポッターは私たちの永遠のヒーローですね。

イギリスと聞いて何を想像しますか?ビッグ・ベン?大英博物館?私は真っ先にハリーポッターです!ここイギリスには、映画ハリーポッターシリーズのロケ地が山ほど眠っています。ファンなら行かない訳には行かないですよね~。。そんな数多くのロケ地の中で、今回は、私のオススメを①で5つ、②で残りの5つ、ご紹介したいと思います!基本的にイギリス南部で8つほど行けますが、残りの2つは北部なので、時間に余裕があれば訪れてみて下さいね!では、ハリーポッターの世界へ~!

レイコック(コッツウォルズ)

ホグワーツの生徒になった気持ちで歩いてみましょう!

ホグワーツの生徒になった気持ちで歩いてみましょう!

まるで海外の絵本の世界のような雰囲気を持つ、コッツウォルズにあるレイコック村。この村にはハリーポッターの映画のロケ地がいくつか存在します。そんなレイコックの中でも外せないのが、レイコックアビー!中でも一番の見所は回廊です。この回廊は、ハリーをはじめホグワーツの生徒たちが歩くシーンで何度も使われています。また、回廊の周りには部屋がいくつかあり、それらもホグワーツの教室として使われていました!クレル先生が闇の魔術・防衛術を教えていた部屋もここにあるのです。

聖シリアク教会。ハリーの両親の墓はこの教会の墓地にあるという設定だとか。

聖シリアク教会。ハリーの両親の墓はこの教会の墓地にあるという設定だとか。

他にも「ゴドリックの谷の教会」として登場した聖シリアク教会や、ハリーが生まれ、ハリーの両親がヴォルデモート卿に殺された家など、ハリーポッターファンにはたまらない見所がたくさん!まさに聖地と言える場所です!是非街の中を歩いて、ハリーポッター気分を味わってみて下さい!

グロスター大聖堂(コッツウォルズ)

晴れた日の大聖堂の美しさは圧倒的。

晴れた日の大聖堂の美しさは圧倒的。

コッツウォルズ地方西部のグロスターにあるこちらの大聖堂も、ハリーポッターファンなら必見の聖地!こちらの大聖堂の中のステンドグラスの綺麗な回廊も、ホグワーツの廊下として度々登場します。映画で出てくる回廊での特に印象的なシーンは2つ!一つ目は「ハリーポッターと賢者の石」のトロールの徘徊シーンです。トロールがハーマイオニーのいる女子トイレの方へ向かうシーンは非常に怖かったですよね…。2つ目は「ハリーポッターと秘密の部屋」。廊下の壁に血の文字で『秘密の部屋は開かれたり。継承者の敵は気をつけよ。』と書かれているシーンです!

扇形天井がとても美しいです!

扇形天井がとても美しいです!

純粋な回廊の美しさに加え、さらにハリーポッターの映画で使われたという事実が、この回廊の魅力を倍増させているように感じました。回廊だけでなく、大聖堂の内部は美しい見所が他にも数多くありますので、時間の許す限りじっくり楽しんでみて下さいね!

セブン・シスターズ

ビーチ・ヘッド。個人的にここからの景色がベスポジ!

ビーチ・ヘッド。個人的にここからの景色がベスポジ!

イギリス南部にあるセブン・シスターズ。ここではチョークの原料である白亜でできた絶壁があり、非常に美しい景色を見ることができます。意外と知らない人も多いかもしれませんが、こちらもハリーポッターのロケ地だって知ってました??実はこちら、「ハリーポッターと炎のゴブレット」のクィディッチの世界大会が行われた場所なんです!映画のシーンをもう一度よく見てみましょう!映画では、徐々に闇の帝王との接触が近いことから、暗い雰囲気で描かれていますが、実際は真逆!空気がとても澄んでいて、海の風と波の音が心地よいのどかな場所なんです。

雲の合間から指す沈む太陽の光が、白亜の美しさを際立たせています…。

雲の合間から指す沈む太陽の光が、白亜の美しさを際立たせています…。

観光客もハリーポッターのロケ地だと知ってるのかは定かではありませんが、各々写真を撮っていました。まあロケ地と知らなくても写真を撮りたくなるのは必然ですけどね!私は丘の上から1時間くらいぼーっと海を眺めていました。こういう贅沢な時間の使い方もたまには悪くないですね。

アニック城(アニック)

いや〜、ホグワーツの校庭そのままですね〜。

いや〜、ホグワーツの校庭そのままですね〜。

ロンドンから離れますが、イギリス北部のアニックにあるこちらのお城は、ハリーポッターだけでなく、ロビン・フッドなどの数々の映画の舞台となった名所中の名所。ロンドン近郊のハリーポッターの聖地に比べて人が少ないため、ゆっくり観光することができます。このお城はホグワーツの外観のモデルになっていて、もちろん映画ほどの壮大感はありませんが、ハリーポッターの世界を充分に堪能することができます!

遠目から見ると、土台部分はやっぱりホグワーツって感じ。

遠目から見ると、土台部分はやっぱりホグワーツって感じ。

アニック城に来て欠かせないのは、ハリーポッターの空を飛ぶ授業を擬似体験できる、ブルームスティック・トレーニング!ハリーたちが箒に乗って空を飛ぶ授業をしたところと同じ場所で体験することができるんです!これはハリーポッターファンには堪りません!1日に3、4回の開催なので、早めに予約するのがベストです!ホグワーツに入学したみたいで最高のひと時でした〜。

グレンフィナン高架橋(スコットランド)

こんなに自然とマッチしている列車は見たことない!

こんなに自然とマッチしている列車は見たことない!

今回紹介するハリーポッターのロケ地の中で最も北の、スコットランドにあるグレンフィナン高架橋。こちらは映画で使われた橋で、橋を通る赤色が綺麗な列車ジャゴバイト号も、「ホグワーツ・エクスプレス」のモデルになっているんです。ジャゴバイト号は大変人気で、半年先まで予約がいっぱいということもあるため、どうしても乗りたい方は早い段階で事前に予約しましょう!ジャゴバイト号に乗れなくても、それ以外の列車も橋の上を通ってくれるのでご安心を。列車に揺られながら自然豊かな景色を眺める旅では、過去の歴史の当事者や、物語の中の主人公になったかのような錯覚を覚えます。

イギリスの風を感じながら1枚。ずっと乗っていたい~。

イギリスの風を感じながら1枚。ずっと乗っていたい~。

列車にも乗るだけでなく、遠目から列車と自然を同時に収めた写真も撮りたいですよね!グレンフィナン駅から15分ほど歩いたところには、列車を撮るのに最適なスポットがあるんです!撮影スポット近くまで行くと、カメラを持った人たちがスタンバイしているので、あーここかと分かります。列車が煙を出して走る姿をパシャリ。インスタ映えは間違いありません!皆さんもぜひ綺麗な写真を撮ってみて下さいね。

 

ペンギン案内人29号/笠原 彪

タイトルとURLをコピーしました