イギリスのハリーポッターのロケ地巡り!オススメ10選!①

キングス・クロス駅の外観。あまりの立派さ&美しさに、初見じゃ駅とは思えないな~。

キングス・クロス駅の外観。あまりの立派さ&美しさに、初見じゃ駅とは思えないな~。

イギリスと聞いて何を想像しますか?ビッグ・ベン?大英博物館?私は真っ先にハリーポッターです!ここイギリスには、映画ハリーポッターシリーズのロケ地が山ほど眠っています。ファンなら行かない訳には行かないですよね~。。そんな数多くのロケ地の中で、今回は、私のオススメを①で5つ、②で残りの5つ、ご紹介したいと思います!基本的にイギリス南部で8つほど行けますが、残りの2つは北部なので、時間に余裕があれば訪れてみて下さいね!では、ハリーポッターの世界へ~!

キングス・クロス駅(ロンドン)

現実でも、マグルに紛れて魔法使いがいることを想像したら楽しいですね!

現実でも、マグルに紛れて魔法使いがいることを想像したら楽しいですね!

ロンドン中心部にあるこちらの駅は、1852年に開業して以来、ロンドンの主要駅として今も多くの人々に利用されています。でも私たち旅人にとっては、利用よりも観光。なぜならあの映画「ハリーポッター」で何度も見てますからね!

映画のように勢いよく!壁に入る様を真似してみよう!

映画のように勢いよく!壁に入る様を真似してみよう!

キングス・クロス駅で見たいのは、なんと言っても9と3/4番線!駅の広場では、映画内に出てくる9と3/4番線を再現した場所があり、そこで記念撮影をすることができます。人混みが目立つのですぐにわかります。やはり人気なので、写真を待つ列が長く、根気よく待つ必要があります。近くにはお土産品店があり、9と3/4番線のパーカーや、杖などのハリーポッターグッズを買うことができます!また、駅のホームに行くと、実際にハリーたちが通った壁に近い石造りの壁を見るとこができます。駅員さんにふざけて「9と3/4番線はどこですか?」って聞いてみたら何て答えてくれますかね…。

レドンホールマーケット(ロンドン)

少しディズニーランドのワールドバザールっぽい雰囲気も感じますね。

少しディズニーランドのワールドバザールっぽい雰囲気も感じますね。

こちらは、ロンドンで最も古いマーケットの一つです。映画で、ハリーポッターとハグリッドが、ホグワーツで必要な物を買うために漏れ鍋へと向かうシーンで、こちらのマーケットがロケ地として使われます。また、映画で漏れ鍋として出てきたお店は実在し、実際のお店はブルズ・ヘッド通りにある「グラス・ハウス」というメガネ店です。外観は青色で、映画では黒く塗り潰されています。

ダイアゴン横丁感。

ダイアゴン横丁感。

他にもお洒落なペンショップや洋服店などがあり、ハリーポッターに関係なく楽しむことができます。お店は基本平日だけの営業なので、土日になると閉まっていることが多いので注意しましょう。ショッピングではなく、写真だけが目的ならむしろ土日のがいいかも!ここは歩いているだけでハリーポッターの雰囲気を味わうことができるので、登場人物になりきって楽しんでみましょう!

ミレニアム・ブリッジ(ロンドン)

映画の姿そのままなので、テンションは爆上げです!

映画の姿そのままなので、テンションは爆上げです!

テムズ川に架かるこちらの橋は、北岸と南岸を繋いでおり、北岸に向かって歩くとセント・ポール大聖堂を見る事ができます。クラッシックな大聖堂とは反対に、橋は近代的な外観になっていてるため、過去と今を繋ぐような印象を受けました。

映画で人々が逃げ惑う姿とは正反対に平和ですね。

映画で人々が逃げ惑う姿とは正反対に平和ですね。

こちらの橋は、ハリーポッターシリーズの映画「ハリーポッターと謎のプリンス」の冒頭部分で登場し、デスイーターたちによって破壊されてしまいます…。2000年の完成とともに横揺れの酷さからすぐに閉鎖し、長い補強工事により2002年にまた使えるようになりましたが、風が吹くとやはりまだ揺れるそうです。もしかしたら、このような歴史があるから、映画でデスイーターに破壊されるシーンが生まれたのかもしれませんね。映画では暗いイメージなっていますが、実際は橋からの眺めが最高の観光スポットなので、是非訪れて横揺れ体験してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました