失敗しないオーストリアツアーの選び方 プロが教えるおすすめ旅行の秘訣

ザルツブルクとザルツカンマーグートも必須

ホーエンザルツブルク城塞からのザルツブルクの眺望

ホーエンザルツブルク城塞からのザルツブルクの眺望

ウィーンだけ訪問して、オーストリアを語り尽くしたという訳にはいきません。地方にもぜひ訪問したい場所がありますが、中でもザルツブルクとザルツカンマーグートはウィーン同様の必須の場所です。
ザルツブルクはモーツァルトが生まれた音楽の都。中世の香りを感じさせる古都で欧州のロマンチックな町の1つです。夏には世界でも指折りのアーティストが出演する「ザルツブルク音楽祭」が開催されます。ザルツブルクへはウィーンから列車で2時間半ほど。日帰りは物理的に可能ですが、1泊はしたいところ。

湖畔の町ハルシュタットは世界遺産に指定されている

湖畔の町ハルシュタットは世界遺産に指定されている

ザルツカンマーグートはザルツブルク南東の2000m級の山々と70以上の湖が織りなす大自然があります。映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台としてあまりにも有名です。シャーフベルク山のSL列車やモンテゼーの教会など映画の舞台への訪問が魅力的です。ザルツカンマーグートは多くの湖が点在しているので、専用車での観光が便利です。
ザルツカンマーグートでも1泊滞在する必要があります。湖畔の町、ザンクト・ギルゲン、ザンクト・ヴォルフガングなどもおすすめですが、一番はハルシュタットです。湖面に映る町の姿は最高にロマンチック。また、車がシャットアウトなので、静かな環境という点でも申し分ありません。難点は1つ。ホテルの数が少なく、予約が取りにくいことです。できるだけ早く予約をする必要があります。

ザルツブルク周辺の観光を入れるなら2国周遊がおすすめ

ザルツカンマーグートの風景

ザルツカンマーグートの風景

ウィーン、ザルツブルグ、ザルツカンマーグート、ハルシュタットなどを観光する場合、ウィーンのIN/OUTのフライトを利用し、オーストリア周遊にするのが無難のような気がしますが、実はそうでもないのです。ザルツブルクへ行くのに一番便利な空港はウィーンではなく、ドイツのミュンヘンだからです。実際ミュンヘンからザルツブルクは列車で1時間半と、ウィーンより1時間ほど近いのです。それで、ミュンヘンIN/ウィーンOUTのフライトを利用し、次のようなルートもおすすめです。
★日本→ミュンヘン2泊(ノイシュバンシュタイン城観光)→ザルツブルク1泊→ザルツカンマーグート観光→ハルシュタット1泊→ウィーン2泊→機中泊→日本

シャーフベルクのSL鉄道(ザンクト・ヴォルフガング)

シャーフベルクのSL鉄道(ザンクト・ヴォルフガング)

別のルートとして、チェコとの2国周遊でかつザルツブルクにも行くのが下記のルートです。
★日本→プラハ2泊→チェスキークロムロフ1泊→ザルツブルク1泊→ザルツカンマーグート観光→ハルシュタット1泊→ウィーン2泊→機中泊→日本
チェコでは首都プラハだけでなく、世界で最も美しい町といわれるチェスキークロムロフにも滞在。そこから、オーストリアのザルツブルクへ抜けます。2国周遊でも地方を訪問できる充実のおすすめコースです。

王道のオーストリア周遊はこのコース

ドナウ川クルーズの船(クレムス近郊にて)

ドナウ川クルーズの船(クレムス近郊にて)

オーストリアの田舎の町へ行けば、他の国とのコンビにした方がいいというのは、先ほど述べましたが、そうはいってもオーストリアだけを周遊したいというのならこのコースです。ウィーン、ザルツブルグ、ザルツカンマーグート、ハルシュタットにドナウ川のヴァッハウ渓谷をプラスした内容になっています。
★日本→ウィーン1泊→ザルツブルク1泊→ザルツカンマーグート観光→ハルシュタット1泊→メルク→ドナウ川クルーズ→デュルンシュタイン1泊→ウィーン2泊→機中泊→日本

ドナウ川に面した小さな小さな町デュルンシュタイン

ドナウ川に面した小さな小さな町デュルンシュタイン

ドナウ川流域で最も美しいといわれるのが、ヴァッハウ渓谷です。いくつもの古城や修道院が立ち、美味しいワインを産み出すブドウ畑も続きます。ドナウ川のクルーズも就航して、中でもメルクからデュルンシュタインの間の風景はイチオシです。華麗なるバロックの大聖堂のあるメルクからクルーズ船は出発。約1時間半かけてデュルンシュタインに到着するまでがハイライトです。ここはあの「美しき青きドナウ」のイメージそのものです。
伝説の古城がそびえる町デュルンシュタインは小さな小さなメルヘンの町。ここではドナウ川に面した17世紀からの古城ホテル、シュロスホテル・デュルンシュタインにぜひ泊まってみたいものです。

アルプスの町や大自然も体験したい

アルプスの大展望台フランツ・ヨーゼフス・ヘーエ

アルプスの大展望台フランツ・ヨーゼフス・ヘーエ

オーストリアといえば、雄大なアルプスの景色を忘れるわけにはいきません。一番のおすすめがオーストリア中部にあるフランツ・ヨーゼフス・ヘーエです。オーストリア最高峰グロースグロックナー(3797m)の展望台で、オーストリア最大の氷河、パステル氷河が圧巻です。
オーストリア西部が有名なチロル地方です。3000m級の山が連なり、緑豊かな渓谷や牧草地が広がっています。スイスほど観光地化していず、スイスほど日本人がいないのも魅力です。

ゼーフェルトの風景

ゼーフェルトの風景

チロルには大きな谷(タール)があります。1つはインスブルック西方のエッツタールです。氷河に削られた長い深い渓谷です。その最奥の村がオーバーグルグルです。標高1930mの場所にあります。迫力ある大氷河とチロルの大自然が満喫できる村です。
もう1つの谷はインスブルック東方のツィラータールです。広々していて、明るく緑が多いのが特徴。代表的なのが、ノスタルジックなSL列車も走るマイヤーホーヘンです。
チロルでもう1つ、おすすめしたい町がインスブルック北西にあるゼーフェルトです。チロルの牧歌的な風景と、洗練された高級感を併せ持つ町で、2,3泊のんびり滞在するのに最適です。

タイトルとURLをコピーしました