バラの国ブルガリア 絶対に外せない定番スポット7選

ヨーグルトだけじゃない!食事も美味しい国 ブルガリア

ヨーグルトだけじゃない!食事も美味しい国 ブルガリア

ヨーロッパ南東部のバルカン半島に位置するブルガリア。北にルーマニア、西にセルビアとマケドニア、南はトルコとギリシャに国境を接したブルガリアは、周辺国の影響を受けながら独自の文化を守ってきました。紀元前にはトラキア人が住み、その後ローマの植民地化、イスラム教を国教とするオスマン・トルコに支配された時代を経て、ソ連の衛星国の一つとなり共産党政権が続きました。共産党政権が崩壊し、ようやくEUに加盟したのはつい13年前の2007年です。幾多の民族が駆け抜けた国ブルガリア。日本の3分の1の国土に、9つもの世界遺産を持つ歴史があるブルガリアの魅力をお伝えしたいと思います。

幾多の歴史を持つ街 ソフィア

窓もない質素な外観だが、内部の装飾はすばらしい聖ペトカ地下教会。

窓もない質素な外観だが、内部の装飾はすばらしい聖ペトカ地下教会。

ブルガリアの首都ソフィアは、ヴィトシャ山の麓に位置する標高550メートルの高原都市です。ソフィアの街には、様々な時代に建てられた教会や寺院が点在しており教会めぐりが楽しい街です。地下鉄の駅につながる地下広場から、屋根がちょこんと顔を出している不思議な光景が見られます。これは14世紀末のオスマン帝国時代に建てられた聖ペトカ地下教会です。モスクより高い建物は禁じられていたため、キリスト教の教会はこのように小さくひっそりと建てざるをえなかったのです。向かいに堂々とそびえたつ背の高いイスラム寺院バーニャ・バシ・ジャーミヤとの対照的な様は、複雑な歴史を駆け抜けたソフィアの歴史を感じさせます。

パリの中央市場をモデルに設定された美しい中央市場

パリの中央市場をモデルに設定された美しい中央市場

もうひとつソフィアでおすすめは、中央市場「セントラル・ハリ」です。ローカルフードだけでなく、生活雑貨やお土産物も揃います。小腹が空いたら中央市場のお惣菜を買ってイートインも楽しめます。現地の人の暮らしを覗いてみるにはぴったりの場所です。

バラの谷 カザンラク

ダマスクローズの収穫は一つ一つ人の手によって摘み取られます。

ダマスクローズの収穫は一つ一つ人の手によって摘み取られます。

ブルガリアはバラの産地としても有名です。バルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈にはさまれた「バラの谷」一帯は、香水に使われるバラの中でも最高峰といわれるダマスクローズの産地として知られています。ダマスクローズは5月下旬から6月上旬にかけて花を咲かせ、一年のうちたった20日程度しか咲きません。ダマスクローズが一斉に摘み取られるバラの谷では、6月の第一週末を中心にバラ祭りが開催されます。バラの谷最大規模の祭りが開催されるのがカザンラクです。祭りで一番人気は、バラ畑で民族衣装に着替えた人々が花かごを手に持ちながらバラを摘んでいく「バラ摘みの儀式」です。観光客もバラ摘みに参加することができます。(事前にチケットの購入が必要です。)

街中がピンクに染まる バラの谷カザンラクのバラ祭り

街中がピンクに染まる バラの谷カザンラクのバラ祭り

カザンラクの街の中心では、祭りのメインイベントのパレードが開催されます。その年に卒業する女子高生から選ばれるバラの女王や、様々な民族衣装をまとった街の人々など華やかな行列に心躍らされます。パレードのラストではバラの花びらがまき散らされ、バラの香りに包まれます。

職人の街 ヴェリコ・タルノボ

崖の斜面に民家が連なるヴェリコ・タルノボ。

崖の斜面に民家が連なるヴェリコ・タルノボ。

第二次ブルガリア帝国時代、堅固な要塞都市だったヴェリコ・タルノボ。バルカン山脈にあり、いくつもの丘を蛇行する川の切り立った崖の上にある美しい古都です。
頂上に教会が建つツァレヴェツの丘は、かつてこの丘全体が宮殿になっており今でも昔の面影を残しています。丘からはまるで絵画のような旧市街の町並みが見渡せます。頂上の大主教区教会の内部はモダンな壁画が描かれており、訪れる者の心を奪います。ヴェリコ・タルノボ随一の人気スポットです。

旧市街を歩いていると、そこかしこでアートに出会えてワクワク。

旧市街を歩いていると、そこかしこでアートに出会えてワクワク。

古くから手工芸が盛んであったこの地には「サモヴォドスカ・チャルシャ」と呼ばれる職人街があります。伝統的な建物が並ぶ石畳の町並みは雰囲気があり、両脇にずらりと並ぶ工房を覗き見ながら歩くのが楽しいところです。
歩き疲れたらツァレヴェツの丘を一望できるレストランで、ブルガリア料理を堪能したり、職人街の一角にあるカフェで濃厚なトルコ・コーヒーと甘いお菓子で憩いのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました