世界84か国を訪問した岡野由里が選ぶおとな女子に最適な世界の旅先ベスト20の観光地 その3(11~15)

チッピングカムデンの街並み コッツウォルズ

チッピングカムデンの街並み コッツウォルズ

海外旅行は「何処へ行こうか」と計画する時間がとても幸せです。子供の頃、校外学習の遠足や社会科見学の日を指折り楽しみにしたように、いつ・何処へ・誰と(一人旅もまた最高!)旅をするか、世界中のどこに行けば、何をすればよりワクワクを見つけられるのか…空想の時間から旅は始まります。日常から少し離れて、あの頃描いた大人になっている自分に酔いしれる事が出来る大人女子旅。旅の成功のカギは、まずは情報収集から。旅行が好きすぎて気が付いたら84ヵ国を旅していた、そんな私の経験が少しでもお役に立てば幸いです。

気分は貴婦人 コッツウォルズを楽しむ(英国)

マナーハウス・ワットリーマナー マルムズベリー/コッツオルズ地方

マナーハウス・ワットリーマナー マルムズベリー/コッツオルズ地方

イギリス王室は日本で大変人気がありますが、それは、貴族のような生活への憧れからくるものかもしれません。ロンドンからもほど近いイギリスを代表する美しい田園風景が残るコッツオルズ地方には、貴族や地主の邸宅をホテルに改装したマナーハウスという宿が点在しています。マルムズベリーにあるワットリーマナーは、イギリス人の休暇先にも人気の宿で、アメニティはロクシタンを使用、レストランはミシュランの星を取得しています。都会の喧騒を離れ、庭の散歩やスパで体を癒し、優雅にアフタヌーンティ等、カントリーリゾートが楽しめます。

マナーハウスホテル カースル・クーム/コッツウォルズ地方

マナーハウスホテル カースル・クーム/コッツウォルズ地方

コッツオルズは沢山の可愛らしい村が点在しているので、専用車での観光が効率的です。はちみつ色のライムストーンの町並みを散歩したり、イングリッシュガーデンを訪問したり、アンティーク探し等、楽しみは尽きません。

古都エヴォラでポサーダに泊まる(ポルトガル)

修道院を改装したポサーダ コンベント デ エヴォラ

修道院を改装したポサーダ コンベント デ エヴォラ

スペインの国境に近いポルトガル南西部のアレンテージョ地方の古都エヴォラは、城壁の中にローマ・イスラム・キリスト教それぞれの時代の建造物が残り、まるで町全体が博物館のよう。世界文化遺産にも登録されている、歴史を感じる街です。ポサーダと呼ばれる国営のホテルコンベント デ エヴォラは、15世紀の修道院を改装したクラシックな魅力溢れるホテルです。中庭を囲む回廊のダイニングルームで是非ポルトガル料理を満喫してみてください。

村の道/モンサラーシュの石畳の石は細長くて独特

村の道/モンサラーシュの石畳の石は細長くて独特

古都エヴォラから車で約50分ポルトガルで最も美しい村の1つに数えられるモンサラーシュは、消臭剤のCMのロケ地としてご存知の方もいるかもしれません。広大な平原の中、城壁に囲まれた丘の上にひっそりと佇む真っ白な静寂の村。時間がゆっくりと流れているようです。エヴォラを訪れた際には是非訪れてほしい村です。

世界三名瀑の1つイグアスの滝(ブラジル・アルゼンチン)

空から見たイグアス滝(ブラジル側)

空から見たイグアス滝(ブラジル側)

ブラジルとアルゼンチンにまたがるイグアスの滝は、北米のナイアガラの滝、アフリカのヴィクトリアの滝と並び、世界三大瀑布に数えられています。その中でも圧倒的なスケール、毎秒65000トンという想像を超える量の水の迫力は間違いなく世界で1番パワフルな滝です。滝の周りは大きな公園になっており、公園内は循環バスが通り、滝の横には遊歩道もあるので女性でも安心して滝観光を楽しめます。空からはヘリ遊覧、滝下ではスピードボートツアーなど様々な角度から滝を見学するとより充実の旅となります。

悪魔の喉笛にてイグアス滝(アルゼンチン側)

悪魔の喉笛にてイグアス滝(アルゼンチン側)

2つの世界遺産を持つイグアスの滝はアルゼンチン側からとブラジル側からの異なる景観を見比べるのが観光コースの定番となっています。滝のすぐ近くで轟音とリマイナスイオンを浴びながら天然のエンターテイメントを全身で感じてみて下さい。

ヘミングウェイゆかりの地ハバナで休日を(キューバ)

文豪アーネスト・ヘミングウェイ博物館 書斎

文豪アーネスト・ヘミングウェイ博物館 書斎

V-A-C-A-T-I-O-N in the summer sun♪青い空と太陽の下で休暇を楽しむには解放感溢れるキューバがぴったりです。首都ハバナの旧市街は世界文化遺産にも登録されていて、クラシックカーも走るコロニアルな町並みはまるで映画の中にいるように感じます。文豪ヘミングウェイが20年という月日を過ごしたキューバ。世界的ベストセラー「老人と海」の執筆部屋を訪れたり、かつて彼が通っていたレストランやバー、定宿にしていた旧市街のアンボスムンドス等、ゆかりの場所を訪ねるとよりキューバが好きになります。

ハバナ・クラブ博物館にて。大人女子、葉巻にトライ!

ハバナ・クラブ博物館にて。大人女子、葉巻にトライ!

キューバを代表するラム酒ハバナ・クラブの博物館はハバナ旧市街にあります。ワインテイスティングのようにここではラムテイスティングを楽しんで、葉巻を持って写真撮影を行えば大満足な大人女子の休日となるでしょう。

大地のパワー モニュメントバレー(アメリカ合衆国)

「アメリカの原風景」とも言われるモニュメントバレー

「アメリカの原風景」とも言われるモニュメントバレー

モニュメントバレーはユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯の名称で先住民族のナバホ族が管理運営する神聖な場所です。モニュメントバレーには、ビュートと呼ばれる大小の岩山や、メサといわれるテーブル形の台地が点在しています。 これらは、何千年という途方もない期間をかけて雨や風、地殻変動などによる自然の力によって徐々にできあがってきたものです。その風景は紀元前2000年頃からこの地に住む民族がずっと守ってきたとっておきの場所です。

絶景をみると手を広げずにはいられない!!モニュメントバレー

絶景をみると手を広げずにはいられない!!モニュメントバレー

大人女子旅というテーマで旅を考える時、1人旅でも、女性グループでもない、パートナーと行く旅もまた大人女子旅の1つではないでしょうか。旅と共に2人の時間を重ねる。ご夫婦やカップルで、大地と私達というテーマでモニュメントバレーでの写真撮影は一生の思い出になると思います。

 

ペンギン案内人11号/岡野 由里

タイトルとURLをコピーしました