アイルランド西部の旅へ!いつもよりちょっと濃い旅へGO

コネマラ地方の心癒される風景

コネマラ地方の心癒される風景

アイルランドに行くなら、首都ダブリンだけではなく、西部にも足を延ばしてみるのがおすすめです。なぜなら西部にはアイルランドらしい文化が色濃く残り、アイルランドの良さを存分に味わうことができるのです。イギリスによる植民地政策で、豊かな東側にイギリス人が入り、アイルランド人は西側に追いやられたという歴史があります。西部アイルランドでは現在もゲール語(アイルランド語)が日常的に使われています。緑豊かなコネマラ地方や、世界の果てのようなモハーの断崖など、ここでしか見られない美しい景色を堪能してみませんか?

アイルランド西部の中心ゴールウェイ

かわいいお店が多く、街歩きも楽しい。

かわいいお店が多く、街歩きも楽しい。

アイルランド西部を観光する時に、拠点となるのがゴールウェイの街です。地元の学生も集まるハイストリートは路上ライブが頻繁に行われ、いつも賑わっています。伝統音楽の生演奏を楽しめるパブもありますよ。音楽が身近にある環境のおかげか、アイルランド出身で世界的に有名なミュージシャンもたくさんいます。例えばU2やエンヤ、ワン・ダイレクションのナイルなどなど。聖ニコラス教会やゴールウェイ大聖堂などの観光の見所もあるのですが、ゴールウェイではアイルランドの音楽を楽しむのもおすすめです。

新鮮な牡蠣がたまらない!

新鮮な牡蠣がたまらない!

また、港町ならではの美味しいシーフードも堪能したいですね。ゴールウェイでは特に地元でとれる牡蠣が有名です。例年9月には国際オイスター・フェスティバルも開催されます。周辺にも港が多く、新鮮な海の幸が豊富ですよ。

ケルト文化の残るアラン諸島

ドン・エンガスの崖でスリルを味わってみる?

ドン・エンガスの崖でスリルを味わってみる?

アラン諸島はイニシュモア島、イニシュマーン島、イニシィア島の3つの島からなり、観光客が多く訪れるのは最も大きいイニシュモア島です。イニシュモアというのは、ゲール語でまさに「大きな島」という意味です。
イニシュモア島へは、ロッサヴィール港かドゥーラン港からフェリーが出ています。島内では断崖に建てられた古代の要塞、ドン・エンガスを見に行くのが定番。要塞の海側が大西洋に面した断崖になっていて、海面から80m以上の高さにあり、壁も柵もないのでかなりスリリングです。風も強いので、海に落ちないように注意しなければいけません。

イニシュモア島でアランセーターをお土産に買うのも◎

イニシュモア島でアランセーターをお土産に買うのも◎

お土産に買ってみたいのがアランセーターです。この地の漁師さんを寒さや荒波から守るために地元の女性たちが編み始めたものがアランセーターの発祥と言われています。保温性が高く、油脂分が含まれているので水をはじいてくれます。

緑豊かなコネマラ地方

羊たちののんびりした時間

羊たちののんびりした時間

コネマラ地方には、雄大な自然がたっぷり残されていて、豊かな緑の中で癒しの時間を過ごすことができます。コネマラ国立公園という自然公園にも指定されています。羊が広がる牧場やフィヨルドの海岸線など、アイルランドらしいのどかな風景が広がっていますよ。

カイルモア修道院はついカメラのシャッターを押してしまう美しさ。

カイルモア修道院はついカメラのシャッターを押してしまう美しさ。

コネマラ地方の観光スポットとして人気なのがカイルモア修道院です。湖畔に佇む美しい修道院は、まるでおとぎ話の中のお城のようです。元々はイギリスの富豪が妻の為に建てたもので、その後売却されて修道院になりました。修道院の他にステンドグラスのある教会や庭園もありますよ。意外と広いので、できれば時間をとってゆっくり見てまわりたいですね。

タイトルとURLをコピーしました