ブリュッセル&ブルージュ おすすめ7大スポット

可愛らしいブルージュの街並み

可愛らしいブルージュの街並み

絵本から飛び出したような可愛らしい街並み。ワッフルやチョコレートなどのスイーツはもちろん酒通も唸るクラフトビールまで。ベルギーのよいところは小さな街に、女性の乙女心をくすぐるようなモノがギュッと詰まっているところです。しかも日本からは全日空の直行便が定期運行。近隣のパリやアムステルダム、ロンドンからでも特急列車で数時間でアクセスできます。街歩きが楽しくなるベルギーのブリュッセルとブルージュに気軽に出かけてみませんか?

やっぱり外せないグラン・プラス

「世界で最も美しい広場」とも称されるグラン・プラス

「世界で最も美しい広場」とも称されるグラン・プラス

ベルギーで最も知られる観光名所と言っても過言ではないでしょう。「レ・ミゼラブル」の著者であるフランスの詩人ヴィクトル・ユーゴーが「世界で最も美しい広場」と賞賛した広場です。グラン・プラスが現在のような華やかで美しい広場になったのは実は18世紀に入ってからと言われています。

グラン・プラスの夜景

グラン・プラスの夜景

大同盟戦争中の1695年、フランス軍によりこの広場の建物は石造りの市庁舎を除く大半が破壊されてしまいました。そこで当時の裕福な商人達が、石造りの豪華な装飾を施した建物(ギルドハウス)を広場を取り囲むように建設したのが現在のグラン・プラスの始まりです。グラン・プラスはブリュッセル中央駅から徒歩数分、最も賑やかな場所にあるため、ベルギーに訪れた旅行者でグラン・プラスに立ち寄らない人はいないのではないでしょうか?

最高のベルギーワッフルを食べよう!

トッピングの種類が豊富なLa Gaufrerieのワッフル

トッピングの種類が豊富なLa Gaufrerieのワッフル

ベルギーと言えばワッフルを思い浮かぶ人も多いことでしょう。ワッフルは日本においても馴染みのあるお菓子になりましたよね。日本でベルギーワッフルと言えば、円形で表面が砂糖でコーティングされたカリッとした食感を想像されると思います。しかし本場のベルギーでは日本のようなワッフルをあまり見かけません。実は日本がベルギーワッフルとして売り出しているのはベルギー東部のリエージュ発祥の「リエージュワッフル」なのです。

見た目も可愛いLa Gaufrerieのワッフル

見た目も可愛いLa Gaufrerieのワッフル

ブルージュやブリュッセルでは「ブリュッセルワッフル」と呼ばれているタイプをよくに目にします。ブリュッセルワッフルは四角や長方形のふんわりした柔らかな食感。生地に味はついていないため、生クリームやフルーツ、チョコレートをトッピングしていただきます。出来立ての熱々のうちに食べるのが一番美味しい食べ方です。

ベルギーっ子の台所 イロ・サクレ地区

イロ・サクレ地区にある有名レストラン「シェ・レオン」

イロ・サクレ地区にある有名レストラン「シェ・レオン」

グルメの国ベルギーでは美味しいレストランがたくさんあります。フランス語圏のワロン地方にはフランスにも負けない素晴らしいレストランが多いのですが、こちらでは観光に便利で定評のあるレストランをご紹介しましょう。
グラン・プラスにもほど近い、イロ・サクレ地区は狭い路地ながら両脇にレストランがびっしりと並ぶ、まさに「食い倒れ横丁」です。

ギネス認定!ビアカフェ・デリリウム

ギネス認定!ビアカフェ・デリリウム

中でも「シェ・レオン」はガイドブックにもよく掲載される定番中の定番レストラン。日本人のお客にも慣れているので、気兼ねなく入れるのも良いですね。もちろん味は文句なしです。
本場のベルギービールを楽しみたいなら「デリリウム」がおすすめです。なんとデリリウムでは2400種類ものビールの中からお好きな銘柄をチョイスできます。そのメニューの豊富さからギネスにも認定されたというこのビアカフェはブリュッセルで最も知られたバーとも言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました