ヨーロッパの辺境、南西フランスの旅 美しき田舎の風景を探して

ビューポイントから眺めるサンシルラポピーの村

知られざる珠玉の町が多く点在する南西フランス。まるで絵を眺めているかのような美しい風景で心が癒やされる田舎です。初めてこの場所を訪れた時、こんな場所がフランスにあったんだと再認識しました。まさに辺境というにふさわしい田舎。これもフランスの魅力の1つなのです。パリやモンサンミッシュルだけがフランスではありません。むしろこのエリアこそ、究極のフランス旅にふさわしいのではと思うのです。

南西フランスへの誘い

シテを眺望(カルカソンヌ)

中世の時代サンチアゴ・デ・コンポステーラを目指してヨーロッパ中から巡礼者が集まったエリアがあります。今もその姿は昔のまま、旅人を温かく迎えてくれます。遠くサンチアゴだけでなく、宿場町コンク、奇跡を呼ぶ泉の湧く聖地ルルド、黒いマリアの聖地ロカマドゥールなどへの巡礼者も絶えることはありません。また、時空を超えたような数々の美しい村々は現代の旅人に心の安らぎを与え、魅了します。このエリアこそ、南西フランスなのです。
魅力的なのは風景だけではありません。フォアグラ、トリュフからローカルフードまでの美味しい食事、ワイン、スィーツ、そしてさまざまな工芸品。これらも見逃せません。
雄大なピレネー山脈、荒涼たるカルスト台地、美しい渓谷など、フランスの他の地方では見られない地形のせいで、交通の便は悪く、日本ではあまり紹介されていませんでした。
南西フランスは、はっきり言って超田舎です。辺境といってもいいでしょう。

イカのリゾット詰め(アルビ)

しかし、だからこそ、南西フランスは訪れる価値があるのです。
パリ、モンサンミッシェル、コートダジュール、プロヴァンス・・・。フランスの大観光地だけがフランスではありません。フランスにもこんな場所があったんだと思えるのが、ココなのです。
フランスが大好きな人にはもちろん、フランスなんて・・・と思う人にこそ、この辺境の地、南西フランスをおすすめします。

世界遺産&巡礼の町コンクは是非宿泊したい

高台からコンクの村を眺める(コンク)

フランス側に4つあるサンチャゴ巡礼路の中のル・ピュイルート上、ミディ・ピレネーの谷あいに位置する世界遺産のコンク。このの村は聖地に向かう宿場町としてストイックで重厚な、祈りの地にふさわしいどこか霊的な魅力を漂わせています。小さく華やかでもないのに見る者を魅了する不思議な村です。ロマネスク様式のサント・フォア教会の2つの塔を取り囲むような家々が織り成す1枚の絵のような風景。坂道が多く変化に富んだ眺めが魅惑的です。

サント・フォア教会のタンバン(コンク)

石の文化のフランスならではの建物で、屋根は灰色の片岩(天然スレート)でできているので全体にグレーの印象を受けるコンクの村。教会の入口にある最後の審判をモチーフにした「タンパン」のレリーフは必見です。
コンクは数ある「フランスで最も美しい村」の1つですが、レベルはトップクラス。ぜひとも日帰りでなく宿泊して、この村の良さを堪能したいものです。もちろん、この町の名物チーズとポテトを混ぜて作ったアリゴにはぜひともトライして。

幻想的な村コルド・シュル・シエル

コルド・シュル・シエル遠景

フランス語で「空の上のコルド」の意味を持つミディ・ピレネーの村コルド・シュル・シエル。標高291mの丘の上にある城砦の村で中世のムードが残る美しい所です。草原の上に雲海がたちこめその上に顔を出す集落の風景は幻想的で雲の上に浮かぶ「天空の町」と呼ばれています。村の中に入ると石畳の坂道が続き情緒満点です。

コルド・シュル・シエル村からの眺望

80体の蝋人形が中世のこの地の暮らしを再現しているイストラマ博物館やゴシック様式の石造りのサンミッシェル教会。砂糖の美術館では砂糖の彫刻や工芸品、コルド名産のアーモンド焼き菓子クロカンやチョコレートをコーティングしたアーモンドのキャラメル「コルドの石」が販売されているのでお土産にゲットしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました