フランス入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

日本で次いつ公開されるか分からないモナ・リザ こんな時代でも見に行きたい

日本で次いつ公開されるか分からないモナ・リザ こんな時代でも見に行きたい

年間1億人近い観光客が訪れるフランス。最先端のファッションや奥深い歴史や文化などから、世界中で最も愛される観光大国の1つです。しかし残念ながら2020年3月以降、フランスは国内コロナウイルス拡大に歯止めをかけられず3月中旬から8週間にわたるロックダウンを実施、そののち、段階的に行動制限の解除をおこなっています。2020年7月1日には日本を含む13カ国からの入国制限を解除しましたが、9月から感染者数が再び急増。第2波が訪れたことにより10月末には2度目のロックダウンを実施しました。果たして2021年には安心してフランス旅行へ行ける日がやってくるのでしょうか…こちらの記事ではフランスの現状を詳しくお伝えしていきます。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_170.html#ad-image-0

フランス:いつから海外旅行に行ける?(2/19更新)

パリのストーリトミュージシャン 今はこんな光景見れないのでしょうか…

パリのストーリトミュージシャン 今はこんな光景見れないのでしょうか…

現在フランスには入国が可能なのでしょうか?
残念ながら査証の有無に関わらず、医療関係者及びその家族を除き、フランスへの入国は不可となりました。

サクレ・クール寺院 コロナ前はこんなに観光客の姿が…!

サクレ・クール寺院 コロナ前はこんなに観光客の姿が…!

コロナパンデミックの初期段階から日本人の入国を受け入れていた国の1つであるフランスですが、さすがにこの状況を考えると、日本人の入国規制は仕方がないかもしれませんね。。。

コロナウイルスのワクチン接種が始まったと思ったらこの騒動。
一刻も早く、コロナウイルスによるこの混乱が収まることを願うばかりです。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

ドイツのベルリンの壁。コロナによって日本との間にも「入国制限」という大きな壁が...

ドイツのベルリンの壁。コロナによって日本との間にも「入国制限」という大きな壁が…

再びフランスが日本人の受け入れを許していたとしても、他の国との周遊をお考えの場合は、滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。

パリ市民に愛される隠れグルメファラレルの人気店

パリ市民に愛される隠れグルメファラレルの人気店

ターキッシュエアラインズ、カタール航空、エミレーツ航空などを利用して、フランスへ乗継ぎ便で入国することもいまのところ可能です。ただしこれらの乗継ぎ地にて将来コロナウイルス感染者が急増した場合、あるいは目的地のフランスや日本にて急激な感染拡大が始まってしまうと予定していた乗継ぎ地ではPCR陰性の証明書なく渡航できなくなる可能性があるので要注意です。なお入国規制リストに含まれる国の確認は、在日フランス大使館のサイト(https://jp.ambafrance.org/-Japonais-)が便利です。

日本帰国後の規制について

カヴァルニーの滝 自然の美しい景色を見て、心を癒しましょう

カヴァルニーの滝 自然の美しい景色を見て、心を癒しましょう

フランスからの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは日本に帰るだけ!でも「フランス旅行楽しかった~!」では終わりません。なぜなら現在、日本帰国後は新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても入国の次の日から起算して14日間、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されているからです。陰性であっても空港から自宅へは公共交通機関をつかってはなりません。自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。

サントシャペル教会の美しいステンドグラス

サントシャペル教会の美しいステンドグラス

ところで日本政府は2020年12月28日より外国人の新規入国を停止するという、新たな措置を取ることに決定しました。
さらにイギリス・南アフリカなど、変異種が発見された国からの日本人帰国者に対しても、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が新たに義務となりました。

世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました