【行く前に見ておきたい海外映画5選】ポーランド・アウシュビッツに訪れるなら見てほしい名作

アウシュヴィッツ強制収容所のスローガン「働けば自由になる」

素晴らしい映画は、自分には全く関係がない出来事であっても、まるで自分が物語の主人公になったかのように感じさせてくれますよね。映画の中でも「屈指の名作」とされる作品には、人種・性別・国境を越えた人間にとっての普遍的な感情を描きだし、見ている我々にも強いメッセージを投げかけてきます。
今回、ご紹介するのはポーランドに旅行する前に是非見ていただきたい映画の名作選です。実際、ポーランドに行った私が「見ておいてよかった~」と思った作品と「行く前に見ておけばよかった!」と感じた作品を中心に選びました。
ポーランドの歴史を語る上で、ナチス・ユダヤ人についての知識があれば、ポーランドの理解が一層深まります。ここで紹介するのは数あるナチス・ユダヤ人をテーマにした作品の中でもとりわけ手に入りやすく、名作と呼ばれているものですので旅行前のみならず、いずれも見ておいて損はありません!お時間があるときに是非ご覧ください。
※一部、メインの舞台がポーランドではない映画もありますが、ナチスやユダヤ人の置かれた状況を理解するのに役に立つため選びました。

シンドラーのリスト(1993年)

クラクフにあるポーランド最古のユダヤ人街 カジミエシュ地区はロケ地としても使われました。

1993年に公開されたアメリカ映画。第2次世界大戦中のポーランドにやってきたドイツ人実業家オスカー・シンドラーが1000人以上の自社工場のユダヤ人従業員を「軍需工場の生産力として必要」とし、アウシュヴィッツ行きを阻止したという実話をベースにした作品。第66回アカデミー賞では12部門にノミネートされ、7部門で受賞。現在もアメリカ映画史上屈指の名作に数えられています。

カジミエシュ地区は今はお洒落なスポットとして再開発が進んでいます。

監督はスティーヴン・スピルバーグ。監督自身もユダヤ系であったことからユダヤ人の悲劇を描くこの作品に着手するまでには葛藤があったそうです。ホロコーストという重いテーマのため、商業的に成功するのが難しいとみた配給会社は『ジュラシック・パーク』(同1993年公開)の制作を条件に『シンドラーのリスト』の配給をスピルバーグに許可したそうです。(それよりも『ジュラシック・パーク』と『シンドラーのリスト』を同時期に作り上げたというスピルバーグの非凡さに驚きですが。)
ポーランド政府はこの作品について全面的な協力をし、すべてのロケ地は実際に起こった現場で撮影されました。クラクフのカジミエシュ地区、アウシュヴィッツ収容所、収容所での生活などすべてがリアルに描かれています。
アウシュヴィッツに訪れる前にどれか1つを見るなら、という方にはこちらをおすすめします。

サウルの息子(2015年)

アウシュヴィッツにあるガス室のレプリカ

2015年に公開されたハンガリー映画です。第2次世界大戦中のアウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所を舞台に、ある<ゾンダーコマンド>の1日半の出来事を描いた映画です。監督はハンガリー映画界の巨匠サボー・イシュトヴァーン。第68回カンヌ国際映画祭ではパルムドールに次ぐグランプリを受賞、第88回アカデミー賞では外国語映画賞を受賞しました。アカデミー賞でハンガリー作品がノミネートされるのはサボー・イシュトヴァーン監督の『ハヌッセン』以来27年ぶりのことだそうです。

ガス室はドイツ軍により証拠隠滅のため破壊され、瓦礫となっている

アウシュヴィッツでは一部のユダヤ人たちを監視役や指示役として働かせていました。ナチス軍は囚人の同胞であるユダヤ人を働かせることで、囚人たちにアウシュヴィッツが大量殺戮の現場であることを悟られないようにしていたそうです。
そんなユダヤ人の中には<ゾンダーコマンド>と呼ばれる人々がいました。直訳すると「特殊部隊」、「特命部隊」という意味です。しかし実際の任務はガス室で絶命した同胞のユダヤ人の死体処理係。中には知り合いの死体や自分の子供の死体と直面することもあったそうです。彼らはナチスの軍人によってその任務を強制されているため従わなければなりません。拒否したとしても死が待つのみです。
この作品ではそのゾンダーコマンドである主人公の背中や顔が画面の半分の大写しの状態で物語が進みます。主人公以外の光景にはピントがあっておらず、ぼんやりとしか映りませんが、この撮影手法が独特なリアリティを作品に与えています。
視聴者は、そのぼんやりとした主人公の周りの光景の中に裸で逃げ惑う人々、燃やされる死体の山など悲惨な現実が目の前に繰り広げられていることがわかります。ピントがあっていないのは主人公が現実を直視できない心情、自分の人間らしさが麻痺していくような心の表れなのです。

ジョジョ・ラビット(2019年)

グダンスクにある第2次世界大戦博物館にはナチスドイツにについての展示も豊富

2019年公開のアメリカ映画。第92回アカデミー賞では作品賞を含む6部門にノミネート、1部門受賞。監督はニュージーランド出身のタイカ・ワイティティ。自身はポリネシア系ユダヤ人ですが、本作では主人公のイマジナリーフレンド(空想の友人)のヒトラーを演じています。
舞台は第2次世界大戦中のドイツ。ヒトラーユーゲント(ナチス党内の青少年組織)に所属する主人公は、身体が弱く周囲からいじめられる日々の中イマジナリーフレンドのヒトラーが唯一の味方、という孤独な少年。そんなある日、母親が密かにかくまっていたユダヤ人の少女との出会いから徐々にユダヤ人への考え方、自身のナショナリズムと向き合うことになる、というストーリーです。

ロケはチェコにて行われたそうです。写真はビールの街としても知られるプルゼニュ。

この映画の興味深いのは、ナチスによるユダヤ人の弾圧というテーマを主軸にしながらも、コメディタッチに描いている点です。そのため「ナチスやユダヤ人の映画は暗くて、重いんでしょ?」という方に是非見ていただきたい作品です。事前知識がなくても、随所に織り込まれるギャグには誰もがクスっと笑ってしまいます。
特に引き込まれるのは主人公ジョジョ役のローマン・グリフィン・デイヴィスの演技。このあどけない少年の笑い、悲しみ、驚き、戸惑いの表情に終始私たちの心は鷲掴みにされることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました