とっておきベルギー旅!ブリュッセル編 上質な食と文化をビールとともにご紹介

ブリュッセルの中心 グラン・プラスの市庁舎

ベルギーの中心ブリュッセル、ヨーロッパの首都ともいわれるこの町には、世界で最も美しい広場と称される「グラン・プラス」や、ヨーロッパ最古の高級ショッピングアーケード「ギャルリー・サンテュベール」、チョコレートにワッフル、ビール・・・と芸術と美食がぎゅっと詰まっています。ベルギーが大好きな私が、ブリュッセルに行ったら是非立ち寄ってほしい、とっておきのスポットをビールとともにご案内します!

1893年創業の老舗ベルギー料理レストラン「シェ・レオン」

レストランが軒を連ねるイロ・サクレ地区

グラン・プラスの裏通りを歩くと狭い通りにオープンテラスがひしめきあったエリアが現れます。ビールやワインを片手におしゃべりを楽しむ人々。ここはブリュッセルのレストラン街として有名な「イル・サクレエリア」です。その中でもひときわお客さんでにぎわっている一角が「シェ・レオン」です。

山盛りのムール貝

まずは、地元のブリュワリーでレストラン専用に作られたビールで乾杯!軽い味わいのブロンドビールで、ムール貝などのシーフードとよくあいます。おすすめは、看板メニューでもある「ムール・スペシャル!」。バケツのようなココットに山盛りに入ったムール貝とフリッツ、ビールがセットになっています。ムール貝は空いた殻をトング代わりにして、次の一つを食べるのがベルギー流。セロリと玉ねぎ、香草が効いた白ワイン風味のスープに、パンをつけて食べるのもたまりません!

ブリュッセル唯一のビール醸造所「カンティヨン」

ブリュッセルに残る最後の伝統的な醸造所「カンティヨン」

ベルギーに行ったら、ビール醸造所にも行ってみたいですよね。でも、辺鄙な場所にあることが多いのです。そんな中でもアクセス抜群なのが、ブリュッセル南駅から歩いて約10分のところにある「カンティヨン」です。住宅街の中の裏通りに入口があり、本当に醸造所があるの?!といった雰囲気です。思い切ってドアを開けてみると、中からはなんともいえない酵母の香りが漂っています。

樽が並ぶ様子は圧巻

ここでは、あまり聞きなれない「ランビックビール」を作っています。ランビックビールとは、野生酵母を利用した自然発酵ビールのことで、ベルギーの伝統的な製法を守って作られています。醸造所内の天井には無数の蜘蛛の巣が。長い歴史を感じさせます。見学後はティスティングタイムです。まずは一口目、ビールとは思えないその酸味に衝撃をうけます!酸味と味わい深さ。のどの渇きを潤すというよりゆっくり楽しみたくなるビールです。

世界中でもっともおいしいフリッツの店「メゾン・アントワーヌ」

世界一と紹介されるフリッツのお店

フリッツ(フライドポテト)は、ベルギーが発祥って知っていましたか?まさに国民食ともいえるほど、街角、レストランといろいろなところで出会えます。そんななかでも、ニューヨークタイムズ紙で「世界中でもっともおいしい」と紹介されたお店がブリュッセルにあります。EU本部から歩いて10分ほど。広場の一角に行列が見えます!そこが「メゾン・アントワーヌ」です。

ベルギーに来たら本場のフリッツにトライ

カリカリホクホクの二度揚げしたフリッツ。さすが専門店だけあって、トッピングソースは約30種類も!どれにするか迷ってしまいます。やや辛いものがお好きな方には「サムライソース」というピリ辛味もあります!周辺には、テイクアウト可能なビアカフェもあるので、青空の下、ビール片手に揚げたてのフリッツを食べるなんて最高ですよね!ブリュッセルっ子たちが並んでも食べたいこのフリッツ、是非、一度味わってみませんか?

タイトルとURLをコピーしました