【こんな国あります!!世界の秘境】火の国アゼルバイジャンは世界一の親日国!?

現地の子供たち。カメラに興味津々です。

かつてはソ連の一部だったコーカサス地方の3国、ジョージア・アルメニア・アゼルバイジャン。その中でもアゼルバイジャンは豊富なエネルギー資源を有し、ミニ・ドバイのような近代的な街並みが広がる裕福な国です。日本ではあまり馴染みのない国のひとつですが、実は世界有数の親日国家。民族、食事、宗教。さまざまな観点から独特の文化を持ち、そのユニークさは他に例を見ません。今回はそんな謎多きアゼルバイジャンという国について、実際に旅行をした経験をもとにご紹介していきたいと思います。

アゼルバイジャンってどんな国?

ユニークで近代的な建物がどんどん建てられているバクー市内。

東ヨーロッパと西アジアの境目に位置し、ロシアやイランなどと国境を接する国アゼルバイジャン。日本の4分の1ほどの小さなこの国は、かつてはソ連の一員でした。コーカサス地方にあり、東には世界一大きい湖で知られるカスピ海が広がります。

豊富なエネルギー資源を象徴するように天然ガスが燃え続けるヤナ・ルダク。

実はアゼルバイジャンは世界最古の文明を持つ国のひとつであり、ゾロアスター教とキリスト教、そしてイスラム教が根付いた土地でもあります。豊富なエネルギー資源を持つこの国はまるでミニ・ドバイのように近未来的な現代建築が並ぶ新市街と、かつてシルクロードの要衝として栄えた歴史がうかがえる旧市街があり、この新旧の融合こそが最大の魅力と言えるでしょう。
また、コーカサス地方唯一のイスラム教の国なので町中にはモスクもたくさん。是非新旧の市街地と合わせてまわりたいお勧めスポットです。

アゼルバイジャンへの行き方

5つ星エアラインのカタール航空。

現在、日本からアゼルバイジャンの首都バクーへの直行便は残念ながら就航していません。ですので、もしアゼルバイジャンへ旅行するのであれば、カタール航空やターキッシュエアラインズ、アエロフロート・ロシア航空などで1度乗り継いで行くのが一般的でしょう。

2018年に新しく出来たイスタンブールの新空港。

特にカタール航空やターキッシュエアラインズは日本からの就航便も多く便利。カタール航空の場合、成田か羽田からドーハまで直行で約12時間。ドーハ乗り換えでバクーまで約3時間のフライトになります。トルコ経由だと、羽田からイスタンブールまで直行で12時間半、そこから2時間半ほどです。
また、アゼルバイジャンとよく一緒にツアーに組み込まれるジョージアからもフライトがあるので、ジョージアの首都トビリシからバクーへと入国する経路も考えられます。

アゼルバイジャンのツアー

カスピ海沿いの海岸公園。ボートに乗って街を遠くから眺めるのもオススメ。

あまり知名度の高い国ではありませんが、アゼルバイジャンのツアーを取り扱っている旅行社は何社か存在します。しかし、アゼルバイジャンのみを巡るツアーというのは現状それほど多くなく、基本的には隣国のジョージア・アルメニアとのコーカサス3ヵ国周遊ツアー、もしくはジョージアとの2ヵ国周遊ツアーなどが一般的。アゼルバイジャンの魅力は首都バクーに集まっているので、3泊もすればひと通り見て回れるはずです。

「乙女の塔」はかつて王女がここからカスピ海へ身を投げたのが名前の由来。

2020年9月~11月、ナゴルノ・カラバフ自治州にてアゼルバイジャンとアルメニア間で戦闘がありました。ロシアが休戦合意をまとめましたが、この2国は以前より自治州をめぐって紛争を起こしています。そのため、3国周遊をする場合、アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニアの順で周遊するのなら可能ですが、アゼルバイジャンから直接アルメニアへ行くツアーは現状ありません。
いずれにしても団体ツアーだと滞在時間が短く自由がききませんので、ゆっくり見てまわりたい人は個人旅行で融通の利く旅行社を選ぶのが大切です。特にコーカサスをはじめ辺境地域に強い会社で個人旅行を取り扱っている会社、そして何より実際に現地に訪れていて、いろいろ話を聞かせてくれるところが理想的でしょう。

タイトルとURLをコピーしました