【コロナ禍での海外旅行】マルタに実際に行ってきました。その3【マルタ島、日本帰国編】

歩き疲れたら無理せずカフェで一休みしましょう。

『いったい いつから海外旅行は行けるのでしょう?』旅好きにとっていつから旅に行けるのかは一番気になるところかと思います。コロナウィルスの終焉が見えない中、今後訪れるであろうWith/Afterコロナという新しい世界で海外旅行を安心して楽しめるかどうか、実際に2020年11月に現地へ行って見てきました。空港、機内、現地の感染対策などの様子をご案内させていただきます。新たな海外旅行への第一歩を踏み出すきっかけになりますと幸いです。【マルタ島、日本帰国編】

【マルタ観光】 マルタ郊外観光(イムディーナ&ブルーグロット(青の洞窟))

まさしく静寂の町イムディーナの姿を見ることができました。

マルタ島は見どころが複数の場所に分かれていますので、効率よく見たいのであれば専用車でいっきに観光するのがおすすめです。感染対策の観点からも、公共交通機関を利用するよりは専用車のほうが安心です。
マルタ島中部に位置するイムディーナはマルタで一番人気の町です。首都がヴァレッタに移ってからは『静寂の街 イムディーナ』と呼ばれるようになりましたが、多くの観光客でいつも賑わっています。朝10時頃に私はこの町につきましたが、観光客の姿は見えずひっそりとしていました。古い建物と静寂に包まれていると、まるで中世時代にタイムスリップしたかのように感じました。

数千年の波と風でつくられた美しいアーチ

マルタ観光のメインの一つであるブルーグロット(青の洞窟)。
洞窟内に入るボートツアーは通常通り営業していましたが、残念ながら前日の雨のため洞窟巡りのボートは運休していました。上から眺められるフォトスポットのみに行きました。
洞窟近くのハジャーイム神殿は木曜日から日曜日までの営業になっており今回はいけませんでした。各観光地では時短短縮など通常と営業時間が異なるので、観光へ行く際は事前に確認されるのをおすすめします。

【ホテルでのコロナ対策】 フェニキア マルタ ホテル

ロビーもソーシャルディスタンスが保たれたテーブルの配置になっています。

フェニキア マルタ ホテルはヴァレッタ城壁入り口すぐそばに建つ、昔の貴族の邸宅を改装したホテルになります。マルタで最初のラグジュアリーホテルとして1939年に建てられました。
こちらのホテルのお部屋にも衛生キットがおかれていました。中身はマスク、手袋、除菌ティッシュ。お部屋にはブローシャーなどの紙のパンフレットはありません。ルームサービスなどのメニューはすべてQRコードを読み取る形式になっています。
エレベーターの中にまで消毒液がおかれ、エレベーターはグループ毎に利用するように注意書きがありました。3蜜回避です!

お部屋に置かれた衛生キット

朝食はアラカルトメニューのみになります。室内とテラス席に分かれていましたが、やはりテラス席が人気のようです。テーブルも十分なソーシャルディスタンスを取っており、安心してお食事が楽しめます。

【マルタ観光】 首都ヴァレッタの様子は?

ヴァレッタ メインストリートの様子

マルタの首都ヴァレッタが一番今回訪れた街で賑やかでした。観光客の姿は少なかったですが、ビジネスマンの姿など地元の人々の姿は多く見られました。
ランチどきはテラス席が満席になるほどです。
お店もほとんどオープンしていましたが、夕方16時頃には、多くの店が閉まりますので、ショッピングは午前中にするのがおすすめです。お土産屋さんではマスクも売られていました。

聖ヨハネ大聖堂入り口。検温と手の消毒をしないと入れません。

そしてヴァレッタで見逃せないのが聖ヨハネ大聖堂です。ここの入り口では検温がありました。ちなみに今回訪れた観光地で検温があったのはこの聖ヨハネ大聖堂のみでした。
騎士団の修道院として建てられたこの聖ヨハネ大聖堂は、簡素な外観からは想像もつかないほど内部は息をのむほどの美しさを持つ教会です。さまざまな国の人々からなるマルタ騎士団。教会には8つの国の礼拝堂が中央祭壇を取り囲んでいます。遠く離れた祖国を想いながら亡くなった騎士団員たちの想いがつまった教会です。貸し切り状態の中、あまりにも素晴らしい教会だったので、気づいたら1時間半も滞在していました。

タイトルとURLをコピーしました