旅好き女子にご提案!!オーストリアの見どころベスト7

オリジナル・ザッハートルテは絶品
観光の定番、シェーンブルン宮殿!

観光の定番、シェーンブルン宮殿!

東欧の人気観光地のひとつ、オーストリア。カフェ文化が栄えており、町の中にはクラシカルで素敵なカフェがいくつもあります。そして、歴史深い建築物や宝物品も多く、シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、新王宮など欠かせないスポットが多数あるのも魅力のひとつ。音楽の街としてしても有名なので、レベルの高いオーケストラの音楽やオペラ鑑賞をするのもおすすめです。美味しい食事やスイーツも楽しめるので、幅広い層を虜にする素敵な国です。この記事ではウィーン内のおすすめスポットと、ザルツブルク、ハルシュタットをご紹介いたします。

豪華で煌びやかな世界、シェーンブルン宮殿(ウィーン)

黄色の壁も素敵!シェーンブルン宮殿

黄色の壁も素敵!シェーンブルン宮殿

ウィーンで最も観光客が訪れるシェーンブルン宮殿。全体の部屋数は1400室以上あり、皇帝や家族の豪華な部屋や広間からなる2階部分が公開されています。とても広大な敷地なので、全てを見ようとすれば一日かかってしまうでしょう。女帝マリア・テレジアのこだわりが詰まった巨大な宮殿では、当時フランスで流行っていたロココ調を取り入れた煌びやかな空間を味わうことができます。

季節の花が鮮やかな庭園も見どころのひとつ

季節の花が鮮やかな庭園も見どころのひとつ

宮殿見学のあとは、広大なバロック庭園で色とりどりの花を眺めながら、展望台の「グロリエッテ」で絶景を見に向かいましょう。ここでは宮殿とウィーン市内が一望できるため、まるで王族の一員になったような気分になれます!ただ、ここまで来るためには宮殿からの坂道を約20分も登らないといけません・・・なかなか過酷です。そこでおすすめしたいのが、カフェ・グロリエッテでのひとやすみ!大きなガラス張りの窓が開放的で、もちろん宮殿を見ながらカフェタイムを楽しむことができます。要予約なのでご注意。

世界トップレベルの音楽に触れる大チャンス!国立オペラ座(ウィーン)

ライトアップ姿も美しいウィーン国立オペラ座

ライトアップ姿も美しいウィーン国立オペラ座

オーストリアといえば音楽!世界最高レベルのオペラやバレエを鑑賞するのはウィーンの旅のハイライト!パリやミラノと並ぶ3大オペラハウスのひとつの「国立オペラ座」は特におすすめ。内部の見学であればガイドツアーに参加することもでき、舞台裏や舞台装置までも見せてくれるそうです!所要時間は40分で、催行日・出発時刻は不定期なので事前に調べてから参加しましょう。

ヨーロッパ3大オペラハウスのひとつ

ヨーロッパ3大オペラハウスのひとつ

外国でオペラを鑑賞、というとかなりハードルが高いと感じてしまいますが、チケットは事前に日本からネット予約も可能なので安心です。リーズナブルに鑑賞したい!という人は当日券のみですが、立ち見であればわずか3~4ユーロで鑑賞できるそうです。(人気があるので行列に並ぶ必要あり!)そして気になる服装は、いつもより少しドレスアップしたスタイルで。男性ならジャケット、女性ならワンピースにショールを羽織れば完璧です!レベルの高い音楽に酔い浸り、ドラマチックで素敵な一夜を是非お過ごしください♪

オーストリアの芸術作品が集うベルヴェデーレ宮殿(ウィーン)

水面に映る姿も素晴らしい、ベルヴェデーレ宮殿

水面に映る姿も素晴らしい、ベルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿はバロック建築の傑作であり、オーストリアの中でも重要とされる作品の数々を展示している美術館でもあります。この宮殿は2つの建築(上宮と下宮)からなり、中世から現代にいたる芸術作品を紹介しています。美しい彫刻が配されたバロック庭園は、フォトジェニックな写真が撮れる人気スポットです。

ベルヴェデーレ宮殿上宮内の美術館にあるクリムトの「接吻」

ベルヴェデーレ宮殿上宮内の美術館にあるクリムトの「接吻」

美術作品で絶対に見逃せないのが、ウィーン世紀末絵画を代表する、グスタフ・クリムトの「接吻」。クリムトの描く華麗な絵画の中には、装飾的な細部の美しい表現が施されているので、模様や色にどんな意味が込められているのか想像するのも楽しみのひとつです。ベルヴェデーレ宮殿では接吻の他に24点にもおよぶクリムトの作品が鑑賞できるので、美しい黄金の世界で繊細な描写をじっくり堪能してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました