オランダ入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

世界的に有名なフラワーパーク「キューケンホフ公園」<リッセ>

世界的に有名なフラワーパーク「キューケンホフ公園」<リッセ>

オランダといえばチューリップをイメージする人は多く、春になると一面チューリップ畑の絶景を楽しみに毎年沢山の日本人観光客が訪れます。
2020年10月、サッカー日本代表が親善試合を行ったオランダでは、日本からの渡航者も受け入れていました。。。来たる2021年の夏にオランダ旅行に行けるの?そんな気持ちでいる方はいっぱいいるはず。この記事ではオランダの入国情報、行動制限などについてお知らせします。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_157.html#ad-image-0

オランダ:いつから海外旅行に行ける?(5/10更新)

世界遺産のキンデルダイクの風車群

世界遺産のキンデルダイクの風車群

2021年1月28日に欧州理事会がEUへの渡航が認められる「安全な国」から日本を除外するとの勧告を発表したことを受け、オランダ政府は入国が認められる「安全な国」から日本を除外することを決定しました。これにより、今まで免除となっていた措置が、2021年2月2日より日本からの渡航者に対して求められることとなります。
●日本からの入国は、EUの滞在許可を有する者、特定の職業に就く者等の例外を除き原則禁止となります。

キンデルダイクではサイクリングがおすすめ!

キンデルダイクではサイクリングがおすすめ!

なお例外的に入国する場合、以下の2種類の陰性証明書が必要となります。
・オランダ到着前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書
・フライト搭乗前24時間以内に受検した迅速検査(抗原検査等)の陰性証明書
※出発前24時間以内に受けた核酸増幅検査(NAAT)(PCR検査やLAMP検査が該当します。)の検査証明を提示できる場合には、他の検査証明は不要となります。
また、オランダ入国後に自宅等での10日間の自己隔離も必要となります。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

コロナ禍の成田空港 高級ブランド店は無期限休業

コロナ禍の成田空港 高級ブランド店は無期限休業

再びオランダが行動制限なしで日本人の受け入れを開始したとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要になります。オランダ入国の前に立ち寄った国によってはオランダに入国にできない可能性もあるのです。

コロナ禍の成田空港 コンビニは営業中

コロナ禍の成田空港 コンビニは営業中

ヨーロッパ内の乗継ぎだけだとしても、出発までに日本や現地のコロナウイルス感染状況などで各国政府の規制が変わる可能性もあります。リスクのある行為のため、止めておくのが無難しょう。なお2021年1月13日より全ての日本人帰国者に対して、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が新たに義務となっています。

日本帰国後の規制について

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

到着後すぐに新型コロナウィルス抗原検査<羽田空港>

オランダからの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「オランダ旅行楽しかった~!」では終わりません。オランダから日本に入国する際には、これまでは自宅等で入国後14日間の待機をしていたところですが、2021年3月2日より検疫所長の指定する場所で待機いただき、入国後3日目に改めて検査が必要になります。その上で陰性と判定されたら検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機になります。

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

新型コロナウィルス抗原検査終了書類

世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました