パラドール・デ・サンティアゴ-オスタル・レイス・カトリコス(サンティアゴ・デ・コンポステーラ/スペイン)~キリスト教の聖地・世界遺産サンチャゴの中心で格式あるパラドールに泊まる!

サンチャゴ巡礼のシンボル・ホタテ貝。街のいたるところで見かけます。

サンチャゴ巡礼のシンボル・ホタテ貝。街のいたるところで見かけます。

アンティークな家具はムード満点。聖地にピッタリの雰囲気です。

アンティークな家具はムード満点。聖地にピッタリの雰囲気です。

ローマやエルサレムと並ぶキリスト教の三大聖地、サンティアゴ・デ・コンポステーラ。聖ヤコブの遺骸があるとされるこの地は世界遺産にも登録されているキリスト教の中心地です。そのため毎年多くの巡礼者がこの地に訪れるのですが、なんと巡礼証明書を取得している巡礼者だけで年間35万人にもなるそう。世界各国からやって来る敬虔なクリスチャン。その巡礼ルートは様々ですが、フランスをスタート地とする人の場合、この巡礼路は徒歩で約1ヶ月を要する超長旅。それでも毎年これだけ多くの人がこの地を目指して来るのだから驚きです。
今回ご紹介するのはそんな聖地サンチャゴの中心、カテドラルの向かいに建つ「パラドール・デ・サンティアゴ-オスタル・レイス・カトリコス」というホテルです。パラドールとは、スペイン全土に90ヶ所以上ある、中世の古城や修道院など歴史的建造物を改装したホテルのこと。ここサンティアゴにあるパラドールもかつては王立病院。全136室から成る石造りの立派な建物で、パラドールの中では数少ない5つ星ホテルであり、ベストパラドールの1つでもあります。

ロビーでさえこの厳かな雰囲気。長い歴史を感じさせます。

ロビーでさえこの厳かな雰囲気。長い歴史を感じさせます。

長い歴史を持つこのホテルは、外観の荘厳さはもちろんのこと内装やインテリアにいたるまでアンティークなものに統一。古城のように美しい彫刻や、石造りの壁もムード抜群です。廊下を歩いていると床が軋んだりして少し古びた印象を受けるかもしれませんが、それすらもまるで中世ヨーロッパの時代に飛び込んでしまったかのような雰囲気で、モダンなホテルとはまた違った趣を感じさせます。
また、美食の国と言われるだけあって「パラドール・サンチャゴ」は料理も一流。特にサンチャゴ巡礼のシンボルであるホタテ貝を使った料理がここの目玉。映画のセットのように美しい室内で、この地ならではのディナーをいただくのはまさに最高のひと時です。

やっぱりスペインに来たなら美味しい食事は欠かせません!

やっぱりスペインに来たなら美味しい食事は欠かせません!

世界遺産、それもキリスト教の三大聖地のど真ん中に泊まるというのはなかなか無い経験。街の象徴であるカテドラルは夜には美しくライトアップされるので、是非1泊して昼間とは違った雰囲気を味わいたいものです。またサンティアゴの旧市街はスペインバルが多く建ち並ぶグルメ街。特にここガリシア地方ではスペインの中でもとりわけ新鮮な魚介類が味わえるので、グルメ好きにも堪らないお勧めスポットとなっています。

ホテル名パラドール・デ・サンティアゴ-オスタル・レイス・カトリコス(Parador de Santiago – Hostal Reis Catolicos)

住所Praza do Obradoiro, 1, 15705 Santiago de Compostela, A Coruña
TEL34 981 58 22 00
部屋数136室
予算2名/1室利用の場合 1部屋 130€~ ~(朝食なし)
設備(スパ、プールなど)スパ、プール有

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました