失敗しないポルトガルツアーの選び方 プロが教えるおすすめ旅行の秘訣

世界遺産のバターリャ修道院(バターリャ)

トラベルアドバイザーの川崎と申します。世界204カ国を訪問しました。かつ、ポルトガルのツアープランナーもやっていて20数年の月日が立ちました。そんな経験を生かし、ぜひともいいポルトガルツアーを見つけてほしい、という思いからこのコラムを執筆することにしました。ちょぴり独断もあるかもしれませんが、ポルトガルを愛する旅人の一意見として、聞いていただければ幸いです。

ポルトガルは個人旅行に限ります

ポルトガルで最も美しい村の1つ、モンサラーシュ

ポルトガルの面積は日本の約4分の1と小ぢんまりした国です。主要都市間は鉄道の便があるので、移動はそんなに不便を感じません。田舎へ行く場合は専用車を利用。旅はやはり個人旅行に限ります。
団体旅行の一番の問題点は、とにかくハードに観光をつめこむことです。多くの町を訪問するのはいいことというのは、もう昔の話です。ポルトガルの場合、「地球の歩き方」に載っている町すべてがおすすめの町ではありません。「できれば行きたい」「興味があれば行ってみたい」くらいのレベルの町を訪問すると、少々失望ですこともあります。

ファティマ地区のファドレストランにて(リスボン)

そうです。時代は変わりました。今は足し算の旅ではなく、引き算の旅。多くの町を旅するのではなく、行きたい町だけを行くというのが今の旅のトレンド。
その点、個人旅行なら行きたい町だけに行くので、そんなに消化不良を起こしません。旅のペースはできるだけ、ゆっくりとを心がけてください。
そんな個人旅行の手配をするのには、ポルトガルの個人旅行を得意とする旅行会社に相談するのが一番です。ポルトガルのことに詳しいスタッフが担当になってくれるような対応をしてくれ旅行会社なら、なおさらOKです。

6日間しかないのなら、リスボンとその周辺へ

エドゥアルド7世公園(リスボン)

休みの関係で旅行日数が6日間しかない人にもおすすめできるのが、ポルトガルです。
ヨーロッパで6日で楽しめる国は他にチェコ、ベルギー、ハンガリーなどが考えられます。小さくてコンパクトに周遊できるからです。逆にイタリア、スペイン、フランスなどは見どころが多いため6日間で行くのは中途半端です。
旅行日数が6日の場合、欧州系航空会社の昼便を利用すれば4泊6日。中東系航空会社の夜便を使えば3泊6日というのがポルトガル旅行の日程です。この場合は全泊リスボンスティをおすすめします。

カリャリースは市電のフォトジェニックなスポット(リスボン)

リスボンに2日、リスボンの周辺に1日、残りの時間は予備というのが配分です。この短い行程でもポルトガルの良さを70%くらいは理解できると思います。リスボン名物・市電に乗ること。ポルトガルの民族音楽ファドを聞くこと。坂道の多いこの町でケーブルカーに乗ること。ベレン地区で大航海時代に思いを馳せること・・・。リスボンで楽しみたいことは数多くあります。

7日以上あるのなら、第2の町ポルトへも行こう!

ドウロ川沿いのロープウェイから旧市街を眺望(ポルト)

首都リスボンから北へ約300km。列車で3時間の場所に位置するのがポルトガル第2の町ポルトです。ポルトガル発祥の地であり歴史ある港町です。また、ポートワインの集散地でもあり、ワイナリー巡りは必須です。
7日以上のポルトガル旅行はリスボン、ポルトを中心に2都市から4都市くらいを周遊するのが一般的です。例えば3都市なら途中にある大学の町で有名なコインブラを訪問するのがいいでしょう。
また本格的にワインの旅を志向するのなら、ポルトから列車で2時間のドウロ渓谷へ行くことも考えられます。川沿いにぶどう畑が広がり、世界に誇るポートワインの光景を楽しむことができます。

ワイナリー・サンデマン(ポルト)

日本からKLMオランダ航空、エールフランス、ルフトハンザ、ターキッシュエアラインなどは乗り継ぎでポルトまでのフライトがあります。ですので、航空会社は上記を選ぶと便利です。行きリスボン、帰りポルト、またはその逆ルートで回ることが可能なので、効率がいいです。リスボンしかフライトがない航空会社を選ぶと、リスボンIN/OUTとなります。ポルトからリスボン間を片道分が余分にかかります。

タイトルとURLをコピーしました