世界84か国を訪問した岡野由里が選ぶ!おとな女子に最適な世界の旅先ベスト20 その2(6~10)

 width=

まるでおとぎの国のような白と青の世界(サントリーニ島)

海外旅行は「何処へ行こうか」と計画する時間がとても幸せです。子供の頃、校外学習の遠足や社会科見学の日を指折り楽しみにしたように、いつ・何処へ・誰と(一人旅もまた最高!)旅をするか、世界中のどこに行けば、何をすればよりワクワクを見つけられるのか…空想の時間から旅は始まります。日常から少し離れて、あの頃描いた大人になっている自分に酔いしれる事が出来る大人女子旅。旅の成功のカギは、まずは情報収集から。旅行が好きすぎて気が付いたら84ヵ国を旅していた、そんな私の経験が少しでもお役に立てば幸いです。

イスファハン 青のモザイクタイルに魅了されて(イラン)

マスジェデ・エマーム(イスファハン)

「イランに行きました」と話すと、危なくないの?と聞かれることがありますが、実はイランは観光大国です。人々はとても親日的で、ガイドさんも紳士的なので、女性1人でも安心して旅に出る事ができます。中でもイランの真珠といわれるイスファハン(イスファハーン)は、青いタイルが非常に美しい場所です。観光の起点になるイマーム広場は世界文化遺産にも登録されており、一目その青い装飾を目にすればあまりの繊細さにいつまでも眺めていられます。

 width=

マスジェデ・ジャーメ(イスファハン)

イスファハンのもう1つの世界文化遺産「マスジェデ・ジャーメ」は771年(日本はまだその時、奈良時代…)に建築されたイスファハンで最古のモスクです。入り口には完璧なまでに左右対称の美しいミナレットが。建築技術の高さを感じます。また、街を歩けばイラン美女に出会います。その美しさは同じ女性でもドキッとさせられます。

インスタ映え!!奇岩 カッパドキア(トルコ)

 width=

1番人気のバルーンツアー 空からの眺めも最高

もう1度行ってみたい国は何処ですか?と聞かれた時に真っ先に思い出す国、それがトルコです。直行便があるというアクセスのしやすさだけではなく、人々がとても親日的で、物価も安くて、世界三大料理のトルコ料理も味わえるなど魅力あふれる国です。
インスタ映え”という言葉が定着した昨今、奇岩が無数に並ぶカッパドキアの大地を見下ろしての優雅なバルーンツアー(気球乗り体験)が大人気!SNSに流れてくる旅の写真や、絶景特集の雑誌の1ページなど、誰もがどこかで一度は目にしたことがあるかもしれません。予約が取れないほどの人気なので、必ず日本での事前予約がオススメです。

 width=

せっかくなら洞窟ホテルに泊まりたい (カッパドキアケイブスィートホテル)

大人女子が1ランク上の旅をするには、滞在する宿も是非こだわりたいポイント。カッパドキアには伝統的な岩窟住居を利用した、素敵な洞窟ホテルが沢山あります。若い時は「宿は寝るだけ」と考えていましたが、せっかくの休暇、目的地が決まったら「どのホテルに泊まってどんな時を過ごそうか?」と考える時間も大人旅の醍醐味です。

まるで絵画のような景色 サントリーニ島(ギリシャ)

 width=

息をのむほど美しいイアの夕日 サントリーニ島

ギリシャの首都アテネから国内線を利用して約45分、吸い込まれそうなほどの青い海と断崖絶壁に広がる白い街並みのサントリーニ島。数ある地中海のリゾート島の中でも群を抜いて美しい景観は大人の女性がバカンスを過ごすのにぴったりの場所です。1日の終わり、夕日が沈む時間には、イアタウンから世界一とも称されるイアの夕日をのんびりと眺めて、ギリシャワインと美味しいシーフードと共に、青からピンクへと幻想的に変わる景色に心から癒されましょう。

 width=

ホテル ペガサス・スイーツ&スパからの眺望。大人の贅沢、ここに極まれり。

まるで絵のように美しい場所。といわれる場所は沢山ありますが、サントリーニ島は、本当に息をのむほどの絶景が楽しめます。しかし、この景色、美しいだけではないのです。
白い壁は、石灰で出来ており、夏の強い日差しによって建物が高温になるのを防ぎます。さらに石灰はアルカリ性のため、殺菌効果も。水源が少なく雨水を生活用水として利用しているギリシャでは、石灰の壁が雨水の浄水器代わりとして一役買っているというワケです。美しいだけでなく、とっても機能的!さすがのサントリーニ島です。

タイトルとURLをコピーしました